近況
・約2年間半漫画家生活をしておりましたが、11月以降またイラスト業に力いれていきまーす。なにかありましたらよろしくおねがいいたします。
・りょくち真太先生の「戦国ベースボール」シリーズ 第13弾! 戦国ベースボール たちはだかる世界の壁! vsワールドヒーローズ!! (集英社みらい文庫) が 集英社みらい文庫より発売中。表紙と挿絵など担当しております。戦国武将VS世界史の偉人たち!ナポレオン、ダヴィンチ、ジャンヌ・ダルク…小学生のみなさん、とにかく名前だけでも覚えて帰ってください!
・拙作「トーキョー無職日記」「トーキョー自立日記」の電子版が配信中です。
 ・kindle版
 ・iBooks版
 ・ebookjapan版
 ・kinoppy版
 ・kobo版

となっております。よろしくお願いいたします!
170ドット
連載中!
BS日テレで毎週金曜日20時から放送中の「ぶらぶら美術・博物館」のサイトにて、まとめイラストを担当させていただいております。
毎週放送終了後にイラストが更新されます。 2018年12月05日放送/ 291回/ “王の画家にして、画家の王”「ルーベンス」展〜バロックの巨匠のドラマティック名画と明治時代の音楽ホール・奏楽堂〜の放送分はこちらです。

集英社の最強ジャンプにて「戦国ベースボール」が遂に連載漫画化!作画は若松浩先生。トリバタケはキャラクター原案としてクレジットしていただいております。自分の考えたキャラクターが躍動してるのは感動!漫画オリジナルの展開もあったりして面白いですよ〜。
現在集英社の最強ジャンプのサイトで連載の冒頭部分が試し読みできます!
170ドット
朝日新聞出版の「月刊ジュニアエラ」にて、2P見開きのイラスト連載「のぞき見探偵が行く!!」を連載中。みるお、のぞみ、ききたの三人がいろんな現場をのぞき見してレポートします。第19回は青海の体験型英語学習施設TOKYO GLOBAL GATEWAYをのぞき見!

170ドット
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

集英社グランドジャンププレミアムで隔月連載してきた「酒場」がついに単行本化!面白いのでぜったい買って下さい!
RECOMMEND
戦国ベースボール たちはだかる世界の壁! vsワールドヒーローズ!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール たちはだかる世界の壁! vsワールドヒーローズ!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太,トリバタケ ハルノブ
地獄甲子園トーナメントもいよいよ準決勝! 次なる相手は、なんと"世界代表"! ? フランスの英雄・ナポレオン率いるワールドヒーローズが、戦国のカリスマ・織田信長の桶狭間ファルコンズと激突! !
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

地獄甲子園編もついに準々決勝! 対戦相手は、優勝候補・水戸ナットーメンを大差で破った新撰組ガーディアンズ! そんな強敵を前に、虎太郎にはある重大な使命が課せられた・・・! ! ? どうなる虎太郎! ?
RECOMMEND
戦国ベースボール 1 (ジャンプコミックス)
戦国ベースボール 1 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
若松 浩
最強ジャンプで連載中の漫画版「戦国ベースボール」が遂に単行本化!原作の展開を踏襲しながら漫画独自の展開やギャグもあり、王道の少年漫画で嬉しくなっちゃいます。
原作ファンの方も漫画ファンの方も、戦国ベースボール読んだことない方もぜひ買いましょう!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

白熱の地獄甲子園・3回戦の相手は、日光ショーグンズ! "生まれながらの将軍"家光、"犬公方"綱吉、"暴れん坊"吉宗など、個性豊かな徳川将軍家チームに、虎太郎たちは大苦戦! どうなる虎太郎! ?
RECOMMEND
戦国ベースボール 忍者軍団参上! vs琵琶湖シュリケンズ (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 忍者軍団参上! vs琵琶湖シュリケンズ (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
猿飛佐助、霧隠才蔵、服部半蔵、風魔小太郎など・・・。闇の仕事人・忍者たちが光の支配者・武将に挑む。最強vs最速、武将と忍者の頂上決戦! 地獄甲子園2回戦プレイボール! 記念すべきシリーズ第10弾!
RECOMMEND
戦国ベースボール 開幕! 地獄甲子園vs武蔵&小次郎 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 開幕! 地獄甲子園vs武蔵&小次郎 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
ついに、地獄甲子園が開幕した! 優勝者には、「歴史を自由に変えられる権利」があたえられるという。優勝めざして全国から51チー51チームが参戦! 1回戦は、武蔵&小次郎ひきいる巌流島ソードマスターズ
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 4 決勝! 信長vs呂布 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 4 決勝! 信長vs呂布 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
ついにトーナメント決勝!三国志最強・呂布を前に戦国武将の間で敗戦ムードがただよう。しかし、あきらめない男が一人。男の名は、織田信長。チーム最大のピンチに信長はイチかバチか虎太郎を“主将”に任命。すべてを虎太郎にたくすが…!?
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 3 赤壁の地獄キャンプ (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 3 赤壁の地獄キャンプ (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
トーナメント決勝戦を前に赤壁で地獄キャンプ合宿をすることになった戦国武将たち! 信長が各選手に課したトレーニング目標を全員クリアできるのか! ? 7人の助っ人侍コーチも登場し、珍トレ次々勃発!
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 2 諸葛亮のワナ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 2 諸葛亮のワナ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
2016/7/22発売!

「蜀ファイブタイガースの投手・劉備、捕手・諸葛亮に大苦戦する中、あの男が試合を決める一打を・・・! ! ! 戦国ベースボール史上最強選手・呂布も登場し、ますます見逃せない三国志トーナメント編第2弾!」

2ヶ月連続発売の2冊目!是非是非。
RECOMMEND
戦国ベースボール 三国志トーナメント編  1信長、世界へ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 三国志トーナメント編 1信長、世界へ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
6/24発売!

「百年に一度の伝説の大会、地獄三国志トーナメントに桶狭間ナインが出場! 圧倒的な強さの三国志チーム相手に勝利できるか! ?」
熱笑! ! 戦国ベースボール第5弾! !

「コミカライズ」&「2ヵ月連続刊行」 と勢いづいております。よろしくお願いいたします。
RECOMMEND
戦国ベースボール 最強コンビ義経&弁慶! 信長vs鎌倉将軍! ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 最強コンビ義経&弁慶! 信長vs鎌倉将軍! ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
3/4発売!

「地獄京都で修学旅行中の「桶狭間ファルコンズ」。地獄界No.1イケメン武将・源義経や武蔵坊弁慶ひきいる鎌倉軍と対決!! 本能寺を嫌って京都に来なかった信長がまさかの試合欠場!? そんな中、独眼竜・伊達政宗が…!? 人気爆発シリーズ第4弾!(以上・集英社みらい文庫より)。

今回も読まないとなんのことだかわかりません!
RECOMMEND
戦国ベースボール 卑弥呼の挑戦状!  信長vs聖徳太子! ! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 卑弥呼の挑戦状! 信長vs聖徳太子! ! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
12/4発売!
織田信長率いる桶狭間ファルコンズ、今回は舞台を天国に移し前方後円スタジアムで卑弥呼&聖徳太子率いる古代サンライズと戦います!自分でもナニを言っているのかわかりません!
RECOMMEND
戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 龍馬がくる!信長vs幕末志士!! (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
9/4発売!「戦国ベースボール 信長の野球」の続編です。小学生中級以上のお子様をお持ちの親御さん方、どうかひとつ!!

10/12,FMヨコハマ「books A to Z」にて戦国ベースボールをご紹介いただきました
RECOMMEND
戦国ベースボール 信長の野球 (集英社みらい文庫)
戦国ベースボール 信長の野球 (集英社みらい文庫) (JUGEMレビュー »)
りょくち 真太
小学校中級以上むけの児童文庫です。表紙まわりと挿絵のイラストを担当しました。

「小6の天才野球少年、山田虎太郎が地獄で織田信長ひきいるサムライ野球チームに入団!!」

というぶっ飛んだ設定。楽しく読めて読後は日本史への興味が広がります。お子様に是非!!
RECOMMEND
トーキョー自立日記
トーキョー自立日記 (JUGEMレビュー »)
トリバタケハルノブ
トーキョー自立日記の続編。主人公のその後的な描き下ろし読み切り25ページ(4コマじゃない)がついておりますよー。買って〜。
kindle版はこちら
iBooks版はこちら
RECOMMEND
トーキョー無職日記
トーキョー無職日記 (JUGEMレビュー »)
トリバタケ ハルノブ
飛鳥新社より発売中。
ひきこもり大学生→バイト時代の体験をもとにした4コマ漫画をブログ連載してたら書籍になりました。ラッキー。買ってくだされ。
kindle版はこちら
iBooks版はこちら
RECOMMEND
一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代 ([バラエティ])
一番やさしい ビジュアルでわかる 完全図解 戦国時代 ([バラエティ]) (JUGEMレビュー »)

いつものミニキャラ提供に加え、足利義輝など4名を新たに書き下ろしました。
応仁の乱からはじまる戦国時代のトピックが網羅されてます。時代ごとの勢力地図や地域別年表は眺めてるだけで楽しいですよ。
RECOMMEND
小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本の歴史人物事典
小学生おもしろ学習シリーズ まんが日本の歴史人物事典 (JUGEMレビュー »)

トリバタケの担当は戦国時代。7人の人物を計20ページの漫画で紹介しております。カラー漫画がんばりました。
RECOMMEND
幕末志士イラスト名鑑
幕末志士イラスト名鑑 (JUGEMレビュー »)

戦国武将イラスト名鑑に続き、幕末志士イラスト名鑑が発売されました。前回に引き続きお子様にも楽しめる幕末志士本。フルカラー250頁超えで1200円(税別)!お値打ち!

著名イラストレーターのみなさんに混じって、僕もミニキャライラストを50点描き下ろしました。2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」を家族で楽しむためのサブテキストとしても是非!
RECOMMEND
戦国武将イラスト名鑑
戦国武将イラスト名鑑 (JUGEMレビュー »)

子供向け(小学校中学年〜〜小学校高学年もしくは中学生くらい)の戦国武将本です。フルカラー250頁超えで1200円(税別)!お値打ち!

様々なイラストレーターが参加しており(楽しい漫画もあり)、僕はこの本で取り上げられている全武将50人のミニキャライラストを担当してます。
これまで戦国武将占い等のコンテンツや書籍に描いてきたイラスト29名分に加え、今回新たに21人の武将絵を描き下ろしました。

170ドット



170ドット

400ドット
サイバーマンデーに備える我が家

なかなかブログの更新ができないせいで、救急車で運ばれたとか老化とか漫画の連載が終わったとか辛気臭い話ばかりが表示されているのもなんなので、いかにもブログっぽいタイトルの記事を書いておくことにします。

 

12/7からamazonのサイバーマンデー、年末大安売り期間がはじまるということで、楽しみにしています。こういうのはだいたい安物買いの銭失いになりそうで避けるタチなんですが、今年の夏のセールで会心の買い物があって

 

それが

です。

 

自動掃除機はセール時で1万2千円弱。ずっと興味はあったものの、必要ないかな〜と思いつつ暮らしていたんですが、値段とレビューのバランスをみて購入。結果、大成功でした。

部屋の隅々までピカピカに、というわけにはいきませんが、毎日の掃除機かけならこれで十分。ソファやベッドの下に入ってくれるのと、「なにかしているあいだに掃除機かけが終わっている」という感覚が最高。もっと早く買えばよかった!と後悔しました。

我が家的にはこの値段のものでも充分でしたが、もう少しランクの高いものを買っても後悔しなかったはず。

 

そしてアマゾンEcho。当時も3000円弱だったのでおもちゃ感覚で買いましたが、リビングと仕事部屋で息子と奪いあいになりました。息子にとっては好きな音楽をかけてくれる友人(家来?)ができた感覚のよう。リビングに置いてあった頃はパスタを茹でるときやカップラーメンを作るときのキッチンタイマーとしても重宝しました。

現在は仕事部屋のスピーカーにつないで、音楽をかけたりラジオをきいたり便利に使っていますが、息子から度々苦情がくるのでリビング用にもう一台を追加購入予定です。

 

今回購入を決めているのはEchoだけですが、他にも家事の時短になるような家電や、最近美術館通いを再開することにしたので単眼鏡が安くなってたりすると嬉しいな〜

ブログっぽい記事、以上です!

| 日記 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。連載終了!

先日発売になったグランドジャンプPREMIUMで、約2年間続いた「三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。」の連載が終了となりました。


隔月誌のグランドジャンプPREMIUMでスタートして、ゆくゆくはグランドジャンプ本誌での連載を目指していました。2本同時掲載の読み切りからはじまり、途中本誌への3号連続出張連載もあったりとスタートは良かったと思うのですが、こういう結果になってしまいました。


とても残念で原作の久部緑郎先生にも申し訳ない気持ちでいっぱいですが、少しホッとしている部分もあったりします。


隔月連載だし、原作付きだし、イラストレーターとしての仕事との両立も、うまく調整すればなんとかいけるかな…と思いましたが、描く速度がなかなか上がらず、他のスケジュールとの調整がうまくいかなかったり、体力的にキツイ時期もあったからです。


「酒場」の担当編集の方にも、イラストを依頼してくださるクライアントの方々にもご迷惑をおかけすることが度々ありました。
妻の手も借りつつお手伝いの方も一人お願いしていましたが、もし隔週連載になったとしたら、漫画の連載は可能だとしても現状のイラストの仕事との両立は無理だったと思います。今となっては笑い話にもなりませんが、「漫画を取るかイラストをとるか選ばなければいけないときがくるのかも…」と悩んだ時期もありました。


ただ、絵描きとしては非常に学ぶことが多かった期間でもありました。イラスト業へのフィードバックもかなりあったと思います。40歳過ぎてこういう機会をいただけて、原作の久部先生、グランドジャンプPREMIUM編集部の方々、応援して下さった読者の皆さんにはとても感謝しています。ありがとうございました。


…といっても連載終了の話があったのは半年くらい前なので、実はすっかり気持ちは切り替わっていて、現在は12月19日発売予定の単行本のための修正作業や表紙制作などの作業で忙しくしております。単行本発売にむけてニコニコ静画でまた連載1〜3回めまでが試し読みできるようになっておりますので、よかったら読んでみてください。もちろん本を買っていただけると非常に助かります!


そしてなにより!もうすぐ暇になってしまうので、新規のイラスト、漫画のご依頼ビシバシお待ちしております!

助けてくれ〜〜〜!!!

| 日記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
基本的に体力がない

上京する時、父に「お前は体が弱いんだから、気をつけろよ」と言われた。

僕は小中高とときどき仮病を使う子どもだったので、そのことを言っているのだと思っていた。申し訳ないけど、あれは仮病だったんだよ。見た目痩せてて病弱そうに見えるけど実はそんなに風邪ひいたりしないし、ジョギングとか好きだし、割と体力あるよ、と思っていた。実際、上京後数年はほぼ風邪もひかず、病院に行ったりすることもなかった。

 

ところがここ数年、父親の言っていることは正しかったなと実感することが多い。10年くらい前から徹夜できなくなったし、息子が幼稚園に行くようになってからは流行の時期にだいたい風邪をうつされるようになった。ここ数年、ちょっと無理すると必ず倒れ、ときどきは入院までしてしまう。

 

親というのは子どもが思っている以上に子供のことをわかっているのかもしれない。人間関係や細かい感情の動きというようなものはさておき、赤ん坊のころから見ていると大づかみにその子のことが解るというか、結局人間としての傾向は生まれてからあまり変わらない気がする。

僕の息子は隣のおばさんにほっぺたをつつかれただけでギャン泣きするような赤ん坊だった。今は少し克服したけど、あいかわらず人見知りの傾向がある。ズリバイの時期が長くなかなか立とうとしなかったし、歩かなかった。今もストライダーで自転車に乗れるバランス感覚はついているはずなのに、漕がない。高いところから飛び降りたりしない。超慎重派。こういうのは本人の自覚である程度は改善できても、根っこは変わらないのだろうなという気がする。

 

僕が父に言われた「体が弱いんだから」もそういうことだったのだ。仮病を使いたくなるということは、自覚できるレベルまでは達してなかっただけでやはりどこか具合が悪かったのだ。根性とか負けん気とかいろいろいい方はあると思うけど、基本的に体力がない。徹夜や長い時間の集中が、自分が思っていたより早くできなくなって、SNSで同世代の人が馬車馬のように働きまくっているのをみると羨ましくてしかたがないことがある。今の技術に20代のころの体力があればなあ…もっと沢山、いろんなことができるのに…と。

 

ジョギングや筋トレでこれ以上の体力低下に歯止めをかけつつ、できることの組み合わせで、効率よく戦っていくしかないんだけど。

この先どうしようかなあ〜というのを、最近よく考えます。

| 日記 | 03:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
400ドット
年始の入院・年賀状紛失

年始の入院については何度かtwitterにも書いたので、「またかよ」と思われるかもしれませんが、こちらは僕の日記と取引先の方への近況報告も兼ねているので書きます。

 

昨年末は30日の昼まで仕事して、そのあと妻の実家に帰省しました。ノートパソコンなど仕事できるセットを一通り持っていったので、その後の修正などもあり結局仕事の締めは31日になってしまいました。

それでもなんとか年内にある程度収まってよかったなー、来年はいい年になるといいなーと思いつつ義父とお酒を飲んで新年をむかえたのですが、2日の午後あたりからどうも体調がしっくりこない。ちょっと寒気がする。風邪でもひくのかなあと思いつつ常備薬を飲んで早めに寝たものの寒気はどんどんひどくなり、やがて吐き気が。

その後熱は上がらないものの30分くらいの間隔で7回ほどおう吐を繰り返したので妻に救急車を呼んでもらい、そのまま入院となりました。

 

意識朦朧としつつ、(救急車に乗るなんて滅多にないから車内の設備よく見とかなきゃ…)と思っている僕。

病名は急性胃腸炎。お医者さんは「かんたんに言えば胃腸の風邪です」と仰っていましたが、苦しさはかなりのもの。吐きどめの点滴も入れてもらったのですが、そのまま翌日の昼まで同じペースで吐いてました。それから熟睡の後4日間の入院と、義理の実家で一日の療養。最初は1週間くらい、と言われたのでこれでも短くなったのです。胃腸炎、よく聞く病名だけど意外と怖い。

 

もちろん年始にやるつもりだった仕事は全く進まず、あろうことか出張の取材も2本欠席してしまいました。その後僕の実家にも帰る予定だったのですがこちらもキャンセル。1月の予定がガタガタになってしまいまいした。

マンガの原稿を年内に上げていたのが不幸中の幸いでしたが、現在も他の取引先にはご迷惑をおかけしている真っ最中で、申し訳ない限りです。

 

そんなことがあって予定より数日遅れて帰宅すると、郵便受けに年賀状が少ない。今年はどうしたのかなーと妻と話し合っていると、いつも入ってる郵便局からの広告年賀状がないことに気づきました。そういえば毎年1日にくれる方からの年賀状もないような。もしや不達?それとも遅配…?

と思い郵便局に電話で問い合わせると、調べてみてくれるとのこと。しばらくして電話がかかってきて、年賀状は確かに届けている、とのことでした(郵便局は年賀状が一通も届かなかった住所を記録しており、そこに記録がないので届けている、という話でした)。

郵便局の方の話によると、我が家の帰宅が遅れたため、郵便受けにチラシが貯まりすぎ、郵便受けのフタがあいてしまい、郵便受けの下にあるゴミ箱に落下してそのまま捨てられてしまったのでは?ということでした。

そんなことある!?

 

ともあれせっかく年賀状を送ってくださったみなさまには申し訳ない限りです。

年始早々アンラッキーが重なってしまいましたが、この先また良いこともあるだろうと前向きに今年1年すごしていきたいと思っております。

本年もよろしくおねがいいたします。

 

そんな可哀想な僕が作画を担当するマンガ、「酒場はじめます」を買ってください。

| 日記 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
書店営業に行ってきました

「三十歳バツイチ無職、酒場はじめます。」発売日の12月19日はグランドジャンプの編集さんと書店営業に行ってきました。

 

 

一軒目は(ほぼ)地元吉祥寺。まずはコピス吉祥寺B館6.7Fにあるジュンク堂書店吉祥寺店さん。

担当してくださった方と偶然家が近く、ご近所トークで盛り上がりました。地元感〜

 

 

二軒目は吉祥寺の民に長く親しまれている書店、BOOKSルーエさん。こちらは「トーキョー自立日記」のときもお世話になったんですよね〜。懐かしかった!

 

 

三軒目は新宿に移動。紀伊國屋書店の別館、コミックス売り場へ。場所柄男性客が多く、グランドジャンプ系では平松伸二先生の「そしてボクは外道マンになる」がとてもよく売れるとか。僕も外道マンファンなので担当の方と外道マントーク!楽しかったです。外道マン最高!

 

 

四軒目はブックファースト新宿店さん。担当さんが電話をすると「いま他の漫画家さんが来られているので10分程待ってほしい」とのこと。歩いて10分くらいかかるところから電話をしていたのでちょうどよかったのですが、その「先にいらっしゃってて、ちょうど入れ違いになった先生」というのがなんと「歯のマンガ」のカトちゃんの花嫁先生!!!

僕(と妻)は、以前から歯のマンガのファンで、初期の展示に行ったりその頃出された冊子も持っているのです。あ〜お会いしてサインお願いしたかった〜。

思わず購入してしまいました。

こちらではサイン本はもちろん、手書きポップも作らせていただきました。

 

 

最後、五軒目はSHIBUYA TSUTAYAさん。こちらも「トーキョー自立日記」の際に非常に良くしていただいて、担当さんに書店営業するなら是非と僕の方からのリクエストで連絡してもらいました。すると担当さんも僕のことを覚えてくださってました。有り難いことだ〜。

 

こちらではなんと20冊もサインさせていただきました。本日最高冊数!


そして上の棚が歯のマンガ!

 

もしやこちらも入れ違い!?と思ったら、来られたのは一週間程前とのことでした。

以上、書店営業の記録でした。もしお立ち寄りの書店でサイン本が残っていたら是非ゲットしてください。

普段部屋に閉じこもっている仕事ということもあり、書店営業は好きです。発売してちょっと日数が経ってしまったけど、サイン本、手書きポップ作らせてくれる書店さんがありましたらご一報下さい!

 

あと、現在ニコニコ静画で1〜3話を試し読みできるようになっているので、よろしければこちらもぜひ!

| 日記 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
世界で一番強い人に会った話

現在発売中の月刊ジュニアエラ(朝日新聞出版)1月号に掲載の「のぞき見探偵が行く!」は、「味の素ナショナルトレーニングセンター」をのぞき見!

ということで、赤羽の「味の素ナショナルトレーニングセンター」を取材させていただき、「JOCエリートアカデミー」に在籍する須崎優衣選手にもいろいろお話を伺いました。

 

 

須崎選手は先のレスリング世界選手権パリ大会女子48キロ級金メダリスト。つまり現時点で世界一の選手です。人生で「世界一」の人に会う機会ってそんなにないよな〜〜〜っと取材前日から非常に興奮しました。

 

実際お会いした須崎優衣選手の印象を一言で言うと「聡明」。取材に同席してくださったJOC職員の方のお話によれば、レスリングは対戦相手の手を読み合う競技。インタビュー慣れしてない僕のぼんやりした質問にも、こちらの意図を汲み取ってハキハキと答えてくれる姿に、須崎選手がこれまで過ごしてきた時間の濃密さを感じました。

もともとスポーツがあまり得意な方ではなく(好きなんですが)、目標に向かってまっすぐに努力する性格でもない僕には、学生時代の運動部の同級生でさえ眩しく感じられたものです。その最高峰の須崎選手はまるで磨き込まれた宝石のようでした。

 

 

ジュニアエラの読者である小中学生に向けての話や試合前の気持ちのコントロールの仕方など、連載に描いた以外にも貴重なお話をしていただいたんですが、スペースの都合でカットせざるをえないところもあり、残念で申し訳ないことでした。せめて今後の自分の糧にしたいと思います。役得。

 

東京オリンピックの須崎選手の階級は50キロ。リオ五輪金メダル登坂絵莉選手と出場権を争う…ということで想像を絶する世界。超ウルトラスーパー微力ながら、三鷹の片隅から応援してます!

 

| 日記 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
ねりお弘晃さん(ウルトラマンオーブ:松戸シン役)に会った

先日、ウルトラマンオーブで松戸シン役を演じられたねりお弘晃さんとお会いして酒を飲むという夢のような一夜がありました。

 

場所はウルトラマン等のシール販売をされているレッドシャークさんのご自宅。参加メンバーはレッドシャークさん、レッドシャークさんの奥様、僕、ねりおさん、芸人の本日は晴天なりさん。(レッドシャークさんと僕の関係に関してはこちらをごらんください)

 

繰り広げられる特撮話の内容がめちゃめちゃ濃くて、この場に僕みたいな一般人がいてもいいんでしょうか…というくらい楽しかったし、参加者全員がそれぞれ違う業種なので仕事の話&業界の話みたいなのも大変興味深かったです。

 

ウルトラマンオーブの出演者のみなさんにはそれぞれ思い入れがあるのだけど、ねりお弘晃さんに関しては前作「ウルトラマンX」映画版の最終上映で次回作「ウルトラマンオーブ」のオープニング映像を初お披露目というサプライズがあって、その際に松戸シンの登場カットでウルトラマンオーブというの作品のトーンが理解できたということがあったのです。

 

以来我が家では熱烈なオーブ&松戸シンブームで…

僕はこんなイラストを描いて

 

挙句の果てにこうなるし

(明智光秀は僕の中で存在が大きくなってるだけで本編にはまだ少ししかでてきません)

 

妻もときどきにじみ出てくるくらいだったオタク性が全開になってしまった…。

 

そんな暑苦しい想いを全て受け止めてくれたねりお弘晃さん、めちゃめちゃ良い方でした〜。ねりおさんとウルトラマンオーブ、一生応援するぞ!!!

| 日記 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
「おしえて北斎」出版記念トークイベントに行ってきました

先日、渋谷の大盛堂書店で行われたいわきりなおとくんのトークイベントに行ってきました。

新著「おしえて北斎」の出版を記念してのものです。

 

ゲストはいわきりくんの元相方、チャーミング井上二郎さん。井上二郎さんの登場からイベントが一気に盛り上がった感じがしました。やっぱりプロは発声というか声の聞き取りやすさからして違う。それに引っ張られるように司会の方の声も少し大きくなって聞き取りやすくなりました。(いわきりなおとくんと井上次郎さんの関係についてはこちらの記事が面白かったです)

 

漫画の内容は、一流絵師になりたいという夢はあるけど努力が嫌いな女子高生が、日本美術界の歴史上の絵師に出会って「夢のかなえ方」を教えてもらうというもの。ギャグ漫画をベースに日本美術が学べて、自己啓発書としても読めるという盛り沢山な内容です。面白い!

 

いわきりくんの漫画を長年見てきているものとしては、ここにきてさらにギャグのキレが増してることに驚きました。もともと面白いギャグ漫画を描く人だけど、カット割りやコマの運びがレベルアップしたことによって、その面白さがさらにクリアに伝わってくる!

僕も原作付きではありますが最近また漫画を描くようになったので、カット割りとコマの運びは日々頭を悩ませているところだったんです。本書で描かれている「日々の努力の積み重ね」が説得力を持って迫ってきました。面白さを伝えるのは技術なんだ〜。僕ももう少し努力しよう。

 

イベント終了後、本にサインを書いてもらうとき、僕のことをいわきりくんが出版社の編集の方に「ライバルです」と紹介してくれて恐縮しました。いつかリップ・サービスじゃなく本気でそう思ってもらえるよう、「おしえて北斎」をさらに読み込んで精進したいと思います。

 

| 日記 | 05:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
息子との二人旅で記憶のフタがパカっと

7月14日から休みをとって、息子と二人で実家の三重県伊勢市に帰省してました。

 

いつのまにやら息子も来年小学1年生。

小学生ともなるとなかなか親の都合で休ませることも難しかろうと、幼稚園のうちに長期休み以外の期間を使って旅行しようと少し前から妻と話をしていたのだけど、僕が忙しさにかまけてなかなか旅行の手配をしなかったり、そもそも仕事を休めるタイミングが読めなかったり等、いろいろあってこういうことになりました。

 

母と三人で地元の花火大会を見に行ったり、僕の小学生の頃の同級生にクワガタ獲りに連れて行ってもらったり、近所の山に登って虫採りしたり、夏を満喫しました。

 

育児で自分の子供時代を追体験、というのはよく言われる話で僕自身この数年で何度も実感したことだけど、今回地元を二人で歩いたことで、普段の帰省より詳細に自分が地元にいた頃のことを思い出しました。

 

中でも今回一番「ああ、そうだった!」と記憶のフタがパカッと開いたのは息子と二人で近所の山に登ったとき。

 

僕は現在こういう仕事してるしアウトドアとは縁遠い方なんだけど、子供の頃は山が好きで、小学生の頃はもちろん、中学生や高校生になってもときどき1人で近所の山に登ったりしていたのです。そんなこと、すっかり忘れていた。

特に目的があるわけじゃなく、誰もいない山の中で軽く迷子になってみたり、1人でじっと木を見たり水の音や虫の声を聞いてるのが好きだった。

 

そんなわけで息子との二人帰省は思った以上に充実して、できれば今後は帰省だけじゃなく旅行もしてみたいなと思いました。

 

そして自分が山好きだったことを思い出したのはオマケ的に嬉しい出来事でした。息子のおかげで今後やってみたいことができた。ありがとう。

 

息子よ、父は…

ひとりキャンプをしてみたい!!

なんの準備からとりかかったらいいかわからないし、車の免許もないし、そもそものきっかけをくれた君を家に置いてけぼりにするけど…

 

| 日記 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
400ドット
ウルトラマンガイアのシールイラストを描いた話

現在中野ブロードウェイ墓場の画廊 で開催中の「ウルトラマン超闘士激伝」、その一角レッドシャーク展コーナーにて僕が描いたウルトラマンガイアのシールが販売されてます。

 

レッドシャークさんは円谷プロ公認のウルトラマン・怪獣シールを販売していて、僕もその名前は以前から存じておりました。とはいえ僕は息子の誕生と共に特撮視聴を再開したゆるいファンなので、インターネットやウルトラマン系イベントの販売コーナーでそのシールや缶バッチセットを好ましく眺めつつも、どこかで「こういうのはコレクターズアイテムだから…」と思ってたのですが、 ある日、妻と息子がウルトラマンディスカバリーズという展示に出かけて行き…

シールと缶バッチのセットを買ってきた!

そしてなんのためらいもなく開封!自分の椅子に貼りやがった!

僕が「コレクターズアイテム」と言ってるのはつまりそういうことであります。心と懐が貧しくてすいません。 こんな怒りにまかせたTweetをレッドシャークさんが拾ってくれて、まさかのメッセージが…

 

というようなきっかけでやり取りが始まって、今回の制作となりました。円谷プロ公認グッズに自分の絵を使ってもらえるなんて、人生の良い記念になります。息子も僕も大好きなウルトラマンのひとり、ガイアを描かせてもらえたのも嬉しかったな。

しかも今回の展示を家族で見に行った際、墓場の画廊ににいらっしゃったレッドシャークさんにご挨拶させていただいたら「息子さんが繋いでくれた縁だから」と息子におみやげまでくださいました。いい人すぎる!今後とも末永いおつきあいをお願いしたい所存です。

ということでウルトラファンの諸兄、近所の円谷系イベントでこのシールを見かけたら何卒よろしくお願いいたします。

-----

・レッドシャークさんのシールはwebショップでも購入できるようです。(個人的にはMoo.念平先生書き下ろしの『あまいぞ!男吾』シールがアツい!!)

・漫画家さんインタビューのサイトも面白いです。「赤鮫が行く」

-----

ウルトラマン超闘士激伝は現在webでも一部読むことができます。絵を観ただけで「うわ〜(コミック)ボンボン系の絵だな〜」ってなるのすごい。

| 日記 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/13PAGES | >>