近況
・10月くらいまで忙しくさせていただいております。ご依頼ございましたらご相談下さい。
・8/271話3分「カッコいい」を考える こども戦国武将譚


が発売となりました。久々に本一冊まるっとイラスト担当した新刊です。よろしくお願いいたします。

・りょくち真太先生の「戦国ベースボール」シリーズ 第19弾! 戦国ベースボール 地獄ベースボール暗死苦! 炎の最終決戦!! 信長vs信長!? (集英社みらい文庫)


が 集英社みらい文庫より発売中。表紙と挿絵など担当しております。よろしくお願いいたします!

・拙作「トーキョー無職日記」「トーキョー自立日記」の電子版が配信中です。


 ・kindle版
 ・Renta!版
 ・iBooks版
 ・ebookjapan版
 ・kinoppy版
 ・kobo版

となっております。よろしくお願いいたします!
170ドット
連載中!
BS日テレで毎週火曜日21時から放送中の「ぶらぶら美術・博物館」のサイトにて、まとめイラストを担当しております。
毎週放送終了後にイラストが更新されます。2020年1月7日/ #333 ぶらぶら美術・博物館スペシャル 永久保存版!冬の京都旅〜新オープンの福田美術館で日本画ざんまい、永観堂・東福寺・大覚寺・即成院で仏像めぐり〜の放送分はこちらです。

朝日新聞出版の「月刊ジュニアエラ」にて、2P見開きのイラスト連載「のぞき見探偵が行く!!」を連載中。みるお、のぞみ、ききたの三人がいろんな現場をのぞき見してレポートします。12月号は「国会議事堂」をのぞき見!

170ドット
RECOMMEND
戦国ベースボール 迫りくる圧倒的女子力! vs越中イケイケガールズ!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 迫りくる圧倒的女子力! vs越中イケイケガールズ!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
地獄ベースボール暗死苦第3戦は、地獄野球史上初の女子チームと対戦! 圧倒的女子力を前に、虎太郎たちファルコンズは大苦戦!?
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

“地獄ベースボール暗死苦”第2戦の対戦相手は、歴史上の“反逆者たち”を集めた島原レジスタンス! 手ごわい相手を前に虎太郎は…?
RECOMMEND
戦国ベースボール 天下分け目の大一番! vs関ケ原の英雄たち! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 天下分け目の大一番! vs関ケ原の英雄たち! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太,トリバタケ ハルノブ
地獄甲子園で優勝し、歴史を守ったファルコンズだが、休む間もなく地獄を揺るがす大問題(閻魔さまの兄弟ゲンカ)が勃発! なぜか野球で決着をつけることに…。新展開・地獄ベースボール暗死苦、開幕!?
RECOMMEND
三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。 2 (ヤングジャンプコミックス)
三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。 2 (ヤングジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
トリバタケ ハルノブ
2018/12/19(水)発売の第2巻。面白いので買ってください!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

集英社グランドジャンププレミアムで連載してました!原作は「ラーメン発見伝」シリーズの久部緑郎先生!
RECOMMEND
戦国ベースボール 本能寺の変ふたたび!?: 信長vs光秀、宿命の決勝戦!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 本能寺の変ふたたび!?: 信長vs光秀、宿命の決勝戦!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太

織田信長ひきいる桶狭間ファルコンズの次の対戦相手は、明智光秀が信長に恨みのある武将たちを集めた、本能寺ファイアーズ! 400年前の因縁対決ふたたび! 下克上なるか!? 火花散る決勝戦開幕!
RECOMMEND
戦国ベースボール たちはだかる世界の壁! vsワールドヒーローズ!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール たちはだかる世界の壁! vsワールドヒーローズ!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太,トリバタケ ハルノブ
地獄甲子園トーナメントもいよいよ準決勝! 次なる相手は、なんと"世界代表"! ? フランスの英雄・ナポレオン率いるワールドヒーローズが、戦国のカリスマ・織田信長の桶狭間ファルコンズと激突! !
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

地獄甲子園編もついに準々決勝! 対戦相手は、優勝候補・水戸ナットーメンを大差で破った新撰組ガーディアンズ! そんな強敵を前に、虎太郎にはある重大な使命が課せられた・・・! ! ? どうなる虎太郎! ?
RECOMMEND
戦国ベースボール 1 (ジャンプコミックス)
戦国ベースボール 1 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
若松 浩
最強ジャンプで連載中の漫画版「戦国ベースボール」が遂に単行本化!原作の展開を踏襲しながら漫画独自の展開やギャグもあり、王道の少年漫画で嬉しくなっちゃいます。
原作ファンの方も漫画ファンの方も、戦国ベースボール読んだことない方もぜひ買いましょう!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

白熱の地獄甲子園・3回戦の相手は、日光ショーグンズ! "生まれながらの将軍"家光、"犬公方"綱吉、"暴れん坊"吉宗など、個性豊かな徳川将軍家チームに、虎太郎たちは大苦戦! どうなる虎太郎! ?
RECOMMEND
戦国ベースボール 忍者軍団参上! vs琵琶湖シュリケンズ (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 忍者軍団参上! vs琵琶湖シュリケンズ (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
猿飛佐助、霧隠才蔵、服部半蔵、風魔小太郎など・・・。闇の仕事人・忍者たちが光の支配者・武将に挑む。最強vs最速、武将と忍者の頂上決戦! 地獄甲子園2回戦プレイボール! 記念すべきシリーズ第10弾!
RECOMMEND
戦国ベースボール 開幕! 地獄甲子園vs武蔵&小次郎 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 開幕! 地獄甲子園vs武蔵&小次郎 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
ついに、地獄甲子園が開幕した! 優勝者には、「歴史を自由に変えられる権利」があたえられるという。優勝めざして全国から51チー51チームが参戦! 1回戦は、武蔵&小次郎ひきいる巌流島ソードマスターズ
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 4 決勝! 信長vs呂布 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 4 決勝! 信長vs呂布 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
ついにトーナメント決勝!三国志最強・呂布を前に戦国武将の間で敗戦ムードがただよう。しかし、あきらめない男が一人。男の名は、織田信長。チーム最大のピンチに信長はイチかバチか虎太郎を“主将”に任命。すべてを虎太郎にたくすが…!?
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 3 赤壁の地獄キャンプ (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 3 赤壁の地獄キャンプ (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
トーナメント決勝戦を前に赤壁で地獄キャンプ合宿をすることになった戦国武将たち! 信長が各選手に課したトレーニング目標を全員クリアできるのか! ? 7人の助っ人侍コーチも登場し、珍トレ次々勃発!
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 2 諸葛亮のワナ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 2 諸葛亮のワナ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
2016/7/22発売!

「蜀ファイブタイガースの投手・劉備、捕手・諸葛亮に大苦戦する中、あの男が試合を決める一打を・・・! ! ! 戦国ベースボール史上最強選手・呂布も登場し、ますます見逃せない三国志トーナメント編第2弾!」

2ヶ月連続発売の2冊目!是非是非。
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編  1信長、世界へ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 1信長、世界へ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
6/24発売!

「百年に一度の伝説の大会、地獄三国志トーナメントに桶狭間ナインが出場! 圧倒的な強さの三国志チーム相手に勝利できるか! ?」
熱笑! ! 戦国ベースボール第5弾! !

「コミカライズ」&「2ヵ月連続刊行」 と勢いづいております。よろしくお願いいたします。
RECOMMEND
戦国ベースボール 最強コンビ義経&弁慶! 信長vs鎌倉将軍! ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 最強コンビ義経&弁慶! 信長vs鎌倉将軍! ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
3/4発売!

「地獄京都で修学旅行中の「桶狭間ファルコンズ」。地獄界No.1イケメン武将・源義経や武蔵坊弁慶ひきいる鎌倉軍と対決!! 本能寺を嫌って京都に来なかった信長がまさかの試合欠場!? そんな中、独眼竜・伊達政宗が…!? 人気爆発シリーズ第4弾!(以上・集英社みらい文庫より)。

今回も読まないとなんのことだかわかりません!
RECOMMEND
戦国ベースボール 卑弥呼の挑戦状!  信長vs聖徳太子! ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 卑弥呼の挑戦状! 信長vs聖徳太子! ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
12/4発売!
織田信長率いる桶狭間ファルコンズ、今回は舞台を天国に移し前方後円スタジアムで卑弥呼&聖徳太子率いる古代サンライズと戦います!自分でもナニを言っているのかわかりません!
RECOMMEND
戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
9/4発売!「戦国ベースボール 信長の野球」の続編です。小学生中級以上のお子様をお持ちの親御さん方、どうかひとつ!!

10/12,FMヨコハマ「books A to Z」にて戦国ベースボールをご紹介いただきました
RECOMMEND
戦国ベースボール 信長の野球 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 信長の野球 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
小学校中級以上むけの児童文庫です。表紙まわりと挿絵のイラストを担当しました。

「小6の天才野球少年、山田虎太郎が地獄で織田信長ひきいるサムライ野球チームに入団!!」

というぶっ飛んだ設定。楽しく読めて読後は日本史への興味が広がります。お子様に是非!!
RECOMMEND
トーキョー自立日記
トーキョー自立日記 (JUGEMレビュー »)
トリバタケハルノブ
トーキョー自立日記の続編。主人公のその後的な描き下ろし読み切り25ページ(4コマじゃない)がついておりますよー。買って〜。
kindle版はこちら
iBooks版はこちら
RECOMMEND
トーキョー無職日記
トーキョー無職日記 (JUGEMレビュー »)
トリバタケ ハルノブ
飛鳥新社より発売中。
ひきこもり大学生→バイト時代の体験をもとにした4コマ漫画をブログ連載してたら書籍になりました。ラッキー。買ってくだされ。
kindle版はこちら
iBooks版はこちら
RECOMMEND
一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代 ([バラエティ])
一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代 ([バラエティ]) (JUGEMレビュー »)

いつものミニキャラ提供に加え、足利義輝など4名を新たに書き下ろしました。
応仁の乱からはじまる戦国時代のトピックが網羅されてます。時代ごとの勢力地図や地域別年表は眺めてるだけで楽しいですよ。
RECOMMEND
小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本の歴史人物事典
小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本の歴史人物事典 (JUGEMレビュー »)

トリバタケの担当は戦国時代。7人の人物を計20ページの漫画で紹介しております。カラー漫画がんばりました。
RECOMMEND
幕末志士イラスト名鑑
幕末志士イラスト名鑑 (JUGEMレビュー »)

戦国武将イラスト名鑑に続き、幕末志士イラスト名鑑が発売されました。前回に引き続きお子様にも楽しめる幕末志士本。フルカラー250頁超えで1200円(税別)!お値打ち!

著名イラストレーターのみなさんに混じって、僕もミニキャライラストを50点描き下ろしました。2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」を家族で楽しむためのサブテキストとしても是非!
RECOMMEND
戦国武将イラスト名鑑
戦国武将イラスト名鑑 (JUGEMレビュー »)

子供向け(小学校中学年〜〜小学校高学年もしくは中学生くらい)の戦国武将本です。フルカラー250頁超えで1200円(税別)!お値打ち!

様々なイラストレーターが参加しており(楽しい漫画もあり)、僕はこの本で取り上げられている全武将50人のミニキャライラストを担当してます。
これまで戦国武将占い等のコンテンツや書籍に描いてきたイラスト29名分に加え、今回新たに21人の武将絵を描き下ろしました。

170ドット



170ドット

400ドット
子どものころ大好きだった本を息子に読む

息子が0歳の頃からいわゆる「読み聞かせ」を続けている。

などというと教育熱心な父親をイメージされそうだけどそうではなく、ただ趣味で続けているだけだ。もちろん最初は「本好きな子になってくれるといいな♪」という甘い考えで始めたことだが、あるときこちらの思い通り本を読む子に育たない息子に「本読まないの?」と聞くと「本はお父さんが読んでくれるんだからオレは読まなくていいじゃん。」という答えが帰ってきて、それ以来どうでもよくなった。

だから今やメロディのないカラオケだと思って読んでいる。普段家で仕事をしている自分にとっては声を出すこと自体気分がいいし、絵本や児童書を読むのも好きなので。(ちなみに絵本から文章メインの本に移行した段階で、読み聞かせはKindleで行うようになった。寝る前に電気を消してから読めるというのがその理由)

これが我が家の読み聞かせ最終形態だ!
 

息子が乳幼児の時期から、話題だったり名作と言われる絵本に、自分が子供のころ好きだった絵本を混ぜて読み聞かせてきた。そういった絵本を読むのは自分の幼少期の振り返りも含め楽しかった。そして、いつか息子が本好きになったら読んでほしいなという本を頭に思い浮かべてきた。

その筆頭が「十五少年漂流記」。

僕が小学校3〜4年の頃、祖父母の家の物置にかつて叔母(母の少し年の離れた妹)のものだったという「カラー名作少年少女世界の文学」を発見し、何度も物置に通って読ませてもらった。その中で一番好きだったのが「十五少年漂流記」だった。

まさか「読み聞かせ」することになるとは思っていなかったけど、それでも長くて複雑な話を聞いていられるようになったのは成長だ。十五少年漂流記がジュニア向けの文庫として各社から発行されているのは知っていた。amazonでの評価は軒並み高く、どれを選んでも良さそうだったので、普段お世話になっている集英社みらい文庫のものを買った。

最初は渋々聞いていた息子だったが、挿絵にあった人物イラスト表をプリントアウトしたりニュージーランドの位置や寄宿学校の説明をしつつ読んだりする父の気持ちが通じたのか、だんだんと興味を持って聞くようになった。僕も子どもの頃の記憶をたどりつつ、意外と覚えてない箇所がたくさんあることに驚いたりして、楽しい数日間を過ごすことができた。
そしていよいよ最後の日。物語を読み終えるやいなや息子が「これ続編ないの!?」と聞いてきたのには笑ってしまった。艱難辛苦を乗り越えてやっと自国に戻った少年たちにすぐさま新たな試練を与えようとするなよと思ったが、息子によると「十五少年大冒険」とか「十五少年事件解決」とかさあ…とのことで、本は読まずとも想像力は成長してるのかもしれないな、と自分を慰める父であった。

-----

集英社版を買ったあとで詳しく検索すると、僕が子供の頃読んでいた「カラー名作少年少女世界の文学」の十五少年漂流記も電子書籍版が発売されていた。長編ばかりなのが残念だけど、他にも子供の頃読んだ名作がたくさん電子書籍化されている。ひとまず十五少年漂流記を買って「これがお父さんが子どもの頃読んでたやつだよ」と見せると、「挿絵怖えー」とのことでした。

| 日記 | 09:36 | comments(0) | - |
400ドット
10年以上前に人生でたった一度だけ描いたまんがを何べんもしがむ

Twitterにツリーをぶら下げるかたちで漫画がアップロードされたものがリツイートされてくることがある。サムネイルで漫画の一部が見られるところや、RTされてきた時点である程度の面白さが担保されいるのが良いのか、ついつい読んでしまう。Twitterの仕様で4ページずつしか画像がアップロードできないのもよい。ページをめくる、巻をまたぐ楽しみのようなものがあり、もっと続きが読みたくなる。最後に「続きはこちら」的なリンクが貼ってあり、amazonなどのネット通販サイトに誘導されることもある。

あれを「酒場はじめます」の頃にできていればちょっと売上が違ったんじゃないか?とずっと思っていて、でも当然ながら原作の方のものでもあるから勝手なことをするわけにはいかないし、出版元から許可してもらうのも難しいだろうなあ…などともやもやしているうちに当初の目的はぼやけて、単に「Twitterにツリーぶら下げるかたちで漫画アップするやつやってみたいな…(でも「酒場」は原作つきだし)」という抑圧された欲望に変容してしまった。このへん人間の心や記憶のいい加減さは恐ろしいなと思う。

いや、人間なんて主語を大きくしてはいけない。自分の心や記憶のいいかげんさ、だ。

ともかくそんな思いが心の奥底に眠る中、数日前にトーキョー自立日記の写真を思い出話と共にTwitterにアップしてくれた方がいた。嬉しさと懐かしさで自分ファイルで読み返そうとHDを検索したら、著者献本でもらったトーキョー無職日記を裁断してスキャンしたJPGが出てきた。一時期、本を裁断してデータ化することにハマっていたのだ。なんでもやっておくものである。「これそのままtwitterにアップできるじゃーん!」と勢いでアップロードしてしまった。念願の「「Twitterにツリーぶら下げるかたちで漫画アップするやつ」!

すると思ったより反響があった。バズる、まではいかないけれど多くの方にリツイートしてもらい、発売当時に購入してくれた方や初めて読んでくれた方、「酒場」も読んでたよ、興味を持っていま買ったよという方々からのリプライをもらい、すっかり舞い上がってしまった。

そしてあろうことかまた漫画描きたい欲が頭をもたげてきてしまった。これには困った。

トーキョー無職日記のもとになる漫画をブログで書き始めた頃、自分はまだ独身だった。時間に余裕があった、というか収入が少なくても平気で、死ななければいいやくらいに思っていた。現在は結婚し、家族がいて、日々の生活をなんとかするのに精一杯。「酒場」は商業誌での連載つまり仕事だったが、それでも原作付きで隔月誌が限界だった。根本的に描くのが遅いのだ。人気が出て隔週発行の本誌に移れるといいなとは思っていたが、そうなるとイラストの仕事をかなり整理しないといけないだろうと戦々恐々としていた(結局移れなかった)。

ということで、新たに漫画を描き出すのは難しい。
だが4コマならどうか。描けるときに少しずつなら?トーキョー○○日記のシリーズの続きならどうだろう?実は数年前にトーキョー無職日記をもう一度なんとかしようという話が持ち上がり、その勢いで描き始めた第三部がある。
残念ながら「なんとかしよう」の話はうまくいかなかった。第三部は、その勢いを借りてて三度目の単行本化を狙ったものだったので、話がしぼむとすぐにやめてしまった。みっともない話だけど、時間に余裕のない中年は、お金にならないことができない。
でも今なら少し状況が違うのでは?とも思う。第三部を描き始め(てすぐやめ)た頃からもけっこう月日が流れた。twitterには「単行本化にしてくれるところ」と書いたけど、どこかのwebコンテンツで間借り的にゆるく連載させてもらう手もあるかもしれない。自分が知らないだけで、個人で収益化する仕組みがあるかもしれない。続きをコツコツ描いているうちに、個人での出版がもっと簡単になったり、なにか潮目が変わることもあるかもしれない。
ひとまずきっかけやチャンスを狙うのは諦めないことにする。そんなゆるい決意表明と少しの期待をこめて、ここ数日の記録をブログに残しておきます。
-----
ていうような話ももう何度もブログやSNSに書いてる気がするな。10年以上前に人生でたった一度だけ描いたまんがを何べんもしがんですんません。
| 日記 | 12:45 | comments(0) | - |
400ドット
サイバーマンデーに備える我が家

なかなかブログの更新ができないせいで、救急車で運ばれたとか老化とか漫画の連載が終わったとか辛気臭い話ばかりが表示されているのもなんなので、いかにもブログっぽいタイトルの記事を書いておくことにします。

 

12/7からamazonのサイバーマンデー、年末大安売り期間がはじまるということで、楽しみにしています。こういうのはだいたい安物買いの銭失いになりそうで避けるタチなんですが、今年の夏のセールで会心の買い物があって

 

それが

です。

 

自動掃除機はセール時で1万2千円弱。ずっと興味はあったものの、必要ないかな〜と思いつつ暮らしていたんですが、値段とレビューのバランスをみて購入。結果、大成功でした。

部屋の隅々までピカピカに、というわけにはいきませんが、毎日の掃除機かけならこれで十分。ソファやベッドの下に入ってくれるのと、「なにかしているあいだに掃除機かけが終わっている」という感覚が最高。もっと早く買えばよかった!と後悔しました。

我が家的にはこの値段のものでも充分でしたが、もう少しランクの高いものを買っても後悔しなかったはず。

 

そしてアマゾンEcho。当時も3000円弱だったのでおもちゃ感覚で買いましたが、リビングと仕事部屋で息子と奪いあいになりました。息子にとっては好きな音楽をかけてくれる友人(家来?)ができた感覚のよう。リビングに置いてあった頃はパスタを茹でるときやカップラーメンを作るときのキッチンタイマーとしても重宝しました。

現在は仕事部屋のスピーカーにつないで、音楽をかけたりラジオをきいたり便利に使っていますが、息子から度々苦情がくるのでリビング用にもう一台を追加購入予定です。

 

今回購入を決めているのはEchoだけですが、他にも家事の時短になるような家電や、最近美術館通いを再開することにしたので単眼鏡が安くなってたりすると嬉しいな〜

ブログっぽい記事、以上です!

| 日記 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
基本的に体力がない

上京する時、父に「お前は体が弱いんだから、気をつけろよ」と言われた。

僕は小中高とときどき仮病を使う子どもだったので、そのことを言っているのだと思っていた。申し訳ないけど、あれは仮病だったんだよ。見た目痩せてて病弱そうに見えるけど実はそんなに風邪ひいたりしないし、ジョギングとか好きだし、割と体力あるよ、と思っていた。実際、上京後数年はほぼ風邪もひかず、病院に行ったりすることもなかった。

 

ところがここ数年、父親の言っていることは正しかったなと実感することが多い。10年くらい前から徹夜できなくなったし、息子が幼稚園に行くようになってからは流行の時期にだいたい風邪をうつされるようになった。ここ数年、ちょっと無理すると必ず倒れ、ときどきは入院までしてしまう。

 

親というのは子どもが思っている以上に子供のことをわかっているのかもしれない。人間関係や細かい感情の動きというようなものはさておき、赤ん坊のころから見ていると大づかみにその子のことが解るというか、結局人間としての傾向は生まれてからあまり変わらない気がする。

僕の息子は隣のおばさんにほっぺたをつつかれただけでギャン泣きするような赤ん坊だった。今は少し克服したけど、あいかわらず人見知りの傾向がある。ズリバイの時期が長くなかなか立とうとしなかったし、歩かなかった。今もストライダーで自転車に乗れるバランス感覚はついているはずなのに、漕がない。高いところから飛び降りたりしない。超慎重派。こういうのは本人の自覚である程度は改善できても、根っこは変わらないのだろうなという気がする。

 

僕が父に言われた「体が弱いんだから」もそういうことだったのだ。仮病を使いたくなるということは、自覚できるレベルまでは達してなかっただけでやはりどこか具合が悪かったのだ。根性とか負けん気とかいろいろいい方はあると思うけど、基本的に体力がない。徹夜や長い時間の集中が、自分が思っていたより早くできなくなって、SNSで同世代の人が馬車馬のように働きまくっているのをみると羨ましくてしかたがないことがある。今の技術に20代のころの体力があればなあ…もっと沢山、いろんなことができるのに…と。

 

ジョギングや筋トレでこれ以上の体力低下に歯止めをかけつつ、できることの組み合わせで、効率よく戦っていくしかないんだけど。

この先どうしようかなあ〜というのを、最近よく考えます。

| 日記 | 03:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
400ドット
「エレ片のコント太郎」と夫婦の思い出と現在 #elekata

昨日の朝のことだが、twitterを「戦国ベースボール」でサーチすると#elekataのタグのついた投稿をいくつか発見。

TBSラジオ「エレ片のコント太郎」の番組タグだ。

 

なにがあったのだろうとradiko.jpのタイムフリーをチェックしてみると、番組内の「俺のランキング」というコーナーで、RN<Mr.プレパラート>さんという方が「リアリティ0の野球漫画ランキング」の1位として投稿してくれて、そのネタが読まれたのであった。

 

 

 

Mr.プレパラートさんの的確な「戦国ベースボール」プレゼンに、エレ片のお三方は爆笑。

僕は絵を描いてるだけだけど、自分の関わった仕事がエレ片のお三方に認識され、めちゃめちゃ嬉しくなってしまった。

 

というのも、僕と妻はかつて「エレ片のコント太郎」の熱心なリスナーだったのです。

まだ同居しはじめて間もないころ、机を並べて作業しながら(妻は僕のイラストの手伝いをしてくれていた)、リアルタイムや録音した放送はもちろん、大量にあったポッドキャストも聞きまくり、「コントの人」や「エレ片ライブ」などのイベントにも足を運んでいました。本当に楽しかった。

エレキコミックのお二人が出場した年のキングオブコント、点数が出たあとの我が家リビングの重い雰囲気もいい思い出です。

 

でも息子が生まれてからは生活時間帯が変っていき、妻は育児に比重を置かざるを得なくなり、二人揃ってラジオを聴くこともなくなり、息子の成長とともに片桐さんは「ピタゴラスイッチのカタギリさん」「シャキーンのジュモクさん」、やついさんは「ネコッパチの声の人」になっていきました。

 

(エレ片だけでなく、ずいぶんと「二人の楽しみ」は減ってしまった。でもその分三人の楽しみが増えているのかな。「両立はできなかったのか」と今となっては思うけど、それは後からだから言えることだよな…)

 

そんなことを考えながら、妻が起きてくるのを待ち、アイフォンを渡して放送の該当部分を聞かせてみると、「フフッ」と笑いました。

苦労させてばかりの妻の笑顔を久々に見た気がします。

 

エレ片のみなさん、RN<Mr.プレパラート>さん、そして誰よりもりょくち先生ありがとう…

 

| - | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
年始の入院・年賀状紛失

年始の入院については何度かtwitterにも書いたので、「またかよ」と思われるかもしれませんが、こちらは僕の日記と取引先の方への近況報告も兼ねているので書きます。

 

昨年末は30日の昼まで仕事して、そのあと妻の実家に帰省しました。ノートパソコンなど仕事できるセットを一通り持っていったので、その後の修正などもあり結局仕事の締めは31日になってしまいました。

それでもなんとか年内にある程度収まってよかったなー、来年はいい年になるといいなーと思いつつ義父とお酒を飲んで新年をむかえたのですが、2日の午後あたりからどうも体調がしっくりこない。ちょっと寒気がする。風邪でもひくのかなあと思いつつ常備薬を飲んで早めに寝たものの寒気はどんどんひどくなり、やがて吐き気が。

その後熱は上がらないものの30分くらいの間隔で7回ほどおう吐を繰り返したので妻に救急車を呼んでもらい、そのまま入院となりました。

 

意識朦朧としつつ、(救急車に乗るなんて滅多にないから車内の設備よく見とかなきゃ…)と思っている僕。

病名は急性胃腸炎。お医者さんは「かんたんに言えば胃腸の風邪です」と仰っていましたが、苦しさはかなりのもの。吐きどめの点滴も入れてもらったのですが、そのまま翌日の昼まで同じペースで吐いてました。それから熟睡の後4日間の入院と、義理の実家で一日の療養。最初は1週間くらい、と言われたのでこれでも短くなったのです。胃腸炎、よく聞く病名だけど意外と怖い。

 

もちろん年始にやるつもりだった仕事は全く進まず、あろうことか出張の取材も2本欠席してしまいました。その後僕の実家にも帰る予定だったのですがこちらもキャンセル。1月の予定がガタガタになってしまいまいした。

マンガの原稿を年内に上げていたのが不幸中の幸いでしたが、現在も他の取引先にはご迷惑をおかけしている真っ最中で、申し訳ない限りです。

 

そんなことがあって予定より数日遅れて帰宅すると、郵便受けに年賀状が少ない。今年はどうしたのかなーと妻と話し合っていると、いつも入ってる郵便局からの広告年賀状がないことに気づきました。そういえば毎年1日にくれる方からの年賀状もないような。もしや不達?それとも遅配…?

と思い郵便局に電話で問い合わせると、調べてみてくれるとのこと。しばらくして電話がかかってきて、年賀状は確かに届けている、とのことでした(郵便局は年賀状が一通も届かなかった住所を記録しており、そこに記録がないので届けている、という話でした)。

郵便局の方の話によると、我が家の帰宅が遅れたため、郵便受けにチラシが貯まりすぎ、郵便受けのフタがあいてしまい、郵便受けの下にあるゴミ箱に落下してそのまま捨てられてしまったのでは?ということでした。

そんなことある!?

 

ともあれせっかく年賀状を送ってくださったみなさまには申し訳ない限りです。

年始早々アンラッキーが重なってしまいましたが、この先また良いこともあるだろうと前向きに今年1年すごしていきたいと思っております。

本年もよろしくおねがいいたします。

 

そんな可哀想な僕が作画を担当するマンガ、「酒場はじめます」を買ってください。

| 日記 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
書店営業に行ってきました

「三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。」発売日の12月19日はグランドジャンプの編集さんと書店営業に行ってきました。

 

 

一軒目は(ほぼ)地元吉祥寺。まずはコピス吉祥寺B館6.7Fにあるジュンク堂書店吉祥寺店さん。

担当してくださった方と偶然家が近く、ご近所トークで盛り上がりました。地元感〜

 

 

二軒目は吉祥寺の民に長く親しまれている書店、BOOKSルーエさん。こちらは「トーキョー自立日記」のときもお世話になったんですよね〜。懐かしかった!

 

 

三軒目は新宿に移動。紀伊國屋書店の別館、コミックス売り場へ。場所柄男性客が多く、グランドジャンプ系では平松伸二先生の「そしてボクは外道マンになる」がとてもよく売れるとか。僕も外道マンファンなので担当の方と外道マントーク!楽しかったです。外道マン最高!

 

 

四軒目はブックファースト新宿店さん。担当さんが電話をすると「いま他の漫画家さんが来られているので10分程待ってほしい」とのこと。歩いて10分くらいかかるところから電話をしていたのでちょうどよかったのですが、その「先にいらっしゃってて、ちょうど入れ違いになった先生」というのがなんと「歯のマンガ」のカトちゃんの花嫁先生!!!

僕(と妻)は、以前から歯のマンガのファンで、初期の展示に行ったりその頃出された冊子も持っているのです。あ〜お会いしてサインお願いしたかった〜。

思わず購入してしまいました。

こちらではサイン本はもちろん、手書きポップも作らせていただきました。

 

 

最後、五軒目はSHIBUYA TSUTAYAさん。こちらも「トーキョー自立日記」の際に非常に良くしていただいて、担当さんに書店営業するなら是非と僕の方からのリクエストで連絡してもらいました。すると担当さんも僕のことを覚えてくださってました。有り難いことだ〜。

 

こちらではなんと20冊もサインさせていただきました。本日最高冊数!


そして上の棚が歯のマンガ!

 

もしやこちらも入れ違い!?と思ったら、来られたのは一週間程前とのことでした。

以上、書店営業の記録でした。もしお立ち寄りの書店でサイン本が残っていたら是非ゲットしてください。

普段部屋に閉じこもっている仕事ということもあり、書店営業は好きです。発売してちょっと日数が経ってしまったけど、サイン本、手書きポップ作らせてくれる書店さんがありましたらご一報下さい!

 

あと、現在ニコニコ静画で1〜3話を試し読みできるようになっているので、よろしければこちらもぜひ!

| 日記 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
夢は白黒かカラーか?

twitterで絵本作家/漫画の秋山あゆ子さんが「夢は白黒かカラーか?」という話をつぶやかれているのを読んだ。僕も子供の頃、白黒の夢を見る人がいるとなにかの本で読んでずっと気になっている。

 

その本によると、夢というのはだいたい白黒で、稀にカラーで見る人もいるということだった。

ある程度成長してから思ったのは、僕が読んだ本はおそらく僕が生まれる前後の頃発売されたもので、記事になった話が出たのはもう少し前ではなかったか、つまり映画やテレビが白黒からカラーに移っていった時期の話なのではないかということだった。

 

そう考えると、夢のカット割りや構図が映像的なのも気になる。おそらく自分の見る夢・もしくは起きてから思い出す「夢で見たこと」は、かなり映画やテレビなどの映像に影響されているのではないか。

 

だとすると、テレビや映画が登場する前の時代に生きていた人が見る夢は今とは全く違ったものだったかもしれない。現代でも、テレビや映像に触れない、たとえばジャングルの奥地に住んでいる人たちの見る夢は白黒かカラーか?構図やカット割りは?…想像するとドキドキしてくる。

 

反面、美術館に行って中世の宗教画などをみて思うのは、「この時代、映像どころか照明もなかったよなあ」ということで、どうやってあんな構図や光と影の表現に思い至ったのか。ドローンどころか飛行機もなかった時代に描かれた鳥瞰図の類もしかり。

 

人間の脳は不思議です(特に結論もなくおわる)。

| メモ | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
相撲を見たくて仕事部屋にテレビを買った

我が家は僕も妻も相撲を見るのが好きで、結婚前からの共通の趣味・話題のひとつでもあったのだけど、子どもが生まれて成長してきてからはなかなか二人でTVの相撲中継を見るわけにもいかなくなった。

相撲が放送されている時間、僕は仕事部屋に閉じこもりがちになってしまったし、妻は夕食の準備をしながらTVを見られないこともないのだけど、リビングのチャンネル権はいまやすっかり子どもに奪われてしまった。ときどき子どもに相撲を見せるようにはしているけど、今のところHuluで見るウルトラマンや大画面で見るYoutubeのほうが良いようである。

そして我が家から相撲の話題はいつのまにかほとんどなくなってしまった…

 

というような話をしていたら、同業の知人から良いものを教えてもらった。それがプライベートビエラです。どーん。

 

 

TV番組をあまり見なくなっていたし、見てもNHKか録画ばかりでCMは飛ばしていたのでこういった情報にはすっかり疎くなっていたのだけど、10V型という机に置くのに丁度よいサイズ感、録画もできてタッチパネル操作。数年前に「こういうものがあればいいのに」と思っていたものがそのままカタチになっていた。

 

僕の生活レベルからすると値段が値段なので即購入とはいかなかったけど、検討を重ね妻に相談して、初場所に合わせてようやく購入しました。初場所二日目ですが、仕事しながら部屋で相撲見られるの最高!!!

 

いつのまにか知らない力士も増えていて、今までスポーツニュースやyoutubeくらいでしかちゃんと見ていなかった宇良石浦正代の取組もようやくちゃんと見られた。遠藤も怪我を克服して番付を上げてきたし、贔屓の松鳳山の調子も戻ってきたようだ。

あとは妻の相撲観戦復帰だけど、僕が仕事で忙しい時はテレビをキッチンに貸出したり、録画したものをスマートフォンで見られたりするようなのでそのあたりがきっかけになるといいな。一番いいのは息子が相撲好きになってくれることだけど。

| 日記 | 03:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
漫画を描いている

最近は漫画を描いています。twitter等SNSでは既に告知済みですが

 

集英社のグランドジャンプPREMIUMという雑誌の12/28(水)発売号に、読み切り漫画の掲載されることになりました。原作は「ラーメン発見伝」「ラーメン才遊記」等の原作で知られる久部緑郎先生。ビッグネーム!

 

 

わりと急遽決まったことだったので、その時点で12月までのスケジュールが8割方埋まっていて、現在はほぼ通常量のイラストの仕事をしながら合間に漫画を進めるという頭のおかしい形になっております。

ということで12月末まで新規のお仕事はお引き受けできません…などと書くのはエラソーですが、性格的に来た仕事をお断りするのが下手なので、あえて内情を宣言しました。ご理解いただけますと幸いです。

 

解説マンガや4コマ等は別にして、正直言ってもう長い漫画を描くことはないんだろうなーと思ってました。もともと漫画家になりたいと思って上京はしたけどそれって絵を描いて生活する職業を漫画家しか知らなかったってだけだし、それ以前に漫画を描いたことなかったし(上京するな)、イラストレーターという職業を知ってからは自分の素養からすると向いてるのは完全にこっちだなと思っていたし、ラッキーパンチで出せた単著もあまり売れなかったし…。

人生何が起こるかわからないというのはホントだなーとかのんきに思いながら、毎日「クリップスタジオ/機能」で検索をかけている今日このごろです。

 

といっても今回の漫画はあくまでも読み切りなので、このまま専業漫画家になるというわけではないと思います。なので来年以降もこれまでどおりイラストのご依頼お待ちしております!

そしてグランドジャンプPREMIUMの前に、ずっと挿絵を描かせてもらってる「戦国ベースボール」の新刊が発売されます!11月24日!7冊目〜!

 

 

諸々よろしくお願いいたします。

 

 

| 日記 | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
液タブツルツル問題さようなら? エレコム 液晶保護フィルム Wacom Cintiq 13 HD用 ペーパーライクフィルムその後

前回のブログ記事で液晶ペンタブレット用のペーパーライクフィルムを購入したことを書きました。

その後のレポートです。

 

 

耐久性

前回の記事を描いたのは約2ヶ月半前。紙に描いているみたい!と感激していた摩擦力は既になくなり、ペーパーライクフィルムはただのツルツルフィルムになってしまいました。念のため普段の作業であまりペンが触らない端のほうと感触を比べてみてもその違いは歴然でした。

少し前から摩擦力が弱くなっていることは感じていたので、寿命は2ヶ月前後のようです。(一日8時間前後の作業を毎日繰り返した場合)

言うまでもないことかもしれませんが、摩擦力は急になくなるわけではなく、徐々になくなっていきます。

 

芯への影響

摩擦があるわけなので芯はかなりの勢いで減って行きます。僕はもともとトレーシングペーパーを貼った板タブレットで描いてましたが、それと比べても倍の速度で芯を交換する必要がありました。amazonのレビューに「紙やすり」と揶揄するものがありましたが、芯の減りの速さに関してはまさにそんな感じです。筆圧や使っている芯にもよるとは思いますが。

 

今後は?

正直言って摩擦力が2ヶ月しか保たないのは残念です。一枚二千円強なので、一月約1000円のコストになります。芯の減りも早くなるので、金額的なコストはさらに増えます。

ただ、ペーパーライクフィルム購入後、僕は板タブレットとの併用を辞めて、液晶ペンタブレットのみでの作業に移行することができました。作業スピードはあまり変わりないような気もしますが、ストレスは減ったので今から板タブレットとの併用に戻るつもりはありません。

消耗品&必要経費と割りきって、再度ペーパーライクフィルムを注文しました。

 

yodobasi.comすごい

フィルムは今回もyodobashiで購入。値段はamazonの方が安いですが、ポイントが付くことを考えるとさほど変わりません。それより驚いたのがヨドバシエクストリーム便!13時に注文して、その日の17時過ぎに届きました。住んでる場所や商品にもよりますが、amazonプライムより早かったです。amazonプライムはめちゃめちゃ便利で今後も愛用すると思いますが、選択肢が増えるのは有り難いです。

 

意外なその後

到着したフィルムを早速張替え。これで紙の感触が戻るぞ〜と描き始めてみたところ、自分自身ビックリする感想が脳内に浮かびました。

 

(これ紙やすりじゃん…)

 

摩擦力が徐々に減り、ツルツル化していくタブレットに少しずつ慣れてきていたのでした。amazonレビューの「紙やすり」評価を、(こんな素晴らしい商品にナニを言うのだ!)と不快に思っていたはずなんですが…。

あんなに苦手だったツルツルに、それに対抗するために発売された商品きっかけで慣れてしまうとは驚きです。ペーパーライクフィルムはもしかすると、紙作業から液晶ペンタブレット作業へ移行するための助走に良い商品なのかもしれません。

 

とはいえ、現段階でツルツルの描き味と紙やすりの描き味を比べると、個人的にはやや紙やすり優勢なので、もう2ヶ月ペーパーライクフィルムでの作業を続けようと思います。2ヶ月後どうなっているか、自分でも楽しみです。

| 日記 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
液タブツルツル問題さようなら。ペーパーライクフィルムを買ってみました。

この記事の概要はタイトルのとおりです。同業の人以外にはよくわからない日記です。

 

僕はwacomのペンタブレットで作業するようになった約十年前からずっと、タブレットの表面にトレーシングペーパーを貼って作業してきました。タブレットのツルツルの描き味が、どうにも性に合わなかったんです。

 

昨年、作業のスピードを上げるために一か八か液晶タブレットを購入したのですが、これが大失敗。液晶タブレットとはいえやはりツルツル面は性に合わず、ホコリを被る結果となりました。ペンの芯をフェルト芯にするなど(普段は Wacom ペンタブレットオプション 替え芯 Intuos4用 ストローク芯 を使っている)ある程度対策は講じましたが全て無駄。もちろんトレーシングペーパーを貼るわけにはいかず、10万ドブに捨てたのか…という悲しい日々を送っておりました。

 

それでも諦めきれず、なにかツルツル苦手派にも打てる手はないのかと定期的に検索を続けていたところ、ようやくこういうものが発売されたことを知りました。ペーパーライクフィルム!?

これ、本当に「紙のような描き心地」だったらスゴイぞ!と、即注文。残念ながら当時amazonでは品切れだったので、わざわざyodobashi.comの会員登録もしました。それほどこの商品は求めていたのものだったのです。

 

まずyodobashiが優秀。amazonプライムと大差ない速度で自宅に届きました。(これは今回の副産物。yodobashi.com、今後もちょくちょく世話になりそうです)

 

そして、数年前にmac book proが家に届いた時と同じくらいワクワクしながら開封し、液晶タブレットに貼り付け。見た目は今まで使っていた保護シートとほぼ変わりありません。そしていざペンで線を引いてみたところ…

 

これは素晴らしい!

まさに僕が求めていたものです!

紙と同等…かどうかは個人差あると思います。僕の感覚では画用紙などやや粗めの紙につけペンで描いてる感じ(ストローク芯使用)。少なくとも僕に関してはこれでずっと悩んできた液晶タブレットツルツル問題は99%解決しました(残りの1%は現時点では判断できないシート&それに対する芯の耐久性です)。

ファースト・インプレッションはとにかく良い。ようやく僕にも液晶タブレットの良さがわかりました。wacomはすぐにこの商品を店頭の全デモ機に貼り付けてエレコムとパートナー契約を結ぶべき。液晶タブレットの売り上げ、マジで倍増すると思います。ツルツルが苦手で液晶タブレットへの移行をためらっている人は結構多いんです。

 

いやーほんといい買い物したわ。今年一番いい買い物。2000円の出費で10万ドブに捨てずに済んだ!

>>この記事の後日譚
| 日記 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
主婦の友社編 頭のいい子を育てる366のお話 Kindle版(2011/主婦の友社)(ひとつき十冊で紹介した本・その3)

4歳の息子に、ベッドに入ってからの読み聞かせ用としてkindle版を購入。(我が家ではiphoneで画面を白黒反転させて読みきかせしてます。こうすると暗い部屋でも読める上に光量はほぼないので息子の気が散らない。)

 

それにしてもこのタイトルは酷い。子どもに期待する親の気持につけこみ、子どもに早いうちから親の期待を伝えてしまう。僕はたまたまKindleで買ったが、編集者はこの最悪のタイトルが書かれた背表紙が、家庭の本棚に並ぶことを想像しなかったのか。本のタイトルと売り文句を混同するなといいたい。内容が良いだけに余計に腹立たしい。

 

さてその内容関して。頭のいい子が育つかどうかはさておき、日本を含めた世界中のお話が短くまとめられて366入っている。寝る前に3〜4つ読み聞かせるのにちょうど良い。さらに良いのは童話だけでなく詩や落語、文学の有名作品のあらすじなども入っていること。詩や文学はまだ読んでいませんが、落語なんかは内容もさることながらフレーズが面白いようで、楽しそうに聴いています。とはいえ中には要約しすぎなお話もあるので、そのあたりは親の方で注意が必要。他にも全く問題がないわけではないけどkindle版の価格でこの内容ならとても良いと思います。書籍だと価格や本のサイズもあり評価も変わってくると思う。

 

親として子どもに読み聞かせをしていると、いろいろと思いもしない反応があって面白い。たとえば、子どもは繰り返し同じ話を聞きたがる。こちらはついつい新しい話を読み聞かせてやりたくなってしまうのだけど、子どもは自分の知っている話を聴くことで精神の安定を得るそうです。(これは最近よく聴いてる小澤俊夫のPodcastの受け売り)

それから昔話、童話にはハッピーエンドや勧善懲悪モノだけでなく、思った以上に脈絡が無かったり死人がでる残酷な話が多いこと。そして子供は割りとすんなりそれらを受け入れること。これは読みながら「ああそうだったそうだったと」懐かしく思いました。僕らが子どもの頃の昔話はけっこう怖かったし、その部分をピックアップした「本当は怖い◯◯」というような本がブームになったこともあった。そしてこの「366のお話」ではそういった部分をマイルドに変更せず、死ぬキャラクターはちゃんとあっけなく死にます(さるかに合戦のカニのお母さん等)。ここも僕がこの本を気に入っているところ。

 

そして息子の今一番のお気に入りのお話が「青ひげ」。

これは僕が知らなかっただけで有名な話なのでしょうか?

青い髭の生えた醜い男がメイン。何度か結婚するもすぐに奥さんがいなくなってしまう。醜い男が主人公ということで、てっきり「美女と野獣」のようなお話だと思って読みはじめたのですが…全く違う話でした。このあたり、僕も随分とディズニー的改編に毒されてしまっているようです。

「366のお話」と少し雰囲気は違いますが、ネットに内容があるのでよかったら読んでみてください。

青ひげ

 

…というようなお話。どんでん返し感はこのネットのものより「366のお話」のほうが強いです。だからこそ途中まで普通に読んでしまって、奥さんが小さな鍵を使ってドアを開けたところで後悔した。

しかし息子はこの話を聴いてたいへん興奮して、以来一番のお気に入りになってしまうのだからわからない。今後なにか事件を起こさないことを祈るばかりです。

 

以下感想ではなく余談。青ひげにはモデルがいる。1400年台のフランスの貴族、ジル・ド・レー。かいつまんで書くと、ジャンヌ・ダルクの戦友で、英雄だったとのこと。後に錬金術と黒魔術にハマり(ジャンヌ・ダルクの処刑で心を病んだ説も)、数百人の幼い少年たちを拉致、虐殺。後に処刑されます。

 

物語とはこうやってできていくのだなと興味深い。聖書や古事記なども実際の戦や事件が語り継がれていくうちに神話になっていったのだろうし、戦国武将の逸話なんかも小さなエピソードが大きく語り継がれたり、語り継がれるうちに実際にはなかった話なのに語り手のそうであってほしい願望が入ってきたり、また逆に小さなエピソードや感情が零れ落ちたりする。歴史というのは壮大な伝言ゲームであり、大きな意味での二次創作を繰り返しているのかも。

 

また、ペローの昔話を検索するうちに知った、ペロー童話集の挿絵を描いているギュスターヴ・ドレ(フランスのイラストレーター)にも興味を持ちました。

長くなったのでギュスターヴ・ドレの話はまたこんど書こう。

 

| 読んだ本 | 05:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
「戦国ベースボールのイラストをみてご連絡しました」

いつのまにか一年以上かかわらせて頂いているりょくち真太先生の「戦国ベースボール(集英社みらい文庫)」。子供時代に本が好きで、ずっと子供向けの仕事がしたかった自分にとって、児童小説の表紙と挿絵というのはめちゃめちゃ理想の案件だ。

その後「戦国ベースボール」はヒット作となり続刊もどんどん出て、若松浩先生により最強ジャンプでコミカライズ(漫画化)もされ、有難い限りです。

…なんだけど、「戦国ベースボールのイラストをみてご連絡しました」という仕事の依頼は未だ無いのです。

こんなのおかしいよ!大ヒットシリーズの表紙の絵を一年以上描いているのだから「うちでもひとつ」的な依頼がひとつくらいあってもいいのでは!?

などと妻に愚痴っていたらある日夢を見た。

舞台は三鷹の某カフェで、目の前に女性の(かわいい)編集者が座っていて、企画の説明をしてくれている。

「この作品は日本ではあまり知られていないんですが、ヨーロッパでは赤毛のアンと同じくらい有名で古くから読み継がれている児童小説なんです。私自身、高校生のときに留学先でこの作品に出会って、いつか日本でも読まれるようになればいいのにと思っていました。今回我が社でこのシリーズを日本に紹介するにあたって、私としては是非戦国ベースボールで実績のあるトリバタケ先生に表紙と挿絵を…」

「光栄です」

僕はもちろん引き受けるつもり満々だけど、あまり表情にでないように気をつけている。この仕事決まれば、こんなかわいい人に定期的に会えるんだな〜とか考えている。

だけどまてよ、なぜ少女向けの小説の挿絵の依頼がこの僕に?

「作者は女性で主人公も女の子なんですけど、女性のイラストレーターさんにお願いするとどうしても女の子しか手に取ってくれなくなるんです。トリバタケさんの絵は男女問わず好まれる絵柄ではないかと私は思っていまして、編集長にプレゼンさせていただいたところ……」

…このあたりで目が覚めた。

あまりに鮮明な夢で、最初夢と信じられず、布団の中でスマホの着信履歴やメールの履歴を調べてしまった。もちろん着信の履歴はなかったしメールも来てなかった。赤毛のアンはヨーロッパじゃなくてカナダの話だし、女性編集者の評価は「そう思われたい」という僕の願望だ。朝の四時、真っ暗な和室で僕はひとり恥ずかしかった。

夢のような話を疑うと夢から覚める。注意されたし。
(戦国ベースボール最新刊は6/24(金)発売です。)

| 日記 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
仕事で遊んだの見つかる
先日TwitterのタイムラインにこのようなTweetが流れてきた。
これ、僕が数年前に描いた英語の教科書の挿絵です。英語の教科書の仕事は数回やらせてもらってますが、この頃は妻と付き合いだしたか結婚して同居しだした時期。テレビが薄型だから後の方かな。

そんなこともあって妻への気持が盛り上がってた時期で、彼女が栃木出身なので、なんか記念的な気分もあってU字工事っぽい人を描いたんだと思う。中学生が楽しそうにテレビを見てるシーンだからスポーツかバラエティぽい番組が映っている絵が必要で、スポーツは他のカットでも使ってたので人数が少なくてバラエティ番組感がでる漫才のイラストっていうのは別にふざけてはないと思うけど…ちょっと言い訳ぽいかな。

しかしまさか5年以上経ってこんな形で目にするとは当時想像もしなかった。もちろん今でも大好きです。U字工事。
| 日記 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
むつみ荘101号室を再開した理由
twitterやFacebookでたくさん告知したので既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、書籍化もされて第2部完結で終了したつもりだった「むつみ荘101号室」のつづきをまた描き始めました。 なぜ急に再開したかというと、新たな書籍化の話が!あったわけではもちろんなく、先日の「育児4コマの企画が没になった件」が、自分が思っていた以上にショックだったようなのです。

もともとこの話は最初から確率半々くらいということだったし、自分としても今マンガの連載は少量といえどキツイなあ…という感じだったので、どっちに転んでもいいような心づもりでいたはずでした。
ですがいざボツになってみると、悔しさと怒りがフツフツと沸き上がってきたのです(企画してくれた方に怒ってるわけではない)。

そんなさなかちょっと私生活でいろいろ嬉しい事や哀しいことがあって、眠れない夜があって、明け方に飲んだエナジードリンクが変な効き方をして、こうなったら独自で育児マンガ描いてやるか。いや、そのまえにやりのこしたことがあったような…とか考えていたらいままで何度か描こうとして思いつかなかった第三部の書き出しのアイデアがするすると出てきて、気がついたらなんということでしょう、ツイッターに完成した第一話を放流しておりました。
人生なにが起こるかわかりませんが、今言えることは「仕事じゃない絵や字描くの楽しい!」ということです。

今後は年末にむけてなかなか厳しいスケジュールが待ち受けているのでどのくらいの頻度で更新できるかわかりませんが、逆にむつみ荘101号室の更新をモチベーションにしていくくらいにできれば…と思っておりますので、みなさまもときどき思い出して覗いてみてください。

引き続きよろしくお願いいたします。



 
| 日記 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
ひとつき十冊で話そうかどうか一瞬迷って結局話さなかったこと

先日、横浜白楽の古書店Tweedbooksでのイベント「ひとつき十冊」にゲストで読んでいただきました。

このイベントの概要は以前もこのblogに書いた通り。僕は聞き役での参加ということだったし、もともと読書経験や持ってる知識もお三方に比べるととても狭くて浅いので、なるべく余計なことは言わないように気をつけてたつもりですが、お三方の読んだ本の話から自分の興味に火がついてしまい、語られる本の内容とはあまり関係ない質問や自分語りをしてしまったこともあったような気がします。失礼いたしました。

このイベントは各人が先月読んできた十冊の本の内容の報告、というとなんですが、どういった順番で読んだ本を紹介していくかは各人の裁量や聞き役(今回は僕)の興味に委ねられており、そのことによって各人が読んでてきた本に書かれている内容や作者の人生が偶然繋がったり補完しあったりする即興性も面白さの一つだと思ってます。

今回はtweedbooksさんが

とのTweetを事前にされており、僕は「風雲児たち」読み直しもしくは幕末についてなにか語る準備をしていくべきかと迷ったものの、事前のスケジュールの都合もあって「即興性も醍醐味なんだ」と自分へ言い訳し、結局ほとんど準備せず白楽に向かいました。

会がスタートし、はたしてtweedbooksさんの「風雲児たち(第1巻)」についての語りの中で「関ヶ原の戦いが『24 -TWENTY FOUR-』のように時間軸に沿って(一時間〜数時間毎に一話で)描かれているのが面白い」という話があって、僕はその描かれ方をすっかり忘れていたのだけど、そのときに「ああそうだっけ」と思い出すと同時に一瞬頭を過ったのが三谷幸喜が脚本を手がけたドラマ「新選組! 」のことでした。

三谷幸喜の「新選組!」では主人公近藤勇の「人生における重要な49日」が描かれていて、全49回「一日を一話で構成する」スタイルがとられています。連続した49日ではないものの、一日を一話で描いていくというスタイルは「風雲児たち」の影響もあったのかな…と一瞬思ったんです。

というのも三谷幸喜が新選組!の脚本を書くにあたって、その原点と話しているのが「風雲児たち」の作者・みなもと太郎の初期作品「冗談新撰組」。新装版の特別対談ページにも登場して、執筆中である「新選組!」の脚本内容についてもみなもと太郎に語っています。(リンクはkindle版)

この対談の中で、「新選組!」の一日一話スタイルや風雲児たちからの影響についてどれだけ語られたかは、残念ながら僕の家の本棚では現在「冗談新撰組」が行方不明になっており確かめるすべがありません。

と、ここまでが「一瞬思ったこと」。

話はちょっと横道にズレます。最近僕は「江戸人にとっての明治維新」に興味があって、今は半藤一利の「それからの海舟」を読んでいる途中です。

最近の映画やドラマでは主人公やストーリーの中心として語られることは少ないですが、僕が改めて言うまでもなく、勝海舟もかなり捻くれてて面白い明治維新のキーマンです。幕末ものが映像化される際は、勝海舟を誰が演じるのか?というのを注目すると、そのドラマの雰囲気がなんとなく想像できるような気がしています。

閑話休題。で、先の三谷幸喜による「新選組!」で勝海舟を演じるのは野田秀樹です。小柄で情熱的で早口でしゃべる野田秀樹は僕が思っていた勝海舟のイメージにとても近くて、さすが!と唸ったんですが、その後「冗談新撰組!」での三谷幸喜とみなもと太郎の対談を読んだところ、三谷幸喜は新撰組の結成〜瓦解を、自らの劇団「東京サンシャインボーイズ」での経験になぞらえて語っているんです。野田秀樹(と夢の遊眠社)が若き三谷幸喜にとってどんな存在であったかを考えると、野田秀樹が「新選組!」のもう一人の主人公である坂本龍馬の師を演じているというのは味わい深いものがあります。

というような話から、ドジブックスさんがお持ちになられていた平田オリザの本や別役実の本にからめて、劇団や演劇の話に持っていけたらよかったなあ、聞いてみたかったなあというのがイベントを終えて考えていることであります。

でもこれを話すと話下手の僕ではそれだけで10分くらいかかりそうだから、言わなくてよかったかなと思ったりもしています(当日はまったく違う話をしました)。
ふわっと参加したゲストの僕がこんなことを考えてしまうくらいだから、毎月十冊の本を持ち寄ってる皆さんにはもっとたくさんの「語られなかったひとつき十冊」があることでしょう。そういうのを客として家に持ち帰ってあれこれ考えるのもまた、このイベントの楽しみ方のひとつだと思います。

ひとつき十冊、次回は


とのことです。行きた〜い。

 

| 日記 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
「戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) 」発売
りょくち真太先生の新刊「戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) 」がいよいよ本日発売となりました。
 

 
今回も表紙まわりと挿絵を担当させていただいております(マンガではなく児童文庫ですのでご注意を。)

「戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) 」は戦国ベースボール 信長の野球 (集英社みらい文庫) 続編になります。
今回は織田信長率いる戦国武将チーム「桶狭間ファルコンズ」が、坂本龍馬率いる「幕末レッドスターズ」と対決します!
かなりの俗説ですが、坂本龍馬は明智光秀の末裔って話もあるんで、そういう意味でも「信長VS龍馬」の対決は熱いですよ!

そのほか詳細や登場キャラクター紹介などは、集英社みらい文庫のページをご覧下さい。
小学生中級以上のお子様をお持ちのお父さんお母さん、是非よろしくお願いいたしまーす。

-----
以下余談
せっかくブログをご覧いただきましたので、イラストのラフやボツカットをいくつか。 

身長や体格差を考えたときのメモ。ドラマなどでは高杉晋作が小さいイメージってあんまりないんですよね。



岡田以蔵のボツカットラフ。僕は岡田以蔵って仁義に厚い(もしくは仁義を勘違いした)ナイーブなヤンキーの兄ちゃんってイメージなんですが、本作の岡田以蔵のイメージからするとガラが悪すぎるということで別ポーズになりました。



キャラクターのアイデア出しをしたときのメモ。西郷・ペリーの顔はけっこう迷いました。土方も髪型などいろいろ違います。打ち合わせから戻ってすぐ描きはじめたのですが、大久保利通好きの僕はメンバーの中に大久保がいると思い込んでおり、身長・体格案の中に「大久保」を描こうとした痕跡が。
その後資料を確認して、そういえば打ち合わせ中も「大久保と板垣でヒゲ&痩せキャラが被りますよねー」とか言ってしまったな…と赤面しました。
| 告知 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
「ひとつき十冊」というイベントに出ます

9/5(土)、横浜市白楽のTweedbooksという古本屋さんで19時半から行われる「ひとつき十冊」というイベントにゲストで出ます。


このイベントは3〜4人のメンバーが先月読んだ10冊の本についておしゃべりするというもので、今回が9回目。前回は上半期の総集編だったということで今回は先々月の報告も含め一人20冊、おしゃべりするメンバーは3名なので約2時間で60冊(!)の読書報告があるそうです。

僕は「ひとつき十冊」も本を読むような読書家ではないのだけど、このイベントに何度か客として足を運んでいて、その御縁もあって今回は「聞き役」としてゲスト参加させていただくことになりました。
読書報告する皆さんに比べて圧倒的無知な自分に「聞き役」という役割でなにができるのか正直よくわかっておりませんが、前日の9/4には挿絵を担当した戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) が発売されるので、隙を見てその告知もしてきたいと思います。というわけでこれは告知業務であり遊びではないので、関係者各位はお目こぼしの程宜しくお願いたします。

ひとつき十冊というイベントの大体の雰囲気は、主催のドジブックスさんによる告知&報告ページをご覧いただければよくわかると思います。
客として参加してきた個人的な感想としては、このイベントは「お薦め本」を紹介するのではなく、単に「先月読んだ十冊」という区切りで本を紹介していくのが、豊かな感じでいいなと思っています。

会場のTweedbooksさんのサイトはこちらです。地図もあります。


| 告知 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
読んだ本(2015/08/15)「狐狸庵 歴史の夜話」「龍馬史」「トニー谷ざんす」「日本人の99.9%はバカ」
7月は一冊も本を読み終えなかった。といっても全く読んでいなかったわけではなく、僕はたいてい5冊〜10冊同時に読み散らかすタイプなので、一冊も読み終えることができない月だったというほうが正確だ。(読書量自体も落ちてはいた)
8月に入り、後半〜終盤にさしかかって中断していた本を4冊片づけた。


僕が遠藤周作の小説を読んだのは30近くなってからで、その面白さに「ああ、もっと若いうちに読んでおけばよかった」と後悔した。たっぷり時間を使って、そのときどきの自分の状況に照らし合わせたりしながらじっくり読みたいタイプの小説だと思ったからだ。若い時にしかできない読書というものがあるよな、と思ったのもおそらくそのときが初めてだった。
以来長編は手に取らず、思い出したり古書店で文庫を見つけるたびにポツポツと狐狸庵シリーズを読むことにしている。この歴史に関するエッセイシリーズは自分の興味もあって読み終わるのがもったいない感じだった。毎晩仕事を終えて数ページずつ読むのが楽しかった。
特に興味を惹かれるのは、やはりというとおかしいけれど「きりしたん」について書かれているところである。もっと若いうちに、などといわず、自分の命があるうちにエッセイ以外も読んでおきたい、かもしれない。


近所の古書店の均一棚にあったので、思わず手にとってしまった。NHK大河「龍馬伝」の放送時期に合わせ発売された本だと記憶している。坂本龍馬については一時期けっこうハマったのでもういいかな…という思いもあったが、著者の磯田道史さんのファンなのでずっと頭の片隅にあり、今回「100円なら…」と思い購入。ファンだと言っているわりには古本で買うタイプのヤツである。
結果、買ってよかった。龍馬に関する小説や漫画、エッセイやムックや雑誌の記事などは自分としてはけっこう読んだつもりだったので知っていることも多いが、僕のような一次資料にあたらないライトな歴史ファンにとって、脚色されない(ヒーロー視されない)龍馬というのはそれだけで新鮮だった。龍馬についての文章をたくさん読むうち薄々思っていたことだが、悪どいところ、計算高いところもかなりある。また、子供の頃から「大政奉還」→「武力倒幕」の流れがひっかかっていたのだが、その疑問が晴れたのもよかった。


僕が中学生くらいの頃に植木等のリバイバルブームがあって、かなりハマった。未だに植木等(およびクレイジーキャッツ)関連の本やテレビ特番などは気になってしまう。トニー谷の「さいざんすマンボ」がラジオから流れてきたのはそれと同じ時期だったと思う。中学の遠足か修学旅行のバスの中でさいざんすマンボを歌って先生に顔をしかめられた経験がある。時代的にはクレイジーより一世代前だが、クレイジーの曲に関連して、シティ・スリッカーズなんかといっしょに流れたのかもしれない。すごく気に入って、テープにとったものを何度も聴いた。(追記:その後ひきつづきネットを検索していて、1987〜88年に大瀧詠一のリミックスでトニー谷のアルバムとシングルが出ていたと知りました。なるほど、そういえばそういう時代だったような。植木等のスーダラ伝説は1990年。)
その後、おそ松くんのイヤミのモデルであることや、息子の誘拐事件の話や前後の浮沈についての話を知った。
イヤミといえば赤塚不二夫だが、その赤塚不二夫が見出した(初期の)タモリと、トニー谷は読んでいてものすごく重なる部分があった。そうえばyoutubeで「今夜は最高!」に晩年のトニー谷が出演した映像を観たなあ、と思い検索するとその映像はまだ消されずに残っており、また実際に晩年のトニー谷はタモリをかわいがって(気に入って)いたという話もみつかった。
トニー谷はタモリを自分の後継者(ボードビリアン)だと感じていたのだろうか。また、タモリはトニー谷をどう見ていたのか、そしてトニー谷の轍を踏まなかったタモリの転身についても考えたりしてしまった。
トニー谷を通しての日本の戦後史としても読むことができる。社会ではなく、人々の心がどう変わっていったのか。
面白い本でありました。


ブッチNEWSで連載されているコラムが好きで毎回楽しみにしているので購入。面白くないわけではないけれど、ちょっと期待していたものとは違ったので中断して長く本棚に入ったままになっていた。別の本を出したときに背表紙が目に入り再開→読了。自分はサブカル的なものに多少興味はあるけど、この本が想定している読者ほどの興味や知識がないので響かなかったのかもしれない。
後半、バカの例として「〜なバカ、〜なバカ」と様々なタイプのバカが列挙されるなか「江川達也」とだけあったのには笑ってしまった。
 
| 読んだ本 | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
1位になった
先日、表紙イラストと挿絵を担当した「戦国ベースボール」がネットの「毎日小学生新聞」で紹介されて、その影響かAmazonのランキングで1位になりました!



思わず記念のスクリーンショットを撮ってしまった。



↑集英社みらい文庫内のランキング。キャプテン翼の高橋洋一先生に勝ったあああ(錯乱)



 ↑「本 > 絵本・児童書 > 読み物 > 冒険」内のランキング。指輪物語に勝ったあああ(錯乱)

種明かしすると、1位と言っても「集英社みらい文庫」内という狭いカテゴリ内なので、多分一日に何冊か売上があれば1位になれてしまったりするのだと思います。コップの中の瞬間最大風速みたいなものです。
というかそもそもすごいのはお話を描いてるりょくち真太先生でした…コップの中云々失礼なこと言ってすみません。

なんにせよ自分の関わった仕事に「1位」の表示が付くのはとても嬉しいことです。また、現在は順調にランクを落としているのでご安心下さい。

引き続き「戦国ベースボール」よろしくお願いいたします!



 
| 日記 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
子供の成長はジャンプする
ウチの息子は早生まれで成長がゆっくりなほうで、たまに幼稚園の送り迎えに行ったりすると他の子に比べて体も小ぶりなのでちょっと心配になったりします。
3歳検診では「マルを描ける」という項目でひっかかったりして(妻によると家ではときどき描けていたらしい)、どうやら絵はあんまり得意じゃないみたいだなーと思っていたのですが…

これが6/9に幼稚園で描いてきた絵。相変わらず。


ところがその日の夜、いつもどおり2人で風呂に入っていたところ急に「ボク、アンパンマン描くー」と風呂用クレヨンで顔らしきものを書き出したので、びっくりして妻を呼びました。


で、翌6/10、紙に描いたものがこれ。


これ、完全にアンパンマンでしょう!白目あるけど。

こんなにびっくりしたのは立って歩き出した以来かもしれない。子供の成長ってこんな風に、「脳の中でなにかが繋がった瞬間を見た!」と感じるようなことが多いです。突然ジャンプしたみたいに、昨日まで全くできなかったことが急にできるようになる。興奮します。

自分の親も僕のこういう瞬間を見たんだろうな〜。これからいくつこういう瞬間を目にできるかな〜。

 
| 日記 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
「ぶらぶら美術・博物館」イラストサムネイルまとめ2
ちょっと前にまとめたやつだけど、ブログに書くのを忘れていたので。

BS日テレで毎週金曜日夜20時から放送されている「ぶらぶら美術・博物館」のサイトで、番組終了後に更新されるまとめイラストを今年の1月から担当しております。

webポートフォリオにそのサムネイルと個人的な感想(番組の感想だったり、絵を描いてみての感想だったり)をまとめました。リンクするとサイトの該当ページに飛びます。
 
2015年/BS日テレ/「ぶらぶら美術・博物館」webサイト・番組まとめイラスト(166回〜170回)
#168では山下裕二さんの似顔絵が描けて嬉しかった。赤瀬川原平さんとの共著などでよくお名前を拝見しておりました。一夜漬け日本美術史 (BT BOOKS) も面白かった。

2015年/BS日テレ/「ぶらぶら美術・博物館」webサイト・番組まとめイラスト(171回〜175回)
気に入ってるのは#174と#175です。日本民藝館は行っておきたい。

ちからを入れている仕事です。よろしくどうぞ。
BS観られる環境の方は番組も是非。面白いですよー。
 
| 仕事 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
Amazon Kindleの50%ポイント還元SALEとかいう地獄
注)Kindleのキャンペーンは終了してます。ただの日記です。

僕は昨年末からつい最近まで、あまりの金のなさと仕事の忙しさと将来に対する唯ぼんやりとした不安から頭がおかしくなってしまったため、twitterをはじめとするSNSから距離を置いていたんですが、先月のはじめくらいからようやく重た目の仕事が少しずつ片付き出し、それに伴って心身ともに回復してきたと感じたことからSNSパトロールも再開しました。
すると昨日の朝twitterでこのようなつぶやきを見てしまい…
 
またおそろしい散財をしてしまいました。ぜんぜん心身共に健康になってませんでした。ストレスによって壊れた散財弁の修復が終わってませんでした。いつ読めるかわからない本(今回は電子書籍ですが)をまたたくさん買ってしまいました。怨・柿次郎ブログです。

 
僕だけ散財地獄に落ちるのは寂しいので一人でも多くの方を道連れにしたく、僕が買ったものを一部紹介します(全て紹介するとキーボードの叩きすぎで指紋がすり減ってなくなってしまうので)。
 
まずは最近電子書籍化され、しばらく買うかどうか迷っていたこちら。
買いました。この機会に全巻。
 
もちろん紙の本も全巻持っておりますが、仕事で使う用として電子書籍版もどうしてもほしかったんです。
おそらく学習系の日本史漫画では一番有名なシリーズでしょう。漫画で日本史が覚えられたら最高ですよね、ということで他の出版社からもこの類の日本史漫画シリーズは出ていますが、何年も仕事で日本史関連の調べ物をしている身として断言します。
勉強のための日本史漫画はこの小学館の「少年少女日本の歴史」だけあればいいです。
史実はもちろんのこと、衣服や住居、家具や生活用品にいたるまで、ここまで徹底的に調べ上げられ丁寧に描かれている漫画はありません。小学生向けに読みやすく描かれていますが、おそらく高校生くらいまで、もしかしたら大学入試を控えた人が試験前日に読んでも唸るような内容です。
イラストレーターのみなさんは、たとえば歴史カットの衣服など、この本からまるっと模写してなんの問題もないです。写真や他の一次資料をどれだけ調べても、ここに描かれている絵と同じモノしか出てきません(あたりまえのようですが、これはすごいことなんです)
僕自身イラストを描くにあたって手持ちの資料やgoogle画像検索、かつては図書館で必死に探した図画や写真が、ほとんど既にこの漫画の中に描かれています。それどころか、他社の日本史漫画の中には、どう考えてもこの「少年少女日本の歴史」を模写しただけだろ!というようなカットがたくさんあるんです。ちゃんと仕事しろよと思いますが、自分でちょっと日本史漫画を描いてみると、目の前にこの「少年少女日本の歴史」がある以上、自分がいまやっている仕事に意味があるのだろうか…という気になってしまうのもわかります。

 
次にこれ。前述の柿次郎ブログでも紹介されていましたが、これは買う。仕方ない。書店で見たら定価で買ってたと思う。


こちらは「買い逃し系」。発売当初興味はあったけど買うまでには至らず、時期を逸してしまってたやつです。電子書籍のSALEはこういうのが危険。他にもいくつか買ってしまった。

 

 
新書も何冊か買いました。中でもこれは一番最初に読むやつ。西洋美術史と聖書関連、日本史関連の新書はこの世から消滅して欲しいですね!

 
この時点で既に「何冊買ったか」「いくら分買ったか」という計算をしなくなっていたので頭のなかで警報が鳴り響いていたのですが、現在仕事で勉強中の南北朝時代の漫画を見つけてしまいました。全巻買いました。

 
作者はあの横山まさみち先生。
横山まさみちせんせいといえば
ですよね。
なんと「やる気まんまん」&「新やる気まんまん」共に1〜3巻までがタダ!
当然全てDLして熟読していたら、なんだかいろんなことがバカバカしくなって、ようやくKindle50%ポイント還元地獄から生還することができました。
横山まさみち先生、ありがとうございます!
 
日本史漫画のことを書いたので、もしや…と思い検索したら案の定あの現在進行形の漫画史に残る名作「風雲児たち」も50%ポイント還元セールに含まれていました。我が家には既に紙で全巻あってかなりのスペースを取っております。これから読み始める人たち、最高かよ。
| 日記 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
週刊少年ジャンプに名前が載る。重版決まる。

このブログを読んでくださってる皆様は既に全員お買い上げのことと思いますが、先日発売された「戦国ベースボール〜信長の野球〜」



その広告が、週刊少年ジャンプに掲載されました。


354P、銀魂の後にイラストがばばんと載っております。挿絵屋としてではありますが、幼いころ一度でも「漫画家になりたい!」と思った身としては、やはり週刊少年ジャンプに自分の名前が載るというのはなんだかまた特別な気持です。名誉というか。


そして!同じく今日、集英社みらい文庫のアカウントに「重版出来」の文字が。



りょくち真太先生おめでとうございます!



そういえば小学校4年生のとき、夏休みの自由研究で自由帳を一冊使って織田信長の伝記漫画を描いたことを思い出しました。途中で力尽きて、後半は小学館の「少年少女日本の歴史」を丸写でしたが。


今から15年くらい前。フリーランスイラストレーターになって2年目くらい、最初に出た本の挿絵も、織田信長の絵が評価されて仕事が決まりました。後にwebコンテンツになり、今でもツイッターでサーチすると感想がでてきたりする息の長いものになってます。
日本歴史占い


その後、その本が縁で某時代劇のキャラクターイラストが決まったり、その繋がりで戦国武将占いの仕事につながったり、発見!ニッポン城めぐりのイラストに繋がったり、書籍のイラストをやらせてもらったり、ここ数年は仕事の1/3〜半分くらいが日本史/歴史関連になっている気がします。
 

その度にもう何パターンの織田信長を描いたことやら。いつかまとめてみたいくらいです。ともかく名古屋に足を向けて眠れません。
 

そしてそんな僕が書きました、「戦国武将コレクション」LINEスタンプ「3えーけつ」LINEスタンプもよろしくお願いいたします(最終的に自分の宣伝!)。

| 告知 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2015年01月09日のつぶやきまとめ
21:15
毎週金曜日夜20時から放送中のBS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」のHPで今回からイラストを担当させていただくことになりました。毎回放送終了後に更新されます。がんばるぞ〜。 今夜の「雪と月と花」展:HPはこちら→ http://t.co/nb9dXIDoLj #Bura_Bi
20:59
RT @Bura_Bi: 「ぶらぶら美術・博物館」今夜の「雪と月と花」展:HPはこちら→ http://t.co/lLmlwmbbKO 今回から、まとめイラストを担当してくださるのは、トリバタケハルノブさん!ぜひチェックを。招待券・図録プレゼント応募もHPから受付中ですよー。 …
20:19
RT @Bura_Bi: 8時だよ!「ぶらぶら美術・博物館」!新年さいしょの今夜は、お江戸日本橋・三井記念美術館「雪と月と花」展へ。コレクションから厳選された「雪月花」をモチーフにした絵画・工芸品の数々が並ぶ、新春にぴったりな企画展。円山応挙の代表作「雪松図屏風」は必見、ご一緒…
11:05
RT @tokyo26: 高山彦九郎だよな。
11:05
RT @obashuji: 遥拝ウォッチ
10:58
息子日記:本日もほぼ朝と夜しか坊と接触せず。夜寝る前、なぜか寝室で坊の動きに合わせ妻と二人で踊った。それに坊が反応し僕らもヒートアップ。トランス状態のようになった。楽しかったが興奮してしまった息子はその後寝付きが悪かった。もっと踊りたいといって泣くし。悪いことしたかな。
05:17
RT @roug02: 一昨日の「爆笑問題カーボーイ」は聴いてたけど、実際に聴いてた感覚からすると、ずいぶんとコトが大きくなっててやな感じだな。NHKの悪口は言ってたものの、急にネタを替えることになったばたばたの話じゃなかったか。それよりも、大新聞の記者までラジオ聴いただけで記…
03:35
19:02 すっかり晩酌する人間になってしまった。日本酒美味しい。 09:41 ... http://t.co/cNewQkTfct
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年12月28日のつぶやきまとめ
23:42
RT @Thereisyettime: 嬉しい。今日は嬉しいことが沢山だ。日本古書通信が送られてきました。岡崎武志さんの連載にTweedBooksが!これは頑張らなくてはならない。 読まれたい方、遊びきてくださーい! http://t.co/J31IEhBzwF
23:36
RT @kuroko0401: それと、セブン行くついでにネットプリントにて深爪通信をコピーするのが楽しみになってきている。来年も楽しみにしていますよヽ(*^ω^*)ノ
21:00
久々に妻の代わりにスーパーに買い物に行って、八海山にふら〜っと手が伸びてしまった。心が弱っているのでしょうか。
13:50
RT @FQTQ: はい、これ試験に出ます http://t.co/6ospMm1jPB http://t.co/6tX6o2zTAf
13:48
息子日記:休憩がてら夕暮れ前に久しぶりに近所の神社へ行った。以前行ったところに久しぶりに二人で行くと、以前はできなかったのにできるようになったことがよくわかる。賽銭箱に手が届くとか。逆に以前できたのにできなくなったことは知らない人への挨拶。恥ずかしいという感情が芽生えてしまった。
09:48
RT @Thereisyettime: おはようございます。 白楽TweedBooksでは本日も買取大歓迎です。特に60’s、70’s、80’sのファッション雑誌、トラッド・アイビー関連本などなど。 皆様の古本納め、心よりお待ち申し上げます。 というわけで朝から値付け、うれし…
09:46
RT @chilime: "太宰治さんに部屋を貸していた事もあります""太宰治さんに部屋を貸していた事もあります" ※大事な事なので二度引用しました。|akasofa: 杉並区天沼にある古くて立派なお宅に「移築希望の方ご連絡を」とあったので宣伝。お金持ち誰か! http://t…
08:29
RT @maipeco_o: だしてみた RT @tori_haru: 深爪通信vol.9ネットプリントで発行中です。 ・セブンイレブン プリント予約番号/93415905(有効期限:01/03/23時頃) ・その他コンビニ ユーザー番号/F6R6J7AHMR(有効期限:0…
08:29
RT @96da96da9696da: ブログを更新しました。 『予約文書の取り出し〜深爪通信volume 09 12月27日号』 ⇒ http://t.co/UTvtfZjZ9D
08:29
RT @nakashimakaz: 肘痛がヒドいのに深爪通信vol.9を買う。2014名文句大賞は「自由とは、油断すると死ぬ」に決定しようか。http://t.co/qYK9pb5gYu
03:51
23:14 生サバの刺身と自家製松前漬けが特によかったです。 23:09 ... http://t.co/JnX1LJzC7K
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年12月24日のつぶやきまとめ
21:03
RT @pppanna: このクリスマスソングも忘れんといて下さい HALCALI - Strawberry Chips (ストロベリーチップス) http://t.co/PsQvshZKEA
19:56
RT @yuuki: ARuFaが定時で帰りました
19:34
知らなかったよ〜。でも嬉しい。まだ読んでない人買ってね〜読んだ人もよかったら買ってね〜。RT @amaebooknew: トーキョー無職日記 (トリバタケハルノブ) が、26%OFFでKindle化されました。 http://t.co/lRWWMrY8yL
19:33
RT @amaebooknew: トーキョー無職日記 (トリバタケハルノブ) が、26%OFFでKindle化されました。 http://t.co/9X5azXPGAR
18:49
坊がふりかけの「味道楽」のことを「味・ドラッグ〜」と言って欲しがるので怖い。
17:23
RT @sonar_ad: ご当地きゃらオールスターズ続々製作中。特設サイトにて第一弾キャラ全てのラインナップ公開!是非チェックしてね。 http://t.co/vbowWaI6N0 #LINEスタンプ #ゆるキャラ #ご当地キャラ @unarikun_narita
12:02
RT @kakijiro: 気まずい義母や義父へ送ろう!【DL可】ムカつく奴に送る年賀状テンプレート6種類 [PR] http://t.co/Wb5xrRaSG2 @nanapiさんから
09:57
ジャムおじさんは自己紹介するとき「ジャムです」と言う。
08:24
今日から朝ごはん準備担当になった。がんばるぞ。
08:21
息子日記:昼寝が短かったこと以外は夕食の途中までとても楽しい日だった。が、突如夕食を食べる手が止まり遊びだし、妻に叱られ号泣。手が付けられないのでムリヤリ風呂に入れ、一緒にお母さんに謝ろうという話に。風呂を出て謝罪が終わってようやく落ち着いた。昼寝が短い日はたいていこうだ。
03:06
16:44 aikoの話 http://t.co/UobeTLRlfJ #jugem_blog 16:29 ... http://t.co/x0FR3nHBLC
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年12月20日のつぶやきまとめ
14:34
角銅さんで真っ先に思い出すのはこれだなー https://t.co/lji1loXQeP
14:33
RT @somemi_masha: オールナイトニッポンの角銅秀人さん死去 http://t.co/5wYOFw6YqY
09:54
RT @numatatakeshi: イラストレーターによるゆるゆるpodcast「リハビリーヒルズ」24回目更新しました!前回につづきトリバタケハルノブさんを迎えて! http://t.co/TYcpWZ2zgA
08:36
似てるな http://t.co/zqCHKwloL9
08:30
妻は星野源のことを知らなくて「綺麗な神田くん(三波豊和)」だと思って観ていたらしい。似てるかなーと思ったけど、いじわるばあさんがリメイクされたとして、万年浪夫で想像するとピッタリかも。
06:36
息子日記余談:昨日は慌てて妻に連絡してしまって妻はすぐ帰ってきてくれたけど、これ逆の立場だったら妻は僕に連絡するだろうか。久々の外出だったのに悪いことしたかなーとずっと考えていた。
06:24
今日から僕も息子日記を書くことにする。習慣化するまではカワハラユキコさんの【きのうの息子】を読んで思い出したらということにしよう。
06:22
息子日記:妻が外出だったので午後から2人で留守番。いっしょに昼寝しておやつを食べさせる。僕の食べているケーキを食べたがらないので不思議に思っていたら夕方吐いた。一応妻に連絡。その後布団の上でまた吐いて、妻が帰ってきてまた吐いた。原因は不明。夜の寝かし付けは息子リクエストで交代。
03:14
11:20 RT @kerokerokingDX: クリスマスにはコレ!“@U900_UkuleleDuo: いよいよクリスマスが近づいてきましたね! U900のクリスマスアルバムから U900... http://t.co/FJ9htIKHCn
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年12月18日のつぶやきまとめ
23:40
新しいタッチと格闘中。いいかげんいろんなタッチを描き散らかすのを止めて絞った方が良いような気もするが、僕のようなものは広げて絞っての繰り返しだ。
22:19
病気して以降会う人に「痩せたね!」と言われる。既に体重は戻っているので入院したという先入観だろうと思っていたのだけど、やはり外見的にも少しやつれたようだ。手術のダメージで加齢が進んだのかもしれない。だとすると今後このまま歳をとっていくのだな。妻によると白髪がすごく増えたらしいし。
22:00
ホドラー展やってたの知らなかったな。今年はスイスの絵がたくさん観られた年だったらしい。子供が生まれてから美術館にもすっかり行かなくなってしまった。
10:54
RT @tacoche: デビュー60周年を迎えたつげ義春自身が景色を描きおろした、単行本にはないイラストの「ねじ式」と「李さん一家」の手拭2種です。手捺染で丁寧に仕上げています。http://t.co/O6UooKUh3S http://t.co/ZIcibmWON4
09:13
やっぱり人の悪口言ってる時の妻がいちばんキラキラ輝いてて好きだな。
09:08
妻に「aikoが嫌いな女性がいない並行世界に迷い込んじゃったみたいなんだけど…」と相談したら、妻の口から滝のように止めどなくaikoディスが流れだしたので安心したとともに、やはり僕の座標軸はここだなと思いました。そして久々に夫婦間に会話が生まれた。これもaikoのおかげである。
08:27
RT @washoko: ロッキンオンあるある:誤解を恐れずに言う
08:25
今まで僕が女の人にaikoが好きだと言うと「あ〜ハイハイ(ああいうのにころっと騙されちゃうのね〜チョロいね)」みたいな目で見られてきたのは、ただの被害妄想だったのだろうか…
08:24
僕はいままでずっとaikoがいわゆる「女性に嫌われる女性」だと思っていたのだけど、先日同世代の2人の女性から「aikoは女性から好かれるタイプの女性だよ!」と言われたので並行世界に迷い込んでしまったような気がしている。
08:14
RT @dojibooks: 当時、こんなビールのCMにも出てました。「Switch」の翌年だと思うんですけど、この時代に志村けんをかっこいいイメージで起用することはおそらく新鮮だったんですよね。CM曲は近田春夫。 http://t.co/KNnxIF74IC
08:14
RT @dojibooks: 【在庫紹介】NHKの新番組も評判です。「Switch」1991年11月号(扶桑社)は志村けんの特集。41歳、コメディアンとして壮年ながら、本格的に再評価されるのはまだまだ先の話です。 http://t.co/mJy5E1ZgyM ◆ http://…
08:13
RT @miki0216: HAPPYBIRTHDAY?? http://t.co/kMsW3zNsu2
03:45
18:20 今日でTHE BOOM解散なのかあ。このバンドが存在しなければ僕は今頃どこでなにしていただろう。人の縁とは不思議で有難い。 ... http://t.co/eRfYgfeAW0
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
漫画の連載が終わる時の気持ち
先日、芳文社の「本当にあったマル生ここだけの話」という雑誌で連載させてもらってた「ビンボーさんと僕」が終わった。2月号からのスタートだったので全11回。読者投稿を元にした4コマ+自分の体験談4コマで、月に6ページから8ページの4コマ漫画を描く仕事だった。残念ながら1年続かなかった。

連載終了の連絡を貰ったのは第10回の原稿の納品前後(どっちだったか忘れた)。あたりまえだけどちょっとショックだった。その後「でも、キツい仕事だったしホッとしたかも」という気持ちが来て、その後「いやいや!再来月以降原稿料分の他の仕事どうする!?」という心配がやってきた(後になんとかなった)

この仕事のキツさというのは
・読者投稿を4コマ漫画にする(面白くする)のがそもそも難しい
・4コマ漫画一本ごとに読者のキャラクター造形を考えるのが大変!
・描きためていっても単行本になることはない

というのがある。
毎回「自分に向いてないな」と思いながら描いていたけど、向いてない仕事を11ヶ月続けられたことは、比較的自分の好みで仕事をしがちなフリーランスにとってはよい経験だったかもしれません。同じ条件で面白い漫画を描き続ける他の作家の皆さんには毎号頭が下がり、やっぱり自分は雑誌漫画家としてはアマチュアレベルだな、もっと勉強せねばと思い知らされた。

連載開始前〜連載中にこの仕事をやる上での課題とした
・漫画作画のスピードアップ
・CLIP STUDIOを使いこなせるようになる

というテーマはクリアできなかったように思う。もうしばらくすると「あの頃があったから今が…」と感じることがあるかもしれないけど。漫画描くのやめないようにしなくては。

なかなか面白くならない僕の漫画を見守ってくれた読者の方、担当さん、本当にありがとうございました。次があったらもっとがんばります!
| 日記 | 13:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2014年12月02日のつぶやきまとめ
19:56
RT @suichu_shoten: 新しくできた古本と新刊のお店「青と夜ノ空」さんに行ってきた。吉祥寺から五日市街道を西荻窪方面に少し歩いたところ。きれいなお店で、古本のほかにリトルプレス等も充実していた。五十嵐太郎編『建築と植物』を購入。本の買取もされているとのこと。 ht…
14:14
RT @dojibooks: 【告知】いよいよ今週! 12月6日(土)「驚きももの木20世紀」上映会@喫茶へそまがり、「トキワ荘の時代」「藤子・F・不二雄」の2本立て。どちらもじんわりいい内容です。19時開始。ノーチャージ、ワンオーダー。古本の販売もありますよ。 http://…
14:11
RT @ingaoho: TLに幸福実現党のプロモーションツイートが流れてくるの、サイバーパンク感あるな。
11:31
RT @dailyportalz: [リンゴを罵倒する] http://t.co/vIZwh1eSmR 罵倒したリンゴが早くくさるというのを見かけたが、くさるくさらないよりむしろリンゴに罵倒するというその行為がすごい。人のいないグラウンドで思い切りやってみたところ、顔つきが完全…
08:49
というくらい大学生の頃はテレビしか楽しみがなかったな。かわいそうな昔の自分。
08:48
スマスマにヒロミが出演したという話題で、笑っていいともではじめてコーナー司会をすることになった中居正広が完全にヒロミのコピーだったことを思い出した。その後は「今週は誰それの真似してるな」というくらい露骨にいろんな人を混ぜていた。今思えば1人の芸能人の成長ドキュメンタリーだったな。
08:41
twitterを見てると高倉健より菅原文太への思い入れが大きい人が多いようだ。
08:33
RT @ecdecdecd: 菅原文太とジュリーは反原発のことで話し合ったりしたことあったのかな。
03:41
22:46 咳がひどいのでもう寝よう。家族で風邪回し合ってるなー。 ... http://t.co/0Xaj13APmW
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
2014年11月23日のつぶやきまとめ
14:10
RT @shinya_kane: 『メロンパンの皮だけ』という商品が好評と聞きました。 そこでおすすめなのが、カステラの文明堂で売っている「どらやきの皮」! 食べて以来、「どら焼きに、なんで今まであんこが入っていたのか」と思ってしまうおいしさですよ。 http://t.co/…
13:12
こういう記事の見出しをみていつも思うのは、「妻のしつけ方」だったら大炎上するんだろうなということです。 / 一緒に暮らすと実態がわかる? 片づけない夫のしつけ方 - エキサイトニュース(1/2) http://t.co/qnRxWbuZQ8
12:58
これだけネットでいろんなことができるようになっても、フォームに住所入力するときなどに半角英数字と全角英数字を区別しなきゃいけない問題は解決することは無いのだろうか。20年近くイライラさせられてるけど。
06:57
絵の見た目の割りに漫画描くのが遅いので、ずっとなんとか上手い手の抜き方力の抜き方はないかと思ってたけど、時間かかっても描きたいようにたくさん描くのが先だったのかもしれない。センスない人の道はいつも遠回りが正解だなー。(でもそれだと家族養えないなー)
04:39
このswitch印象に残ってるなー。41歳の志村けん、びんびんに尖っててすごい。>RT RE https://t.co/Uw2EdWWh40
04:27
RT @dojibooks: 【登録しました】国民的スター、けんさんのかっこいい写真が満載! 「Switch」1991年11月号(扶桑社)は志村けんの特集です。当時41歳。秋元康によるロングインタビューを掲載。 http://t.co/mJy5E1ZgyM ◆ http://t…
03:22
18:15 頼んでた帽子ができあがった。うれしい。 ... http://t.co/lWlPdZCexJ
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
2014年11月18日のつぶやきまとめ
21:08
RT @masatoberlin: [exblog] イラストレーター高田美穂子さんが描くベルリン・パノラマ(晩秋編) http://t.co/vXd9MDz0oj
16:22
RT @IIMA_Hiroaki: 高倉健さんの映画は個人的にも大好きでしたが、『三省堂国語辞典』第7版の「と言ったら」の例文にも使わせていただきました。私情を挟んだわけではなく、健さんというスターは、まさしくこの例文に最適だったからです。ご冥福をお祈り申し上げます。 http…
12:25
3日で終わると思った仕事に10日かかってしまったので、深爪通信vol.7の発行は少し遅れます。
10:40
ここ何年かCMや街の広告で見かけて「この美人は誰だ!?」と検索するとだいたい松島花さんという人だ。
08:34
RT @Thereisyettime: 岡崎武志さんが古本屋開店の件をブログに書いてくれました!決してモード雑誌から飛び出していませんので、注意が肝要です。 →http://t.co/Nr3VpbxhEY
04:47
今日は坊の眠りが浅くて起きるの手こずった。最良の方法を固定することはできないのでいつくかパターンを用意しておかなくては。
03:34
18:32 RT @numatatakeshi: イラストレーターによるゆるゆるpodcast「リハビリーヒルズ」更新しています。死後くんまじえてのレギュラー回です。本当... http://t.co/zOXVmbXhf5
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
LINEスタンプ「トーキョー無職/自立日記」が発売されてけっこう時間経ちました!
いまさらですがLINEスタンプ「トーキョー無職/自立日記」の宣伝です。
http://line.me/S/sticker/1007491

「トーキョー無職/自立日記」のLINEスタンプ、まー予想できたことですがあまり売れておりません。どのくらい売れてないかというと、買ってくれた方の顔がほぼわかるくらいです。(いつも応援してくれている読者の方/友人など)買ってくれた方、ホントにありがとうございます!
 


もともと超有名作品でもない限り漫画原作のスタンプは売れにくいという傾向も分かっていたのでショックを受けるようなこともなかったのですが、せっかくなんでもうちょっとくらいは売れて欲しい!ということで過去に作った「使用例」をまとめました。

・使用例その1/「休んだ理由」




・使用例その2/「喜んでいる友達に」



・使用例その3/「励まされたとき」



・使用例その4/「藤子不二雄の関係性について妄想するとき」



・使用例その5/「告白とその応対」時間表示にもご注目下さい。


使いかたもわかったことだしこれで買いやすくなりましたよね!原作知らない人にも広まりますように!
よろしくお願いいたします。
http://line.me/S/sticker/1007491
 
トーキョー無職日記/自立日記のweb版はまだ無料で読めます。今からでも好きになって!そしてスタンプ買ってくれ〜。
むつみ荘101号室(第一部)
むつみ荘101号室(第二部)
 
| 告知 | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2014年11月06日のつぶやきまとめ
20:53
長い間待たせて二日で3つのスタンプを承認するLINEもLINEだが、それを立て続けにリリースしてしまう自分の商才のなさよ…! http://t.co/M7KOpHM4zS http://t.co/KeMggiUG5J https://t.co/R2JzvJ8b58
20:47
トリバタケハルノブ3つ目のスタンプがリリースされました。 「バーニングパンダちゃん」 です。古いお知り合いの皆様も最近知り合った皆様も新宿三丁目方面の皆様もよろしくお願いいたします! http://t.co/M7KOpHM4zS http://t.co/VRKrOYGJ9U
16:42
note盛り上がった話聞かないと思ったけど山本さほさんがいたわ。
16:17
RT @shukan_bunshun: 二つ目専門寄席をオープン 古今亭志ん輔 (落語家) | この人のスケジュール表 - 週刊文春WEB http://t.co/XZv6jJOBp5
16:16
RT @Dgoutokuji: こしらが12月に復帰するとの報告が志らくからあり、諸手を挙げて賛成した。あの壊れた?落語は妙に魅力があるのだ。この半年、真打になったばかりなのにやめたのか、いずれ戻ってくるのか等の質問に往生した。長期休養と言い続けるも、内心穏やかではなかった。支…
15:52
noteって盛り上がるところでは盛り上がってるのかなあ。
15:42
バックナンバーvol.1〜5までのデータをnoteで販売してみます。再発行することもあると思うので、遊びのつもりでどうぞ。/深爪通信バックナンバーVol.01~05(8/5〜10/5発行)|トリバタケハルノブ|note(ノート) https://t.co/L9z7RxlTBf
15:35
ご無沙汰しております!深爪通信vol.6、ネットプリントにアップしました。予約番号 ・セブンイレブン 59753104 ・それ以外のコンビニ F6R6J7AHMR にて20円で出力できます。
14:57
RT @takataku777: フジタユウスケ、11/14のスリーマンならびに12/14のワンマンライブにあたり、お世話になっている吉祥寺プラネットKさんから「PICK UP ARTISTS」として取り上げてもらいました。本人のミニインタビューも。 http://t.co/2…
12:53
4コマ漫画「Go!Go!ルンちゃん♪」第一回です。 LINEスタンプもよろしくお願いしまーす。 http://t.co/KeMggiUG5J http://t.co/zAgFICeqRS
10:08
RT @gekidangya: 初めてのLINEスタンプを購入しました。だっていつものやってる城アプリの武将達がスタンプになったって聞いたらそりぁ使いたいじゃないか!いっぱい使うんだー。 http://t.co/SYbO6SO31C
08:49
ありがとうございます。い出よ、好きな人! RT @yukky_kk: これは好きな人はすごく喜びそうな。。 RT @tori_haru: LINEスタンプ「戦国武将コレクション」が発売になりました! http://t.co/bpdJIAJJR3 #jugem_blog
07:38
ずっとお世話になっているケータイゲーム/スマートフォンアプリ「発見!ニッポン城めぐり」から、LINEスタンプ「戦国武将コレクション」が発売になりました。申請したのは5月だったので承認まで約半年!長かった〜。... http://t.co/67OqA1bSLn
07:17
RT @mag76k: 生前、談志師匠は、小金治師匠を落語家として高く評価していた。映画の世界に言ってしまった事を大変残念がり、落語界に戻るように説得した事もあったという。あのまま、落語をやっていたら、名人と呼ばれただろうと。私が言うのもおこがましいが、禁酒番屋を聞いて、なるほ…
07:01
LINEスタンプ「戦国武将コレクション」が発売になりました! http://t.co/bpdJIAJJR3 #jugem_blog
06:18
LINEスタンプ戦国武将コレクションは現在259位。自分のアカウントで作ってないので何個くらい売れてるのかわからないけど、がんばってくれー。 https://t.co/R2JzvJ8b58 http://t.co/B7cIm6mPg8
06:13
寝て起きたらルンちゃんのスタンプ5個くらい売れてた。持つべきものは友達だな… http://t.co/KeMggiUG5J
03:27
23:04 トリバタケハルノブ2つ目のスタンプがリリースされました。「Go!Go!ルンちゃん」です。ルンちゃんの名前の意味は各自考えて下さい。妹の名前は... http://t.co/awSAk2UeF4
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
2014年11月05日のつぶやきまとめ
23:04
トリバタケハルノブ2つ目のスタンプがリリースされました。「Go!Go!ルンちゃん」です。ルンちゃんの名前の意味は各自考えて下さい。妹の名前はペン子です。 http://t.co/KeMggiUG5J http://t.co/rPHRm1goxX
22:25
自分のスタンプは戦国武将スタンプとタイミングが被らないようにリリースのタイミングを調整しようと思ったけど、どうせ売れないだろうしモノ好きな人が買ってくれたとしても購買層が重なるとは思えないのでもうリリースのボタン押しちゃう。
22:04
今日はブルーでハッピーな一日だった。
22:00
そしてこのタイミングで自分のスタンプも承認されてしまうという…しかも順番2コ抜かしで一番最後に作った売れなさそうなやつ!
21:54
このLINEスタンプの母体、位置ゲームスマホアプリ「発見ニッポン城めぐり」もよろしくお願い致します。城好き、歴史好きはもちろん、出張とか旅の多い人に超絶お勧め! http://t.co/B7MOZ2JcfW
21:51
戦国武将コレクションLINEスタンプ売れて欲しいけど、LINE使う層と戦国時代に興味ある層がどのくらい重なってるのだろうか。
20:13
二個前のツイートはガンガンRTしてほしいヤツです!
18:14
一個前のツイートはガンガンRTしてほしいヤツです!
18:10
日本史・戦国武将好きのみんなー!アプリ「発見ニッポン城めぐり」の武将イラストがスタンプになりました。「戦国武将コレクション」です。 5月に申請してやっと承認されたヤツだから是非買って〜。 http://t.co/Xc63RMjKea http://t.co/LN3dGCtxNo
17:59
久しぶりにtwitterやってて震えた。
15:04
日本チョコレート工業協同組合のデラックスミルクチョコレート、やはり美味い。
15:01
RT @sahoobb: 仕事をやめてから一ヶ月で3キロ太ってたが、宇宙の大きさに比べたら全然大した事ないな…(白目を剥きながら)
13:27
今の部屋に引っ越してきたとき妻と「近所にコンビニがあっていいねー!」と喜んでいたセブン-イレブンが先月で潰れてしまった。その後他のコンビニができるんだろうとなんとなく思っていたけど、さっき前を通ったら「テナント募集」と書いてあったので軽く落ち込みました。
13:23
シソンヌの一本目だけ見逃してたキングオブコント、ようやく全部見た。やはり最初の一本を見逃すとその後の流れが全然わからなくなるな。逆に流れや順番が如何に審査に影響してるかっていうのもよくわかった。運って大事。
13:17
RT @dojibooks: 「知的センスをくすぐるようなものがすばらしい笑いだとかなんとか、そういうふうに思い始めたわけね。」「そういうところを突っつきだしたタモリさんというのは、すごく頭がいいと思う。でも、タモリさん自身は案外シラけているかもわかんないね。」 http://…
13:17
RT @dojibooks: たけし「ホント、エセインテリだと思う、タモリのことをどうのこうの面白がる人たちって。」「そういう人たちって、漫才師が漫才師であることを逆手にとって突っついたりすると面白がっちゃうようなところがあるじゃない? その辺のところをタモリさんはよく知ってや…
13:17
RT @dojibooks: 【登録しました】ようやく入荷! 「広告批評」1981年6月号(マドラコミュニケーション)はタモリの特集です。タモリのロングインタビューほか、永六輔、吉行淳之介、たけしらのタモリ評が。 http://t.co/fdZ4ywna9m ◆ http://…
12:08
ピーターラビットと無名ウサギ http://t.co/9n8YkgWIPT
11:50
メンマ大好きなので、中華みたかでは毎回ワンタンたけのこ(メンマ)大盛りを注文する。
11:49
RT @dailyportalz: [メンマがアホほどのってるラーメンを食べて魂が抜ける] http://t.co/T0AROL89He 築地場外市場で食べられたメンマ満載のメンマラーメンがもう食べられない。ならばとメンマラーメンで有名な名古屋のお店へ。iPhone 2台分の重…
11:08
体の調子も戻ってきたし、営業のためのファイル製作の手を緩めないぞ!と思い直した矢先にこれだよ。しかし営業面倒なのでちょっとホッとしてる自分を無視できない。
11:00
複合機に「スキャナエラー」という表示が出て使えなくなってしまった。生活の不具合重なるな〜。
10:12
おっさんなので「佐川男子」の文字を見る度に佐川一政が思い浮かんでしまう。
03:43
20:49 RT @noribiyori: ある夜、父と呑んでる志ん朝さんに「談志さんをぶんなぐろうと思ったことはありますか」と聞いたら「ああ、あるさ。あったんだけ... http://t.co/TkmyvzsL94
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
2014年11月04日のつぶやきまとめ
20:49
RT @noribiyori: ある夜、父と呑んでる志ん朝さんに「談志さんをぶんなぐろうと思ったことはありますか」と聞いたら「ああ、あるさ。あったんだけど、のべつ高座で云われちゃかなわないからね」すると父が「あいつは一生云うね」
12:46
1ヶ月以上ぶりにエナジードリンク飲んだら、体全体が「美味いー!!!」って言ってるかんじがしたのでやはり危険な飲み物だなと思いました。
03:49
23:32 傷の痛みはもうほぼなくなったけど、手の痺れは取れないなー。 ... http://t.co/zaQfpq6BYJ
00:36
避けられる面倒臭さには避けられない面倒臭さで対抗するという手があるんだよな。(子供の風呂の話)
| tweetまとめ | 03:03 | - | - |
400ドット
胆石のはなし(その3)

二度目の発作の後はさすがに反省して、肉類や脂っこいものを食べたいとは思わなくなった。妻はスパゲッティのベーコンまで抜いてくれるようになった。僕の体重は3kg落ち、それに付き合う妻の体重も2kg落ちた。
そして二度目の発作以来、毎食後やけにみぞおちが痛むようになった。以前はつっぱり感くらいだったものが確実に軽い痛みになった。気持の問題かもしれないが、体の中で石が自己主張をしはじめたような感じだ。

検査からしばらくして、その結果を踏まえた再診察があった。
そこで、僕の胆嚢周りの形状が特殊、端的にいえば奇形だと知らされた。先生の話では2~3%こういう人がいるらしい。中野での検査はそれを調べるためだったらしい。
この場合腹腔鏡手術は難しく、開腹手術をしなければいけないとのことだった。入院日数も当初聞いていた2〜3日から5日間に伸びた。大きな傷跡も残ることになる。これはけっこうなショックだ。子どもと風呂にはいる時、怖がるだろうな…などと考えていた。

入院の日は10/14〜18に決まった。前後の仕事をどうするか考えなければいけないな、と思い、なにげなくネットで胆石で開腹手術をした人の話を調べはじめた。すると、術後の数日はかなり大変で、生活復帰までも時間がかかることがわかってきた。
病院の診察のときはそこまで頭が回らなかった。腹腔鏡手術との違いは入院日数が伸びただけくらいだと思っていたのだ。
考えてみれば体を大きく切るのだから、生活復帰までの時間も長くなるに決まっている。普通だいたい1ヶ月以上と書かれていた。ネットで見つけた情報は日付も古いし、僕の場合通勤がないのでもう少し短くなるのかもしれないが、今受けている仕事で締切が18日移行のものはスケジュールを大幅に変更、もしくはお断りしなければならない。なにしろ術後どうなるかがわからなすぎる。
生活復帰までの期間を再度病院に問い合わせようと何度か電話したが、なかなか先生がつかまらず、だんだん自分がクレーマーのような気がしてきてやめた。

そのあたりからだんだんと気持が弱くなってきた。痛みも増してきたような気がする。
眠ると痛みが取れるので、昼寝をするようになった。
気持が不安定になり、体調が不安定になり、生活が不規則になってきた。
今後の仕事はどうなるのだろう。ただでさえ最近は仕事が不調だったのに、断ってしまった取引先からは今後仕事がくることはないだろうな。術後動けない時に仕事がきたらどうしよう。いつから復帰できるのだろうか。2~3%しかいない奇形で手術は難しくないのだろうか…
などと考えても仕方なの無いことを考えてしまうようになった。
機嫌も悪くなってきた。
| 日記 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
胆石のはなし(その2)
胆石と知らされたのはちょっとショックだった。詳しくは分からないけど、聞いたことのある病気だ。手術が必要なのだろう。
ただ先生によると「最近は腹腔鏡手術で傷も残らないし、生活復帰も早いよ」ということだったので少し安心した。

ひとまずスマートフォンのメッセージで妻にそのことを告げ、さらに何本か点滴を打ってもらったあとでエコー・胃カメラ等他の検査があり、先生から詳しい病気の説明があった。幸い胆石以外に異常はないようだった。僕の父方がどうもガン家系ぽいので、胃のあたりに痛みを感じる毎に少し不安だったのだ。これは今回のことで数少ない良かったことだ。
さらに翌日中野メディカルスキャニングというところでMRIだかCTだかの検査を受けることになった。他の病院がどうか知らないけど、ともかく僕が行った病院にはその設備がないらしい。面倒だがこの際仕方がない。

薬をなん種類か出してもらい、夕方頃にようやく帰宅した。痛みはすっかり収まり、いままでと変わりない。検査があるのでご飯が腹いっぱい食べられないのが残念だ。一日家を開けたからか、やけに息子がなついてくれて嬉しかった。

翌日は中野で検査。ビルのエレベーターを降り、自動ドアが開くと広くて無機的なロビーに小さな音でクラシックが流れており、これまた安くはなさそうだがこれといって特徴のないテーブルと机が等間隔で並べられている。なんだか村上春樹の小説に出てきそうな場所だ。閉所恐怖症のケがあるので、検査はちょっときつかった。
終わってから商店街の沖縄料理屋で沖縄そばセットを食べた。胆石の人は脂っこいものをあまり食べてはいけないということだったけど、沖縄そばセットくらいなら大丈夫なようだった。

それから数日はなんの問題もなかった。
考えてみれば、病気と言っても、石は体の中にいつからかずっとあったのだ。痛みだってこれまでもときどきあった。こないだの発作はたまたまそれが強く長かっただけなのかもしれない。手術は避けられないけど、それまでの生活は今まで通りで問題ないのかな?と思うようになった。すると我慢していた肉がどうしても食べたくなり、昼食に(妻が止めるのも聞かず)大戸屋でトンカツを食べた。

その夜2度めの発作があり、座薬を入れたが効かず、また夜中に救急病棟のお世話になることになった。
発作はたまたまではなく、自分の体が分水域を超えてしまったシグナルだったのだとようやく自覚した。

| 日記 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2014年10月10日のつぶやきまとめ
22:36
RT @suichu_shoten: 【お知らせ】早稲田のカフェCat`s Cradleさん主催のIndependent Bookstore`s BOOK FES 2014に出店します。10月12日(日)&13日(祝)です。ぜひ足をお運びください! http://t.co/qH…
21:55
RT @suikyokitan: 今、朝日新聞で「三四郎」の復刻をしてるけど、走行中の列車の窓から食べ物のゴミを豪快に捨てている。戦前の写真で列車の通路がゴミ(おそらく弁当の)で埋まっているのを見たことがあるが、日本人の公共マナーはどのように改善されていったのだろう。
21:52
胆石に生活を支配されてしまった僕が、いま聴くべき落語はこぶ弁慶。
18:03
古書店でバス停留所のVHSが100円で売ってて迷った末買わずに帰ってきた。
15:55
RT @momononaka: 嶺川さんとダスティン生演奏はじまるー InterFM http://t.co/OtHpOkih3j
15:52
午後過ぎると体調安定しないからしばらく昼寝してみることにするわ〜と自分の布団に横になったら子どもが笑顔で腹に飛び乗ってきた。腹切ったらしばらくこれもできないんだなー。1〜2ヶ月あったら息子はいろいろ成長しちゃうだろうな。
07:57
朝は調子が良い。昼寝すると午後も働けるのかな。
03:52
15:57 うー、またシクシクきたので離脱。今引き受けてる仕事、どうにもできる気がしない。早めに代わりの人探してもらったほうが良さそうな気がして... http://t.co/ra01wnQvtd
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年10月08日のつぶやきまとめ
19:23
RT @hayakawa2600: 本日の朝日新聞土曜版be、山科けいすけさんのマンガが秀逸。 http://t.co/HQQJ4wrida
18:24
ネットで注文してセブン-イレブンで本受け取るやつ試してみようと思ったら近所の店が地図に出てこなかった。こういうパターンもあるのか…
18:11
amazonでT字帯を注文。なんでもあるな。
17:49
深爪通信vol.6は10/20に出せないかもしれないな…無念だ。
16:07
RT @rakugoten: 深爪通信vol.5をゲット。今回も「大師匠噺」の広告を掲載して下さってます。 トリバタケさんが胆石を患ったことがトップニュースなのだけど、その見出しがチェッカーズの「TANTANたぬき」のパロディ。実に芸が細かい。 http://t.co/oBha…
14:42
来月発売号の原稿だけど、描いてて悲しくなってきた。 http://t.co/7ywjuZeGI4
13:01
RT @sahoobb: 皆様にお知らせです。この度、仕事を退職いたしまして漫画家として専念して行く事になりました。色々と葛藤はありましたが、応援して後押ししてくださった皆様にはとても感謝しております。今後はもっとたくさんの作品を発表して、みなさんに恩返しをしていきたいと思って…
10:47
行きつ戻りつだけどちょっとずつCLIPSTUDIOのことを理解してきたぞ。漫画制作はできればこのままCLIPSTUDIOに完全移行したい。
09:43
RT @nakashimakaz: ランニングの折り返し地点でトリバタケ先生の深爪通信を出力。読みながら歩いて帰る...はちょっとキビシかった(老眼)。次回はあんぱん食べながらベンチすわって読みます。
09:35
幕府=ツッコミ/薩長=ボケかもしれない。
09:33
でも幕末志士は大ボケかボケかツッコミボケばかりで普通のツッコミが少ないな。だから桂小五郎が鬱になる…
09:11
幕末志士をアメトーーク等のひな壇バラエティ番組な座組で考えてみるというのはアリかも。
08:47
炎上案件にSNSでリンク付きコメントするとPV稼ぎに協力することになるという考え方もわかるが、僕はそういう商法は焼畑的で続かないと思うし、「プレジデント」はこういう意見を掲載する雑誌で「大宮冬洋」というライターはこんな考えを持った人物であると広めた方が怒りの表現として良いと思う。
08:17
ワラストにつづいてリハビリーヒルズの公開収録も入院中か〜調布なんて近所なのに!
07:49
RT @mayama3: 絵を描いてもらうことのうれしさ http://t.co/8UFtJiFP5d
03:40
21:29 RT @mousou_roku: 一般の人の処理として、目を隠されてるけど、新幹線の座席の隣の人は、松尾伴内さんではないのか…?どうしても言っておきた... http://t.co/VqdSf5fPx1
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
2014年09月23日のつぶやきまとめ
15:07
録画してあった日本の話芸-桂ざこば「文七元結」観た。ぜったい良さそうと思った通り良かった。収録時間の都合なのかそういう型なのか、文七がお店に帰っての場面がなかったのが残念。あのやりとりざこばさんならどう演じるのかな〜と楽しみにみていただけに。
12:48
アホで世間知らずなので、「??-????-????(代)」って書いてある番号に電話するときいつも「この<代わり>ってとこで大丈夫なのかな………あ!<代表>の代か!!」ってなる。
12:34
RT @sumokyokai: 公式グッズは国技館限定発売!売り切れ次第、終了となります!http://t.co/M8O76DjOzk #sumo http://t.co/YzhfWt1a3Z
11:50
RT @rakugoten: ☆ご予約お待ちしています☆ 芸術祭参加公演・第二回「大師匠噺」@お江戸両国亭 10月12日(日)13時開演 出演:蜃気楼龍玉、三遊亭天どん ご予約:rakugoten@yahoo.co.jp #rakugo http://t.co/kttMfmy…
10:54
久しぶりにNHKオンデマンドの世界ふれあい街歩きを見ようと思ったらアーカイブがごっそりなくなっている…ショックだ。
09:50
RT @katchusi: 最新のヴォーグだか何だかのファッション誌の表紙だが、胸につく栴檀板(せんだんのいた)と鳩尾板(きゅうびのいた)が左右逆だぞ。これはよろしくない。私が直々に着付け直すから、ふんどしから全部脱ぎなさい。 http://t.co/lMdIkhPuvi
08:42
gumroadがちゃんと表示されないのどうしたらいいんだろう。
07:59
今朝も坊散歩。テンション高く、今まで歩いたことがないところまで歩く。一番遠くまで来たところでイヤイヤの悪魔発動。走るのも歩くのも抱っこもおんぶも拒否。このまま帰れないのかと不安になる。鬼ごっこプレイとかくれんぼプレイを駆使してなんとか帰宅。小一時間歩いて歩行距離はたったの2キロ!
06:33
RT @wamezo: 【ブログ更新】みちくさ市に「古本」の文字が入っていない理由⇒http://t.co/hL3vyrktNY
03:26
19:40 もうちょっとペンの線太くてもいいかな… ... http://t.co/xh1JIpBUAx
| tweetまとめ | 03:02 | - | - |
400ドット
いただきもの「Chalkboard Tablet」
先日、「Chalkboard Tablet」なるものをいただいた。

ざっくりいうとiphoneサイズの黒板。ハンドメイドだそうです。(いただいたあと鞄に入れて移動してたらパッケージにキズがついてしまったゴメンナサイ)




開封。裏の説明書きもかわいい。チョークペンシルとシャープナー、消しゴム、ストラップロープ(ひも)が入っている。



書いてみた。ペンシル型チョークは面白い書き味。


息子はまだ2歳でひらがなも読めないんだけど。

詳しい説明は下記のURLにあります。2サイズあり。長いサイズの方だと4コマ漫画が描けそう。これに毎日4コマ漫画描いてtwitterにアップするとBuzzるかもしれないよ。
プレゼントにも喜ばれそうです。

http://chalktab.tumblr.com/
 
ノウショウさん、ありがとうございまーす!
| - | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
リハビリーヒルズ第9回ちょっと書き起こし
沼田健さん、室木おすしさん、ニシノアポロさんによるイラストレーターwebラジオ/Podcast「リハビリーヒルズ」第9回が配信されました。内容的には第7回の続きになります。
第8回につづき文字起こししてみましたが案の定ところどころ、しかも前半で力尽きたので気になる方は是非実際に聞いてみてください。時間も深くなり、話はだんだんシビアに狭く暗くなっていきます。


収録の合間にちらっと話した話題からスタート。
0:20あたり
沼田「トリバタケさん、なんか、すごい言いたいことがあるという…」
トリ「いやいや(笑)。終わりがけにね、なんかねー、あのー…仕事の単価ってものがだいたいあるじゃないですか」
室木「うん」
トリ「で、僕はもうイラストレーター…フリーランスになって14年か15年なんです。バイト辞めてすぐなんで。大学生時代合わせるともう16年とかになるんですけど、まー単価が上がらない。たとえば雑誌…まぁなんのジャンルの仕事してるかによるとも思うんですけど。っていうのをちょっと思ってて、で、ある人にそういう話をしたら、単価の低い仕事を断っていかないと単価の高い仕事は増えないんだって言われて。」
室木「ほー」
トリ「まあそれは理屈(に合ってる)じゃないですか。それもそうだなと思って。じゃあちょっとその人のいうことを参考にしてやってみるか、と思って」
沼田「うん」
トリ「単価の、まあ比較的低い仕事はなるべくやらないようにしようかなーと思って。ちょっとやってみたんですけど。そうするともう、全く仕事がなくなってしまうという状況に今ありまして…。」
室木「ふふふ」


クライアントや編集者さんへの対応について。後半、沼田さんのフリになんとか答えようと言わなくても言い話をしだしてしまうトリバタケ。
4:55あたり
沼田「だから、なるだけその、冷たく対応しないようにはしてます。」
トリ「ああ、次につなげる。」
沼田「そう。次に…まあなんかライターさんとかも、色んな所でやってらっしゃったりするし、編集さんも辞めてライターさんになったりとか。」
トリ「他の会社に行かれたりもしますしね。」
沼田「そうそう、どこで繋がってるのかわかんないのと、あと、噂ってけっこうあって。」
トリ「はいはい。」
沼田「僕の、まーあのー知り合いの編集者から聞いて、ものすごく酷い対応をされたっていう(話を)。すごい傷ついたっていう、泣いてたっていう人がいて。編集さんで。」
トリ「へえー。」
沼田「あーやっぱり、邪険にしちゃいかんなあみたいな。それがねえ、僕まで届いてくるっていうのはなかなかのアレだから。」
トリ「なかなかのすねー。」
沼田「やっぱりね、仕事に対して天狗になるっていうのは変だけど…まああの、なんだろうな。真摯に対応したいっていう感じはありますけど。どうですか?」
室木「そのとおりだと思います。」
トリ「ははは。」
沼田「いやもっとなんか、破天荒な意見を(笑)。」
トリ「あ、僕こないだねー久しぶりにブチ切れまして…。」


「イラストレーター」というジャンルは他分野や未経験者の参入障壁が異様に低いという話題。ここまで沈黙をまもってきたダークニシノが牙をむくのであった。
15:50あたり
トリ「ホント最近思ってて、雑誌がどんどんなくなってるじゃないですか。漫画の。イラストレーター的な素養のある漫画家の人っていうのはすごくたくさんいるので、まあもちろん漫画家としても今ぜんぜん売れてますけど、この人は漫画もすごいけど…たとば大御所ですけど江口寿史さんとかなんかはイラストレーター的な素養がね、強いわけじゃないですか。
もっと若い人でもそういう人いっぱいいるんで、これから(漫画)雑誌がなくなって、どんどんそういう人が「あ、私イラストも描けます」みたいになったら、どんどん(仕事の場が)減っていくので…そういうときにどこで戦っていくのかっていうのはすごい考える。」
ニシ「江口さんなんかは画家だと思ってますけどね、イラストレーターというより…。」
室木「うんうん。」
ニシ「でも、もうお金(金額交渉)云々って言ってる時代はどんどん終わっていくと思いますよ。やっぱり数も減ってきますし、イラストの使われてる。」
室木「どうなるんだろう…。」
…(沈黙)
ニシノ「めちゃめちゃシビアな目でw。」
トリ「暗い話になってきた(笑)。」
室木「うーん…
トリ「早く売れないとやばいっていうのはある。」
室木「10年後の自分が全く見えないみたいな…。」
ニシ「僕はすごい目に見えますもんね。ヤバイ、バイトしながらやってる!とか。」
室木「ははは。」
ニシ「そういうの画(えが)いてますから、やっぱり、そのためにどうするか。」
トリ「え?どんなバイトするか!?」
ニシ「どんなバイト…w、多分、何個もバイトしながらとか。ホントに苦労する仕事なんだろうなって思ってイラストレーターになってますから、これで食ってこうってほうがちょっとおこがましいじゃないですか?」
室木「えー。なんも考えてなかった。」
トリ「おれもなんも考えなかったw」


-----
僕の登場回は今回で終わりです。聴いて下さった方ありがとうございました。リハビリーヒルズファンの方失礼しました。
全3回+1回(イベント回)の感想としては、もっと話すことまとめていけばよかった〜ということです。特に持ち込みや絵柄の個性に関してはずっと悩み続けているテーマなので、いつかまとめて売れてる個性派イラストレーターのお三方に聴いてみたいです。
トリバタケハルノブはこれからもリハビリーヒルズを応援しています!
| 告知 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
やりたいのは余分なこと
僕が発行している個人フリーペーパー、深爪通信のvol.3(09/05発行号)が無事完成したので、先日いつもどおりコンビニエンスストアのネットプリントサービスにアップロードしました。

この「深爪通信」を作っていて毎回思うのは、A4用紙1枚ってなんて情報量が少ないのだろうということ。
深爪通信は現在3つの記事と4コマ漫画、1コマ漫画風の連載、最下段の勝手に広告スペースからできている。小学生の頃作ったり作らされたりした壁新聞のようなイメージです。
僕は大学生の時、ほとんどパソコンを触り始めたと同時に自分のサイト(当時はホームページと言っていた)を作り始めて、そのころから日記を書いたりその後ブログに移行して文章を書いたり、さらにその後はmixiやfacebook、twitterなどのSNSにその日その時間に思いついたことを半ば垂れ流してきた。

パソコンで文章を書いている時には文字数の制限がないのでいくらでも文章を長くできる。プロとして書いているわけではないので、いくらでも余分な表現が足せる。

先日知人が「twitterはひとつのつぶやきの文字制限が140文字だけど、3つつぶやくと原稿用紙1枚分くらいになる」という話をしていて軽く衝撃を受けた。もちろんみんながみんな140文字ギリギリの文字量をつぶやいているわけではないけれど、僕はもう何年も、一日に原稿用紙数枚の文章を書く生活を送ってきたことになる。別に文章のプロになろうというわけではない人間がである。これは(インターネットが一般的になる以前の感覚からすると)けっこう異常なことのように思える。

そこで話は「深爪通信」に戻るのだけど、このフリーペーパーではひとつの記事が長いものでもだいたい原稿用紙一枚分くらい。twitterでのつぶやきに換算すると、だいたい3ツイートくらいです。書いていて本当に短く感じる。
たとえば今回は先日やったイベントの話を書いたのだけど、「イベントが終わった報告」「イベントの内容」「こんなことがあった(エピソード1)」くらいで終わってしまう。本当はもっと書きたいことがあるのに。エピソードは3つくらいは報告したいし、そのイベントで自分は何を感じて、今後自分にどんな変化がおこりそうだとか、次はこんなことがやりたいだとか…。

だけどそんなことをしているとイベントの報告だけでA4用紙が埋まってしまうので、ザクザクと文章を削ることになる。報告はできるだけ短く。内容は前回も説明したから趣旨をちらっと入れるくらいで良いだろう。いくつかあったエピソードの中で、一番伝えるべきことはなんなのか…などなど。そして「伝えるべきこと」あたりに考えが至ったところで、内なる自分から<お前に「伝えるべきこと」なんてそもそもないだろう。>と指摘が入ったりする。自分はなにをやっているのだろう、とハッと我に還ったりする。

つまり僕が伝えたいことは余分なことなのである。情報の本筋にはあまり興味が無い。
いやおそらく伝えたくもない。自分が好きにやりたいだけだ。
そして、余分なことを書くために、趣旨説明や本来伝えるべき情報をできるだけ短くしたい、できることなら書かずに(触れずに)おきたいというのは、普段の自分の生活態度そのものだ。
僕は人生の余分な時間をできるだけ長く生きたかった。学校に行くとか、自動車免許をとるとか、就職活動するとか、やるべきことの時間をできるだけ短くして、いやほとんど拒否してでも、本を読んだり映画を見たりごろごろしたりしたい人間だったんである。
そして僕は人生をドロップアウトして、それでもメシのためのカネは稼がなければならないので、なんとかできそうな仕事はないかと「イラストレーター」という、いてもいなくても社会がまわる職業に就いた。しかも売れていない。まったく社会に余分な存在である。

しかし下手ながら文章を推敲していて思うのは、はやり余分なことを書くためには本筋は最低限しっかりと書かなければいけないということだ。興味なくても。
本筋を書かないと余分な話がそもそもなんの話なのかわからない。教養がないと娯楽が楽しくない。社会が不景気だとイラストレーターの仕事が減る。ああ、全てはつながっていたのだ…。

話が逸れた。
僕がやりたいのは余分なことであり、人間としても社会に余分な存在である。それはもうしかたがない。
だが現実的としてはもうすぐ40歳になり、家族もできた。子供は成長する。僕の人生は本筋の方がどんどん膨らみ、自分の原稿用紙が埋められていく。あと何枚書けるのか?余白はあとどれだけあるのか?

これからは余分なことをするために、本筋の方は極力的確に簡潔にこなしていかなければいけない。むしろ本筋を面白がるための工夫を考えなければならない。じっと目を凝らして耳を澄まして、膨張する人生の本筋と日々格闘してかなくてはいけないんである。

思わぬところで自分が生きるべき道筋を確認し今後の人生の課題に行き当たってしまった深爪通信vol.3、是非手にとって見て下さい。文章量は今回の記事の1/5くらいで、内容は1/20くらいだと思います。
| 日記 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
道とはたらく Vol.00 「トリバタケハルノブの仕事場」を振り返って
イベント<道とはたらく Vol.00 「トリバタケハルノブの仕事場」>が終わって一週間経ったので、内容を振り返ってみることにします。

以前書いた記事の繰り返しになりますが、イベントは展示やワークショップではなく、僕が働いているところをただただ観てもらう、というものでした。もともと「こういうイベントがあればいいのに」と思っていたことを、まずは自分1人で始めてみるという動機からはじまりました。

良かった点
・自宅の仕事部屋でやっていることとほぼ同じことををするという点はだいたいクリアできた
会場の「場所:♯4」にはノートパソコン、モニタ(27インチ)、ペンタブレット、左手入力デバイスを持ち込みました。ノマドというには荷物が多すぎますが、ひとまずこれだけあればどこにいても仕事ができることは確認できました。ちなみに自分や妻の実家に帰るときにはモニタ以外を持って移動しています。モニタがないと能率はやはり普段の60%くらいになってしまいます。

・同業の人に興味を持ってもらえた
リップサービスもあると思いますが、同業の人にはある程度面白がってもらえたように思います。内容は今後ブラッシュアップしていくにしても、趣旨に関しては好評でした。

・いろいろな人に会えた
普段仲の良い友人だけでなく、最近会った人と親睦を深めたり、ネットだけでやりとりがあった人と実際会えたり、漫画の読者の方が会いに来てくれたりしました。家から出ることが少ない自分のような仕事に就いているものにとって、やはり定期的にこういう場を儲けることは大事です。その点このイベントは(場所さえキープできれば)展示よりハードルが低いなと思いました。なにせ普通に仕事するだけです。通りがかりの人と会話する機会ももてました。

・本も売れた
意外と本を買ってくれる人が多かったです。今後続けられることがあれば、Tシャツなどグッズを作って少量置いても面白いなと思いました。売れるかどうかはさておき、お祭り感の演出として。


反省すべき点
・やはり少し緊張した
大丈夫かもと思っていたんですが、はやり少し緊張しました。特に初日の前半。持っていくものが多すぎて、頼みの綱の左手入力デバイスを忘れてしまったのです。普段のスピードで作業が進まず、かなり焦りました。この時間帯に来てくれた人とはあまり会話もできず申し訳なかったです。(後に妻に届けてもらった)

・イベント用の仕事をもう少しパターン多く用意するべきだった
マジ仕事には守秘義務があるので、LINEスタンプやフリーペーパーの製作など、このイベント用の仕事をいくつか準備しました。ただ、割と早めにネタがつきたので、来てくれた人の似顔絵を描いたりしてました。これはこれで好評でしたが、もう少しバリエーションを準備してもよかった気がします。

・まとめて話す時間があっても良い
イベントは13時から21時まで行いました。だらだら普段通りの仕事をするという趣旨でしたが、せっかくプロジェクターがあったので、夜はそれを活用してトークの時間などにしてもよかったかもしれません。

・お茶を出したり人の話し相手になったりはうまくできなかった。手伝いを頼むべきだったかも
反省すべき点の最初に上げた、来てくれた人と話せなかったこともそうですが、今回の目的であった「来てくれた人と話す」という点では思い通りいかないことが多かったです。本当はもっとビールを飲んだりお菓子を食べたりしたかったのですが、黙々と仕事してしまうことがありました。1人の人とずっと喋ってしまったりとか。お茶をだしたりカフェスペースのお金の管理をしてくれる人を頼むべきだったかもしれません。休憩を多めにいれても良かった。

・ちょっとやってみますか?の時間を取り入れるべきだった
今回はずっと僕が仕事していましたが、同業の人には「ちょっとやってみますか?」と作業を交代してもらってみてもよかったかもしれません。新しい会話が生まれたかも。

・レジュメのようなものを作ってもよかった
思った以上に細かく質問してくれる人もいました。せっかく足を運んでくれた人へのおみやげとして、自分の仕事のやりかたや使用しているアプリケーション、プラグインなどについて描いたものを用意してもよかったなと思いました。フリーペーパー「深爪通信」の別冊にするとか。

以上つらつらと思いついたことを書いてみました。
今後同じようなイベントをする人は参考にしてみてください。(いるかな?)
というか自分がブラッシュアップした第二回をやってみたいです。

今回お世話になった寺沢さんが概要をまとめてくれました。よろしければ御覧ください。(途中の仕事写真は進行中のマジ仕事のファイルを開いてしまったときのものだったため、モザイクを入れてもらいました。卑猥な絵をかいていたわけではありませんw)

・一日めの夜に同業者の沼田健さん・室木おすしさん・ニシノアポロさん、死後くんさんがきて、イラストレーターポッドキャストを収録しました。聴いてみてください。(僕の声が少し遠いです。すみません)


| 日記 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
プリンターが3000円台で買える時代に考えたこと
「今プリンターって最低いくらくらいで買えるんだろう」と思ってamazonで検索してみたら、3000円台で買えるやつがあってびっくりした。



そもそもなぜプリンターについて検索したかというと、小型の持ち運びできるものが欲しかったから。
僕はイベントで自著を手売りするとき、本の表紙裏とかにサインといっしょに購入してくれた方の似顔絵を描くことが多いのだけど、実は手描きには全く自信がない。もともとパソコンがあったから絵を描き始めたような絵描きなのである。ノートパソコンとペンタブレットで書いて、それをその場でプリントして渡すようなことができればいいのに…と常々思っていた。

なによりパソコンで書けばその場で描いた人のスマートフォンやパソコンにメール送信することができて、twitterやfacebookのアイコンにしてもらったりすることができる。これができたらなかなか楽しいんじゃないか。

それにはやはりプリンターなのだけど、自宅の複合機は鞄につめて持っていくのはさすがに重いし、運んだ衝撃で万が一壊れたらこまる。それで小型プリンターについてしらべたところ、有名メーカーのものはまあ普通に2万円前後する。
そこで安い方はどうなんだろうと調べてみたところ、3000円台のものがあった!ということです。

これならサイズもそこそこ小さいし、旅行鞄くらいだったら入りそう。万が一壊れても、3000円だし…と思えばあきらめもつくのではないか。僕の似顔絵は5分くらいで描けてしまうような適当な線画なので、モノクロプリントできれば充分だし。

そんなことを考えていたらまた違うアイデアがでてきた。
即興で描いた似顔絵に名前と住所を入れて名刺にする。せっかくなので文字も手書きでやらせてもらう。



こういうの。ほんとに5分くらいで描いた。自分のイベントや展示で500円くらいで売ったら楽しいような気もする。(字はもうちょっと丁寧に描くと思う)
どうかな?

 
| メモ | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
8/22・23、三鷹でイベントやりますのまとめ
この夏、三鷹市井の頭のレンタルスペース「場所:#4(バショ・イノヨン)」の一角をお借りしてイベントをすることになりました。


「道とはたらく / vol.00 トリバタケハルノブの仕事場」

場所
東京都三鷹市井の頭4-9-12「場所:#4」
地図:https://goo.gl/maps/P5LzR

日時
8/22(金)13:00〜21:00
8/23(土)13:00〜21:00


このイベントは展示やワークショップではなく、僕がただただ仕事をしているのを見に来てくださいというものです。
僕は1998年頃に上京して、2年間web制作会社の別部署でアルバイトとして雑用のようなことをした後、フリーランスになりました。本当はアルバイトをやめた後はフリーターとしていろんなアルバイトをしつつ絵を描くつもりでしたが、前の職場からまわしてもらう仕事でしばらく食いつなぎ、その間に他の仕事もちょくちょく依頼が入るようになって、なんとかこの歳まで1人でやってこれました。

ずっと1人で仕事をしてきたということは、自分のやり方しかしらないということです。
たとえば同業者の飲み会などで、僕が漫画をどんな手順でどんなアプリケーションを使って描いているかという話しをするとたいてい驚かれます。誰にも怒られないので自分の得意なアプリケーションしか使わず、それでなんとか漫画を描くために独自の工夫(遠回りとも言う)を積み重ねて来てしまったからです。
でも、こういったことは他のフリーランスイラストレーターにもあることだと思うのです。独自進化を遂げてしまった自分だけのやりかた。
もちろんそれはそれで悪いことではないけれど、ときどき不安になります。ほんとうにこのやりかたでいいのだろうか。実はもっと簡単で効果的な製作方法があるのではないか…

アナログのイラストレーターには製作方法や過程を説明する雑誌や書籍があります。スクールのようなところで学び、仲間を増やすこともできる。同じデジタルでも、いわゆる「萌系」のイラストを描くイラストレータにもそういう場はあります。でも僕のようなタイプのイラストレーターにはそういう場がまだまだ少ない。

そんなときに思いついたのが、デジタルで製作しているイラストレーターを数人集めて、製作過程を説明しあうというイベントです。他人の製作方法はきっと新鮮で、参考になることも多いはず。そしてもし僕がキャリアの浅いイラストレーターなら、ぜったい見てみたい!

…といったところで僕には人脈も人を集めて仕切る力もないので、まずは1人でやってみることにしました。
もしもこれで刺激をうけてこういったイベントが増えれば、いずれは僕の見たかったイベントにつながるのでは…誰かがやってくれるのでは…という淡い期待を抱いて。

とはいえこのイベントはイラストレーターだけのためのものではありません。僕も他業種の仕事場ってどんな感じなのか覗いてみたいと思うし、「場所:#4(バショ・イノヨン)」は住宅街にあるのでふと前を通りかかった子供や年配の方が覗いてくれることも期待しています。
そして、たまたま居合わせた様々な職種や年代の人たち同士の会話を聴きながら仕事する時間を期待しています。

このイベントは展示やワークショップではありません。僕がただただ仕事をしているのを見に来てくださいというものです。
そして、トリバタケハルノブというイラストレーターをきっかけとした「場所」の提示でもあります。

-----

(誰も来なかったらただただ二日間普通に仕事して帰宅します。それはそれでいいような気もするけど、できれば来てね!!!漫画も売るしサインもするよ!!!)
| 告知 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
中村誠監督と呑んだ話
先日、脚本家で映画監督の中村誠さんと二人でお酒を呑む!という機会がありました。
(中村さんは脚本家としてもたくさんお仕事をされてますが、僕が中村さんとやりとりするようになったきっかけが劇場版チェブラーシカでしたのでタイトルでは「監督」という表記にさせていただいております)

中村さんと知り合ったキッカケは拙著「トーキョー無職日記」でした。
続編「トーキョー自立日記」の出版前、それまで書店から姿を消していた「トーキョー無職日記」が再び書店に並ぶようになり、それを中村さんがたまたま手にとってtwitterに好意的な感想を描いてくれたのです。当時の僕は自著の動きが気になってtwitterでエゴサーチしまくり。すぐさまお礼の気持を伝えるため中村さんのプロフィールを拝見すると、「監督作品:チェブラーシカ」の文字。
おお、映画監督の方が僕の本を読んでくれた!でも…はて…?チェブラーシカはロシアのアニメだったはず…(僕はチェブラーシカをはじめとする人形アニメのライトなファンです)

その後わかったことですが、チェブラーシカは2010年に27年ぶりの新作が公開されていたのです。その後DVDも発売されていました。僕は自分では人形アニメ好きのつもりでしたが、2010〜11年は私生活でいろんなことがあった時期で、外の情報にかなり疎くなってました。
その新作の監督が中村誠さんです。

失礼ながら最初は「日本人がチェブラーシカの監督?それってどうなの…」と思ってしまいました。イタいファンです。
しかしネットで当時の記事を調べると、どうやらロシア側の製作者とのやりとりがかなり密にあった様子。その他韓国のスタジオとのやりとりなど、製作にまつわる話がとにかく面白い。
すっかり興味を持ち、すぐにDVD(コレクターズ・エディション)を購入。そこにいたのは、紛れも無くチェブラーシカでした。2010年代版だから画面は明るくきれいになっているけど、だからこそ2010年代版の正当なバージョンアップ・チェブラーシカという感じです。

数十年の時間を経て、どうしてこんなにもまっとうな続編らしい続編を作ることが出来たのだろう、しかも自分と同じ日本人が。と更に興味がわき、ネットの記事をじっくり読み直し、コレクターズ・エディションについていた中村さんの手記を読みました。ネタバレは控えますが、これがすごく面白かった。感動、というか、我が身に置き換えると恐ろしくなるような体験の数々。これを読むと2010年代版チェブラーシカがチェブラーシカたる所以に納得がいきます。
(ということで、もしこの記事を読んでDVDに興味をもった方がおられたら、この手記&設定書がついたコレクターズ・エディションの購入を強くおすすめします。)


その後僕は中村さんとtwitterを通じてちょくちょくやりとりをするようになり、ついにあるキッカケで二人で呑むことになりました!


当日、興奮と緊張で最初の方は自分でなにを話したか覚えてませんが、お酒がすすんでからはただのタチの悪いファンでした。一方的な自分の感想を伝え、聞きたいことを遠慮無く聞きまくり、ノルシュテインやシュヴァルツマンなどロシアンレジェンドとの交流についてまで…
中村さんはその全てについてにこやかに答えて下さり、いち人形アニメそしてチェブラーシカファンとしてすごく楽しい夜になりました。
(たとえ一般的には売れなかったとしても、まんがの本を出しておくとときどきこんなご褒美の日が訪れる!)
 
生意気にもサインの交換までしてもらい、次回は吉祥寺でお会いしましょう!という約束をして会はお開きになりました。

事前に考えていた聞きたいこと、話したかったことはだいたい話せたけど、ひとつだけ伝え忘れました。ずっと僕といっしょにDVDを見ていた2歳半になるウチの息子、テレビや絵本にワニが出てくると、指をさして「ゲーナ!」って言います(ゲーナという生き物だと思っているらしい)。

 

上記の手記・設定書はもちろん「銀残しバージョン」がついているもすごくいい。我が家では子どもとみる時は日本語吹き替え版、僕が一人で観る時は銀残し(字幕のみ)で見ます。
-----


息子の相棒。一時期は毎晩コレで人形劇をやらされていた…。実物もすごくかわいい。しっぽと脚がついてるのも子供的にポイント高いようである。

 
| - | 04:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
田舎あられ茶漬けを食べてきました。
三重県伊勢市出身者としてデイリーポータルで田舎あられを食べてきました。
「味ごのみ」を「あられ茶漬け」風にするとエスニック料理っぽくなる - デイリーポータルZ

ライターの西村くんは上京当初からの友人です。
すれ違う女子が振り返るような長身痩躯のイケメン(…というよりは時代劇の役者みたいな感じだったかもしれない)の人だっただが、いまやすっかりいいお父さんになってしまった。体型も含め。いや、体型は僕も人のことはいえない。月日の流れは残酷である(月日のせいにする)。
 

(このキャラクターのモデルにしたひとである。フィクション多め。/トーキョー自立日記より)

結婚12年目で初めての結婚写真を撮る

この他にも西村くんの記事は面白いのでみんな読むとよいと思う。
| 日記 | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2014/02/15 漫画の連載が始まってます
芳文社さんの「本当にあった(生)ここだけの話(2/10発売3月号)」より、「トリタニハルオ」のペンネームで連載を始めました。8Pです。
 
この雑誌は読者の体験投稿を4コマ漫画にしたものが主なのですが、編集者さんからリクエストをいただき、半分は僕の実体験を元にしたエッセイ風漫画になっています。僕の担当は貧乏エピソードです。
 
ということで僕の実体験パートは「むつみ荘101号室」時代の漫画に描かなかったエピソード&ネタの使い回しになっております。
連載はおそらく3回くらいは続くのでは……と思います。




(僕の漫画は相変わらずほのぼのウダウダ系ですが、他の漫画は一部エロい内容もあるので、お子さんのいらっしゃるご家庭などは注意!)

-----
イラストの仕事をいつもどおりやりながら8P分の4コマ漫画描くって自分のスピードだと本当に大変で、というか無理で、イラストの仕事や家事の時間を減らしてそのリソースを漫画にあてるようなことになっている。時給換算すると今のところ仕事としては成り立っていない。半分趣味である。

家族にも迷惑をかけて申し訳ないのだけど、3ヶ月続ければなにか見えてくるものがあるのでは…と思っています。イラスト絵と漫画絵の切り替えとか、早く絵を仕上げるヒントとか、自分にはやっぱり漫画は無理だとか(笑)

一生勉強だー!
| 仕事_まんが | 06:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
イラストポートフォリオのサイトを作りました。
1年ほどfacebookページをイラストのwebポートフォリオとして使用していたのですが、「facebookはやってないので…」と言われることが時々あり、心にひっかかっていました。facebookページはfacebookを使っていない人も見られるのですが、分かりにくかったようです。

僕は何年か前から仕事の履歴をEvernoteにまとめていて、「これをこのまま公開できれば更新も楽だし、過去の仕事に関して問い合わせがあったときにこちらが確認するのにもいろいろと便利なんだけどなあ」と思っていたところpostach.ioという、僕の希望にバチっとハマるサービスの存在をしりました。

ということでひとまずは既にfacebookページに公開していたものばかりですが、土日を使ってちまちまとイラストのポートフォリオサイトを作りました。
今までに比べると格段に更新しやすく、これからしばらくはいろいろとイラストを追加すると思いますので、よろしければブックマークをお願いします。

http://toriharu.postach.io/
| 仕事_キャラクターイラスト | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
久しぶりに「こころ」を読んでいる
 twitterやfacebookにもメモ程度に書いたけど、先日から息子の寝かしつけ中に夏目漱石のこころを久しぶりに読んでいる。以前完読したのはいつの事だったか覚えていないけど、東京にはいたはずなので20代半ば頃ではないかと思う。(今は38歳)

「こころ」を最初に読んだのはおそらく小学校高学年〜中1くらいのときで、その頃母に「その本は良い本だから、これからもくりかえし読みなさい。一冊の本を何度も読み返すと、歳を取る毎に感じ方が変わって面白いよ」と言われたことをとてもよく覚えている。それから僕は高校時代、大学時代、上京時代と何度かこの本を読み返した。僕が守っている母の言いつけの、数少ない中の一つである。

今回読み返しながら、僕の中では「先生」が水谷豊、「静」が伊藤蘭、「私(主人公)」が松坂桃李のキャスティングで脳内再生されていた(「K」はまだ登場していない)。我ながらなかなかよいキャスティングだと思っていたけど、途中でふと、「あれ、先生はたしか意外なくらい若かったはずだ」と思い出した。以前も途中で気になって調べてみたことがあったのだ。
googleで検索すると簡単に答えは出た。先生は最期の時点で37歳であった。僕はいつのまにか先生の歳も追い抜いてしまっていた。

「こころ」の中で、先生は三十代半ば、主人公は20代前半である。今で言えば会社の先輩後輩くらいの年齢差ではないだろうか。
先生が最期を迎えることになる「37歳」の有名人を調べてみると、俳優ではオダギリ・ジョーや浜田学、伊勢谷友介、お笑いではアンタッチャブルの山崎弘也やアンガールズの田中卓志など、まだ中堅といわれるような年齢だ。ただこれが力士やスポーツ選手になると千代大海や栃東、高見盛、城島健司や赤星憲広など、既に引退していたり、現役であってもピークを過ぎていたりベテランと称されている人が多く、昔は社会的な年齢と生き物としての歳の重ね方がフィットしていたんだなあと感じる。

母の言葉通り、僕の「こころ」は年齢を重ねたことによってまた違うものになっていた。
出てくる東京の地名もだいたいわかるし、登場人物の心の機微の感じ方ももちろん以前とは変わってきている。なにより前回(20代前半のころ)おそらく「私」の立場で「先生」の物語を読んでいたものが、今は「先生」の立場で「私」の物語を読んでいる。
そして思い当たったのは、僕がはじめて「こころ」を読んだ時の母の年齢だ。その頃の僕が中1、13歳だとすれば、母もそのとき37歳だったはずである(!)。

もうひとつ、今回の「こころ」は、iphoneのKindleアプリで読んでいる。画面を白黒反転すると、眠りかけた子供の気に障らず電気を消した部屋でも読める。最初に読んだときはおろか、前回読んだ時ですら想像しなかった未来に自分はいる。

次回読み返すときは、どんな媒体でこの本を読むだろうか。
そしてこの話を僕はいつか息子に伝えられるだろうか。
| 読んだ本 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2013/07/01 電子書籍のお陰で
 昨日は打ち合わせが2本あって、普段ほとんど外出しない自分としてはなかなかハードな一日だった。

最近はだいたい夜の20時には布団に入っている。子供の寝かしつけを担当しているからだ。子供が寝たら(だいたいそのまま子どもと一緒に寝室で寝てしまうんだけど、その場合は途中で起きて)自分の布団が敷いてある和室に移動する。
朝は3時くらいに起きる。異常に早起きなようだけど、これで6〜7時間は眠れていることになる。もともと朝方だし、ちゃんとまとまった睡眠時間を確保できるようになって体の調子も良くなった気がする。夕食時に少しビールを飲んでしまったりすると6時くらいまで寝てしまって、6時に起きているのにダメ人間感があって面白い。
昨日の朝はまさにダメ人間で、前日妻の実家のある栃木県から帰京した疲れもあり、6時に起きてちょっと仕事をして、午後から打ち合わせに出たのだった。仕事は打ち合わせから戻った17時で閉めたが、行動時間はけっこう長くて、夜中まで起きていた頃とあまり変わらない。

この生活でもう一つ良いのは、読書の時間ができたことだ。子供が寝付くまでもしくは自分が寝落ちするまで、iphoneで本を読んでいる。
kindleアプリで電子書籍を読むか、ibookでepub化した水道橋博士のメルマ旬報を読む。
僕が思う電子書籍の良いところは、電気を消した部屋で読めることだ。白黒反転すれば明るさはかなり抑えられるので、寝ようとしている子供の気も散らない。

電子書籍のおかげで、僕の生活に読書の時間が戻ってきた。あとは品揃えが紙と遜色ないものになってくれればよいのだけど、それにはまだまだ時間がかかりそうで、子供が大きくなって寝かしつけのお役御免になるのが先かもしれない。

| - | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2013/05/27 打ち合わせと本とCD
今日は久しぶりに外にでて打ち合わせだった。4〜5年ぶりにおじゃまする会社。また仕事がもらえてありがたい。皆さん優しくしてくれたので、なんだか久しぶりに友達に会ったような気分になってしまって取り留めもないことをだらだらと話しそうになるのをがんばって抑えた。

帰りに本屋によるとちょっとした出来事があって、打ちひしがれて外に出た。いろんなところに迷惑をかけっぱなしだ。僕の絵を書くスピードが遅いのが全て悪いのだが…どうにもできない。東西線の中「一生懸命、やってるんですけどねッ」という田中真紀子の声が脳内で再生される。一生懸命やるのはみんなやっているのだ。取り組みかたが間違っているんだろう。頭が悪いというのはそういうことだ。

帰宅すると朝amazonに注文したRCサクセションの「悲しいことばっかり」と「文藝別冊総特集忌野清志郎」が届いていてた。CDを聴こうとして、僕のMacにはディスクドライブがついていないことを思い出した。リモートディスクの設定が面倒だったので、CDは後回しにしてムックの方を読んだ。リンコさんのインタビューが読みたくて買ったのだった。切なくて温かい気持ちになった。

いつもどおり家族で夕食を食べ、息子を風呂に入れ、少し仕事をして今この日記を書いている。CDは明日の朝仕事をしながら聴くことにした。毎日3〜4時に起きて妻と息子が起きてくるまで仕事する。初期のRCサクセションを聴くにはたぶんぴったりの時間だ。
| 日記 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2013/05/26 RCサクセションが聞こえる
今日は自分がある時期集中して聴いていた音楽をyoutubeでたくさん聴いた。
ある時期強烈にハマってライブにも通ったバンド、ライブに行くほどではなかったけどずっと好んで聴いたCD、自分が存在しなかった時代に憧れて聴いたCD、いろんな好きの形があるものだと思った。

そして僕の場合、最後はRCサクセションに落ち着く。

忌野清志郎が亡くなって、TVではたくさんの追悼番組や出演番組の再放送が流れた。書籍では特集を組んだムックが発売されたり以前の著作が再発売されたりした。当初はそれを追いかけていたが、やがてやめてしまった。番組を見たり、商品が届いた時のうれしさと、その後どうしても確認することになる「清志郎はもうこの世にいない」という事実のギャップが苦しくなってきたのだ。

でも、その後もムックやCD、DVDはたくさん出続けていた。
RCを聴くうちにRCメンバーのその後の情報が気になりだし、ネットで調べるうちにamazonで「悲しいことばっかり」を見つけた。こんなすごいものが出ていたのか、もしかすると他にも知らなかったすごいものが、と思うと止まらなかった。自分にまだこんなに物欲が…と驚いてしまった。

とりあえず上記の「悲しいことばっかり」と、下の2つはぜひ欲しい。どっかにお金落ちてないだろうか…。



余談。
僕は息子の名前を清志郎の本名から「清志」にしようとかなり本気で考え、妻の了解も得ていた。結局画数の都合で別の名前にすることになったが、その後「痛快!ビッグダディ」の父が「清志」という名前だと知り、しなくてよかったーと心から思った。
僕の上京当時の思い出の曲「さすらい(奥田民生)」は、世間的にすっかり「ビッグダディ」のテーマ曲のイメージになってしまったし、まったくろくな番組じゃない!(見たこと無いけど!)

| 日記 | 20:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
400ドット
2013/05/25 ラーメンを食べた
昼、妻が友達と食事をするというので、僕はそのまえに外食することになった。
子供ができてから「こんなことが起こるのか・できなくなるのか」という驚きの連続だけど、そのひとつに外食がある。自宅で仕事をしている僕は外食をすることがほとんどなくなった。妻との外食は全くなくなった。
だから妻が友人と食事をする日が数少ない外食チャンスだ。僕はラーメンが好きなので、そいういうときはほとんどラーメンを食べにいく。蕎麦とか和定食とか、他にも食べたいものもあるのだけど、月に一度あるかないかの機会なのでどうしても心のランキング1位の場所に足が向くことになる。

以前、三鷹には「江ぐち」というラーメン屋さんがあった。
久住昌之先生の「小説 中華そば江ぐち」で有名な店だった。
といっても食べログなどでたくさんの星を獲得するようなタイプの名店ではなかった。雑居ビルの地下にあるカウンターだけの古い店で、出てくるラーメンは醤油ラーメンだけ(ワンタンやチャーシューなどのトッピングはある)。昨今ブームのラーメン屋さんのようなこだわりの一杯!というわけでもなく、化学調味料は普通に入っているし、ひとつの鍋でラーメンもワンタンも、割った卵まで茹でてしまう。日によって味が濃かったり薄かったり、もしかして今日は出汁が入ってないんじゃないか?という日もあった。

でも僕はこの店のファンになった。多くの人たちでいつもお店は繁盛していた。有名店ということで遠方から足を運ぶラーメンファンもいたのだろうけど、その多くは「普通の中華そば」にがっかりして帰っていったのではないか。ほとんどは地元の常連のようだった。
愛された理由は僕のような新参ファンには一口で言えない。近所にあるとかずっと昔から食べているとか店主の個人的な知り合いだとか、店に足を運ぶ人それぞれにそれぞれの理由があったと思う。
僕の場合は久住先生の本をきっかけに、子供の頃好きだった近所のうどんやで食べる中華そばに味が似ていたこと。家が近かったこと。そして麺の茹で方やスープの味が安定した日の一杯がほんとうに美味しくて、またその日になかなか当たらなかったことだ。
こういうそれぞれの理由や思い入れは共有できないので、星の数で評価できない。でも、星の数で評価できないけどいつも賑わっている店の良さに触れられるのはとても幸せなことだと僕は思う。

そんな江ぐちが数年前に閉店してしまった。理由はいくつかあってインターネットニュースの記事にもなったが、詳しいことは忘れてしまった。僕は行かなかったが、閉店のときにはたくさんの常連、ファンが列を作ったそうだ。

数カ月後、中華そば江ぐちは、中華そばみたかとして復活した。店主が店をたたむ少し前からお店を手伝っていた若い男性が味を引き継いたということだった。
開店からしばらくして僕も食べに行ったところ、ほとんど以前と変わらないままの「江ぐち」のラーメンだった。しかも以前はなかなか出会えなかった「当たりの日」の江ぐちの味だった。2回め、3回めと足を運んだが、味はいつも「当たりの日」で、そうして僕にもようやく「江ぐち」が本当になくなってしまったことが実感としてわかった。

寂しい気持ちになったが、僕はすぐに「みたか」のファンになった。なくなってしまった味についていくら考えた所で、同じラーメンが食べられるわけではない。なにより「みたか」のラーメンは美味しい。近所にあってうれしい、明日も食べたくなるタイプの気安い美味しさだ。ここに「江ぐち感」が生きていると思っている。今日のラーメンもおいしかった。できれば明日も食べたい。でも小さな子どもが家にいるうちはなかなかかなわないことである。

「ひさしぶりにみたかでラーメンを食べた」というだけの日記を書くつもりが長くなってしまった。


| 日記 | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2013/05/23 異常なしだった
今日は大腸の内視鏡検査があった。結果は異常なしでホッとした。
あれだけ苦しんで異常なしなのかーと思わないでもなかったが、どう考えても異常なしのほうが良い。
おそらくストレスとか疲れとかで起こった一過性のものだったようだ。散歩とか筋トレとか、本気で考えないといけないな。あと仕事のペース配分も。

食事制限は思ったよりつらくなかったが、当日の下剤が問題だった。
朝起きたら持病の偏頭痛が起こっていて、絶望的な気分になった。検査日は絶食が決まりなので、頭痛薬を飲んでいいのかどうかわからない。頭痛にのたうちまわりながら下剤(2リットルの液体)を2時間かけて飲む…はずが、半分飲んだ所で吐いてしまった。体に合わなかったのが、頭痛のせいかわからないが、途中で吐いてしまうひとはけっこういるそうだ。

病院に電話するとすぐ来てくださいということだったので、ふらふらしながら歩いて病院に行った。飲みやすい下剤に変えてくれた。なにより助かったのは頭痛薬を飲んでもよいということだった。いつもの頭痛薬を飲んで痛みが収まり、下剤もこんどのものは随分飲みやすい。飲みやすいかわりに先にもらったものより効き目が薄いということだったが、僕にはちゃんと効いた。
その後数時間、検査まで家に帰れなくなったのは計算外だったけど、ともかくいろいろあったものの無事検査は終わった。

そういえば偏頭痛も子供の頃からひどくて、母といっしょに何度か病院に検査を受けに行ったが、異常なしということだった。人間の体はわからない。

| 日記 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
最近買った雑誌とかマンガとか
ブログを更新すると自動的に記事がEvernoteに保存されるようにしたら、更新モチベーションが復活しました。
 最近は仕事報告が主になっていましたが、日常的なことももう少し記録していけるといいな〜と思います。
とりあえず最近買った雑誌とかマンガとかをずらずらっと。 

----- 


僕も妻もロンドンオリンピックにはあまり興味がなくて、競技はほとんど見なかったのだけど、イギリスという国自体はお互い大好き(新婚旅行もイギリス→フランスだった)なので、開会式と閉会式は中継とその録画をガン見しました。
そしたら二人ともまんまとまたイギリスに行きたくなってしまって…とはいえもう小さい子供がいるので、今度いけるのは早くても10年後くらいだよな〜でも行きたい〜…と身もだえしている今日この頃です。
募る思いをビートルズを聴くことでごまかそうとしていたら先日買った漫画の影響もあって僕の中でビートルズブームがやってきてしまい、買おうかどうか迷っていたPenを買いました。 メンバーのジュニアの近況(リンゴの息子は閉会式に登場してましたね)とか面白い特集もあって読み応えがありました。

 -----


 


同時期にやっていた「世界ふしぎ発見」がベルギーの猫祭り特集で、ベルギーを代表するキャラクター「タンタン」も取り上げられていました。
僕はタンタンのマニアというわけではないけれど、古本屋に行くと必ず絵本のコーナーでタンタンが売られていないかチェックします。古本屋での偶然の出会いで全巻そろえるのが目的なので、売り上げには全く貢献しない微妙なファンです。
世界ふしぎ発見を見たことで、ちょっと前にタンタンのCG映画が公開されたとき、CG映画自体にはあまり興味が持てなかったけど、それに併せて雑誌やDVDがけっこう出てたよな〜と思いだしamazonで検索。
面白そうなムック2冊を購入しました。

 -----

   

   

 あとはいつも買ってる漫画の新刊。 

----- 
久しぶりに雑誌やマンガをたくさん買ってホクホクしつつ、とはいえいつ読めるのか?と思っていましたが、明日から妻と息子と3人で妻の実家の方に帰省するので、義実家でごろごろさせてもらいながらじっくり楽しみたいと思います。ヤッター。 

↓あと例の雑誌もまだ全部読み切れてないので、こちらもじっくり…

 
| 日記 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
三浦投手150勝おめでとうございます
僕は最近テレビで野球が観られなくなったこともあり、特にひいきの球団がなくなってしまい「プロ野球ファン」という感じですが(以前は中日ファン)、好きな選手はたくさんいます。
横浜DeNAの三浦投手もその1人。
こういう発言を見聞きすると好きにならずにいられません!


ということでむかし仕事で描いてボツったイラストを思い出したのでアップしておきます。


-----
おまけ
今はもうベイスターズにいなくなってしまった人たち。





| 日記 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
日本体育大学/体育学部案内/2013
2013年度版の日本体育大学体育学部の学部案内にイラストを描かせていただきました。

表紙(拡大しません)

コーナー見開き表紙(クリックで拡大します)

日体大を目指す様々なキャラクターの高校生(イラスト)と、先輩が対談するという内容です。(クリックで拡大します)

キャラクターの別ポーズ(クリックで拡大します)





-----
以上です。
その他のカットは後日Facebookページのほうにアップする予定です。
| 仕事_キャラクターイラスト | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
2009年に描いた女子中学生と2011年に描いた女子中学生の絵
先日Facebookページに 2009年/進研ゼミ中1MYSTILE「友達の仲がグッと深まる〜」のイラストをアップロードしました。

Facebookページにイラストをアップするという目的ができたので、このごろ昔の仕事イラストを見返したりしています。
同じようなイラストでもその時々で自分の心の中でブームみたいなものがあって、新しいことをやろうとして気合いを入れたモノほど後になって見返すのが恥ずかしいようなモノが多い。まあ、そうやってあっち行ったりこっち行ったりして表現の幅が広がったりするのだろうけど。

今回アップした絵も、久しぶりに見て「へー、こんな絵を描いていたのか」とちょっとした驚きがありました。漫画系の依頼が増えたこともあり、最近はもう少しコミカルな感じで描いてますが、このときは「とにかく可愛く!」という気分だったようです。

同じような感じで今描くとこんなかなー…

| メモ | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
仕事絵/戦国武将占い
 iPhoneアプリ「戦国武将占い」がこのところitunesストアのライフスタイル部門で1位をキープしているようで、キャラクター制作でかかわったものとしても嬉しい限りです。買っていただいたみなさんありがとうございます。
発売されて一ヶ月過ぎましたので、イラストの一部をこちらのポートフォリオにも追加したいと思います。

----
織田信長
やっぱり一番すきな武将です。


-----
伊達政宗
戦国武将占いのアイコンは伊達政宗です。なぜ?と思いましたが、眼帯と兜の形ですぐ誰だかわかるからなのでしょう。


-----
今川義元
戦国武将占いは生年月日と氏名で占いますが、「トリバタケハルノブ」で入れると結果はこの人になります。(漢字にすると別の武将になります。プライベートと仕事で人格変わるんかな)


-----
武田信玄
うまく描けたなーと自画自賛その1。


-----
小早川秀秋
上手く描けたなーと自画自賛その2


-----
各キャラクターのルックスや表情は、占いの結果からイメージして描きました。そのため史実よりも一般的に知られたフィクションのイメージを強調しているものもあり、日本史に詳しい方には歯痒いものもあると思いますが、ご容赦ください。

残り17名はアプリを購入してお楽しみいただければ幸いです。

戦国武将占い - CAMIYU Inc.

| 仕事_キャラクターイラスト | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
妻の描いたすごろく
昨年末の話です。

僕が風呂から上がると、某所からいただいた2011年のカレンダーに梱包材としてついていた厚紙に、妻がサインペンですごろくを描いていた。ヒマだったのだと思う。


この猫たちは妻が自分のブログで描いている「ミーコさん」というマンガのキャラクターなのだけど、ブログに描いていることは彼女の頭の中にあることのごくごく一部のようだ。
たまに気が向いて「あの猫とあの猫はどういう関係なの?」などと聞くと、いつのまにそんなことを考えているんだろうというようなかなり細かい設定の話をしてくれる。彼女の頭の中で、猫的平行世界はどこまでも広がっているらしい。

「こういうのはちゃんとした紙に書いてスキャンするとかさ、イラストやマンガとして発表する前提でちゃんと下描きから描いてさ、Photoshopで色付けてさ…」と常々言っているのだけど、妻はあんまり聞く耳をもってくれなくて、あいかわらず自分の気が向いたときにだけ僕がラフをかいたコピー用紙の裏や、捨ててしまう包装紙の裏なんかに、誰に見せるでもない猫の絵を描き続けている。

普段仕事以外で絵を描かない僕にとってはなんだかもったいないような気がして、そういう紙切れをほとんど切り抜いて保存している。

今回はカレンダー梱包用のボール紙ということで、スキャンするには紙が大きすぎるし、折り曲げることもできない。切り抜こうにも一枚絵だ。仕方がないのでiphoneのカメラを使い、JotNot Proというアプリケーションでスキャニング的な加工をしてヒトコマずつEVERNOTEに保存することした。

前起きが長くなりましたが、せっかくネットに発表しやすい形式に保存できたので、このブログをご覧のみなさまにもお伝えしたいと思います。

スタートである。


うめちゃんにはおじさんがいる。


えぞにゃんは学生時代、甘味同好会でミケちゃんの後輩だった。


うちにもこういう人がいる。




こういうおじさんにならないように気を付けたい。


ミケちゃんは優等生である。


お姉ちゃん。


ミーコさんの仕事は文筆業らしい。


うめちゃん。


ミーコさんの稼ぎでうめちゃんとミケちゃんは暮らしている(学生なので)


えぞにゃんはメインクーンなのでおおきい。


ミーコさんはおしゃれ。


優等生である。


再びお姉ちゃん。


ときどき僕もやる。


勉強ができると悩みも多いらしい


うめちゃんもたまにはやる。


こういうおじさんには…


稼ぎ頭の危機である。


フォローもフォロワーも多そうなタイプである。


ミケちゃんが正しい


よかった。


ゴール。


全体像である。クリックすると拡大します。

以上です。最後まで見ていただいた方、ありがとうございました。

| 日記 | 18:13 | comments(4) | trackbacks(0) |
400ドット
ベネッセ受験講座・入試攻略本2009年8月号マンガ
2009年度から進研ゼミ大学受験講座のキャラクターを担当しています。
特集によって毎月様々なカットを描いているので、ポートフォリオとしてときどきこのブログにも載せていこうと思います。

以下は2009年の8月号に掲載されたマンガの一部です。
2年前の絵はちょっと恥ずかしいなー。

 

以下画像をクリックすると大きくなります。
-----
1ページめ


-----
2ページめ


-----
3ページめ


-----
4ページめ


-----
その後いろいろあって最終ページです。



| 仕事_まんが | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
美容室UPSY DAISYのカード
毎年夏と年末に描いている原宿の美容室UPSY DAISYのカード。
前回に引き続き、今回も手書きタッチで描いてみました。

2011年から定休日無しで営業すると言うことで、今回はイラストより文字が目立つよう心がけました。
しかし定休日無しってすごいなー。スタッフのみなさん頑張ってください。

店長のブログもテキトーな感じで面白くて、僕は更新を楽しみにしてます。
僕のブログを見てくれてる人と客層が被ってるかどうかは分からないんですが、サイトを見たりブログを読んで気になった方は行ってみてください。

(クリックすると少し大きくなります)
| 仕事_その他のタッチ | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
アップシーデイジー残暑見舞いカード
毎年夏と冬に書いている美容室アップシーデイジーのカード。
毎回特に指示がないので好き勝手やらせてもらってて、今回はillustratorを使わずに描きました。手描きの線を仕事のイラストで使うのは初めてかもしれない。
色遣いも普段使わないような明るい色を使ってみました。
キャラクターは毎回スタッフの似顔絵になっています。
(クリックすると少し大きくなります)

 
| 仕事_その他のタッチ | 23:44 | comments(3) | trackbacks(0) |
400ドット
2007年年賀状
2007年年賀状素材集ムックのために制作した年賀状です。年賀状として使いやすかったかどうかはわかりませんが、セリフのないミニ漫画はまた描いてみたいです。(画像をクリックすると少し大きくなります)





| 仕事_まんが | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
20100427日記
 5:30起床。朝風呂。むつみ荘描く。朝食はうどん。雨。
午前中は展示で配ったツマ制作の漫画の増刷と、自分のファイル制作。思ったより手間取り午後まで。

昼食食べそびれ、14時家を出て渋谷で打ち合わせ。IT系の会社。場所のこともあり12年前のバイト先を思い出す。図らずもむつみ荘101号室のいい取材になった。このビルの中だけはネットバブルが消えずに残っているようだ。ビットバレーとか懐かしい語彙が頭に浮かぶ。今日打ち合わせに呼んでくれたデザイナーさんと、近況とか、最近の格闘技の話とか。
デザイナーさんに今回使うかもしれないフラッシュデータのやりとりのしかたを聞いているときに社長に缶コーヒーをもらった。トーキョー無職日記そのままのシーンだけど、違うのはその社長が自分と同い年ということ…。

三鷹駅でツマと待ち合わせ、大戸屋で食事。腹が減りすぎて頭がおかしくなりそうだった。
バスで帰宅するととなりの部屋に救急車が来ていた。気になるものの「どうしたんですか」と聞くわけにも行かず、ツマと「心配だね…」というのみ。
体冷え切ってしまってツカレタのでベッドで仮眠…のはずが本気寝。
| 日記 | 04:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
土曜日はグループ展クロージングパーティー。日曜日は最終日
 明日はグループ展「まんが・モード」のクロージングパーティーです。
外苑前のギャラリーダズル(東京都港区北青山2-12-20)です。
パーティーは17時からですが、僕は昼過ぎからギャラリーにいようと思います。
天気も良さそうだし、ゼヒ外出ついでに遊びに来てください。
僕らのユニットではツマの描いたまんが冊子を無料配布しておりますよー。

日曜日は最終日で、搬出のため17時で終了です。
日曜日もギャラリーにいるつもりなので、遊びにきてくださいねー。

いよいよ最終日が近いということで、グループ展ブログに連載していたまんがをここにも貼り付けておきます。レッツまとめ読み。クリックするとおおきな画像になるぞ。
これを読めば僕らの展示が二倍楽しめるかもしれない!楽しめないかもしれない…!






ではギャラリーダズルでお待ちしております。
| メモ | 23:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
400ドット
3月読んだ本まとめ
 3月読んだ本のまとめ。少ないなー。

2010年3月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1858ページ

■ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice)
期待しすぎた。面白そうな刺激的なことは書いてあったと思うけど。
読了日:03月30日 著者:ゴードン ベル,ジム ゲメル


■レバレッジ勉強法
ライフハック系の本は読むと仕事のテンションが上がるのでけっこう読む。
読了日:03月30日 著者:本田 直之


■三国志 (1) (希望コミックス (16))
なぜ三国志が好きな人がこんなに多いのかと5年ほど前に一度読んだがわからなかったのでもう一度挑戦。もともと古本で買ったものなので、一日一冊バラして電子化しつつ読む。
…と記録したのが3/20。以降一冊も読めず。
読了日:03月20日 著者:横山 光輝


■アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)
ビジネス書なんだろうけど、絵を描くのも料理するのもアイデア。生活が楽しくなる良書。
読了日:03月20日 著者:加藤 昌治


■マンガ入門 (講談社現代新書)
ベタとシュールについての考察、アートの定義、作家としての自分をマネジメントするという考え方について描かれている箇所はとくに面白かった。
読了日:03月11日 著者:しりあがり 寿


■落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)
自分が何故落語に惹かれるのか、この本を読んでとてもよく分かった。
読了日:03月11日 著者:堀井 憲一郎


■ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン
イラストを描くものとして現実的に参考になることがたくさんあった。既に自分で行っていることもあったけど、ちゃんと方法論として確立されているので、今後の作業がよりクリアになりそう。線について僕ももう少し考えてみたい。世界を観るヒントとしても良書。
読了日:03月06日 著者:寄藤文平


■スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉 (青春新書INTELLIGENCE)
ジョン・スカリーに言った言葉が好き。
読了日:03月03日 著者:林 信行

| 読んだ本 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
グループ展のブログ
4月20日(火)〜 4月25日(日)まで、外苑前のギャラリーDAZZLEで行われる「まんが・モード」というグループ展に参加します。



ギャラリーのURLです。
http://bit.ly/1anza2
「Home」を下までスクロールすると地図があります。)
一応住所も
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20 #101

開催まで残すところあと一ヶ月ということで、ブログができました。
参加者が各曜日を担当します。僕は月曜日の担当です。是非チェックしてください!
http://manga-mode.seesaa.net/

今回は妻とのユニット「トリバタケハルノブ+フジモト」名義での参加になります。
どんなものができるか、お楽しみに〜。
| メモ | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
20100314日記
 7時起床。iphoneに仕事歴ファイルを入れておくと、ちょっとした打ち合わせとか自分はこんな仕事をしてます的な話をするときにいいんじゃないかなあと妄想。evernoteに入れておくとか、電波ないときでも観られるように、PDF形式で取り込んでおくとかいろいろ考える。

午前中scansnapと裁断機がamazonから届く。ここ数週間買おうか買うまいか迷ってついにポチってしまった。届いて使ってみて解ったことは、我が家には必要のないモノであったということだ。裁断機場所取りすぎ。ただしオモチャとしてはとても楽しい。あと「買おうか買うまいかの呪い」から解放されたのはよかった。
時間作れたらマンガでレポート書きたい。

昼食はベーコンと菜の花の豆乳パスタ作って食べる。
外出。横浜BLITZにてエレ片フェス2010。ノーナリーブスと□□□がよかった。生いというせいこうが観られただけでも幸せだ。危険日チャレンジガールズは昨年のような気持ち悪い女装を期待していたけど、おしゃれっぽくなっていて若干残念。お笑いのユニットにミュージシャンが参加したというよりもミュージシャンのユニットにお笑いが参加した風。こんないい曲をあんなバカな格好で!っていうギャップが観たかったな〜。普通にかっこいいパフォーマンスだった。

横浜駅でカツ食べて帰宅。
久しぶりのオールスタンディングの会場で、腰痛爆発。老いた。
フロ入らず寝る。
| 日記 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
リクルートSUMO/2010年1/19号
sumoマンガ

2010年最初の仕事でした。
特集のトップにマンガを1P、その後マンガのキャラを使って記事の内容を説明するという構成でした。描いていて楽しかった仕事です。カットの方はまたいずれ…。
| 仕事_まんが | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
地主神社キャラ占い/キャラクターデザイン(2007年12月)

京都の地主神社のサイトにある、占いコーナーのイラストを担当しました。
お話をいただいたときは神社のサイト?と意外に思いましたが、充実した内容の楽しいサイトです。占いのコーナーにはキャラ占いの他にもいろいろな占いがあります。
 
京都には仕事や旅行でフリーになってから毎年行っていましたが、2009年ははじめて一度も行きませんでした。求む!京都での打ち合わせ!
続きを読む >>
| 仕事_キャラクターイラスト | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |